プロジェクト データを Excel にエクスポートする

プロジェクト データを Excel にエクスポートする

Project には、さまざまなプロジェクト データを関係者に示すための組み込みレポートが数多く用意されていますが、プロジェクト データを Excel にエクスポートして、データを詳しく分析したり、視覚的なレポートを作成することもできます。 Excel では、ピボットテーブル レポートやグラフを作成したり、他の多くの機能を使用したりして、より視覚的なレポートを作成できます。

プロジェクト データを、Excel で適切に配置されるようにマップする必要がありますが、エクスポート ウィザードの指示に従うと、マッピングを完了できます。

  1. [ファイル]、[エクスポート]、[プロジェクトをファイルに保存] の順に選択し、[その他のファイルの種類] で、[Microsoft Excel ブック] をダブルクリックします。

    プロジェクト ファイルを Microsoft Excel ブックとして保存する

    (Project 2010 では、[ファイル]、[名前を付けて保存] の順に選択し、[ファイルの種類] の横で [Excel ブック] を選択します)。

  2. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、ブックの場所を選択します。

  3. [ファイル名] ボックスに、必要な名前を入力し、[保存] を選択します。

    エクスポート ウィザードが表示されます。

    エクスポート ウィザード

  4. [次へ] を選択して開始します。

  5. まだ選んでいない場合は、[データ] ステップで [選択したデータ] を選びます。

  6. [マップ] ステップで、[新しいマップ] を選び、Project フィールドから適切な Excel フィールドにデータをマッピングするための独自のデータ設定を作成します。

    定義済みのマップや以前定義されたマップを使用するには、[既存のマップを使用する] を選択して、使用するマップを選択します。

  7. [マップ オプション] ステップで、エクスポートするデータの種類と目的のオプションを選択します。

  8. [タスク マップ]、[リソース マップ]、または [割り当てマップ] の各ステップで、Project によって作成されたマップ方法がある場合は、それをすべて編集します。また、新しいマッピング フィールドに次のように入力します。

    • [マップ元] 列で、プロジェクト フィールドを入力または選択して、Enter キーを押します。

    • マッピング テーブルの下のボタンで行の挿入または削除を行うか、マッピング用のプロジェクト テーブルを適用します。

    • [移動] を使用してフィールドを並べ替えます。

    • [プレビュー] の下で、エクスポート マップのレイアウトを確認します。

  9. 必要な場合は、[エクスポートするフィルター名] ボックスで特定のエクスポート フィルターを選択します。

  10. [次へ] を選択します。

  11. [マップの定義の最後] ステップで、マップをもう一度使う場合は [マップの保存] を選択し、[マップ名] ボックスに名前を入力します。 新しいマップが、定義済みマップの一覧に追加されます。

  12. [完了] をクリックします。

エクスポートされたプロジェクト データを表示するには、Excel でブックを開きます。

Excel でプロジェクト データを使用する

Excel でブックを開くと、一部のデータが期待したとおりに表示されないことがあります。 心配はいりません。 Excel では、フラッシュ フィルを使用して、データの列をすばやくクリーンアップできます。たとえば、数値を日付に、または文字列を数値に変更できます。

次に、データを分析して、書式を設定し、必要な視覚的レポートを作成できます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×