プロジェクト計画の 3 要素

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

業種や計画作成者の経験、プロジェクトごとの "違い"、組織で使用するプロジェクト管理の手法などにかかわらず、プロジェクトの中心となるのは時間、予算、スコープの 3 つの要素です。プロジェクト計画をスケジュールどおりに進めるには、常にこの 3 つの要素に対処する必要があります。

この記事の内容

プロジェクトの 3 要素について

"確定要素"の識別

スケジュールを遵守するための最適化

予算内に収めるための最適化

スコープ要件を満たすための最適化

プロジェクトの 3 要素と品質の関係

プロジェクトの 3 要素について

時間、予算、プロジェクトの成果などに制限がないのであれば、プロジェクトを管理する必要はありません。しかし、プロジェクトには通常、期限、予算、スコープが設定されています。

プロジェクトの 3 要素と呼ばれるのは、3 つの要素 (時間、予算、スコープ) の組み合わせです。これらの競合する要素は、プロジェクトの 3 つの制約条件とも呼ばれます。プロジェクトの要素を理解することで、スケジュール調整が必要になった場合に、適切な判断を下せるようになります。

プロジェクトの三角形

3 要素のどれか 1 つを調整すると、他の 2 つにも影響が及びます。

たとえば、プロジェクト計画のいずれかの要素を調整すると、他の要素は次のように変化します。

  • 予定されている終了日を優先すると、コストは増加し、スコープは縮小します。

  • プロジェクトを予算内に収めようとすると、スケジュールは延び、スコープは縮小します。

  • スコープを拡大すると、プロジェクトに要する期間は伸び、リソース (作業者など) に対して多くのコストが必要になります。

計画を変更した場合、プロジェクトの環境や内容に応じて、これらの要素はさまざまな影響を受けます。たとえば、スケジュールを短縮することによって、コストが増加する場合もあれば低減する場合もあります。

プロジェクトの 3 要素において、リソースは "コスト" に属すると考えられます。したがって、作業時間や利用可能時間に合わせてリソースを調整すると、それに伴ってプロジェクトのコストが上下します。このようなコストは、リソースに設定された支払い単価に基づいて決定されます。

また、リソースの調整に伴ってスケジュールが変更される場合もあります。たとえば、リソースの割り当て超過がいくつか存在するプロジェクトを調整すると、タスクが分割されたりスケジュールに遅延が生じたりして、プロジェクトの終了日が遅くなる場合があります。

詳細情報:    

"確定要素"の識別

確定要素についての言及がありましたが、そのとおり、ほとんどのプロジェクトでは、要素のうち少なくとも 1 つが "確定要素" となっています。"確定要素" とは、固定されていて変更できない要素です。たとえば、予算が確定要素となっているプロジェクトでは、予定されている以上の資金を割り当てることはできません。また、スケジュールが確定要素となっているプロジェクトでは日程を動かすことはできず、スコープが確定要素となっているプロジェクトでは成果物を変更できません。

重要なのは、プロジェクトの 3 要素の中のどれが "確定要素"、つまり固定されている要素なのかを見極めることです。この見極めにより、問題が発生した場合に、どの要素が変更可能で、どのような調整が必要かわかります。問題を文章化してみると、これらの 3 要素のどれが問題なのかを特定しやすくなります。

変更できない要素を把握しておけば、調整可能な要素も明らかになります。したがって、最適化の際には次の順序で行います。

  • まず、3 要素の中のどの要素が固定されているのかを判断します。一般に、納期限、予算、合意されたスコープなど、プロジェクトの成功を左右する最も重要な要素が確定要素です。

  • 次に、現在の問題がどの要素に関連して発生しているのかを判断します。これにより、プロジェクトを予定どおり進めるにはどの要素の調整が必要かわかります。

問題のある要素と確定要素が同じである場合は、他の 2 つの要素を調整します。たとえば、スケジュールどおりに終了させる必要のあるプロジェクトに遅れが出ている場合は、リソースまたはスコープを調整して遅れを取り戻します。

問題のある要素と確定要素が異なる場合は、残った要素を調整して最適化します。たとえば、スケジュールどおりに終了させる必要があるプロジェクトにおいてスコープを拡大する場合は、リソースを追加するなど、コスト面の調整しかできません。

つまり、3 つの要素 (時間、予算、スコープ) のいずれかを変更することで他の 2 つの要素が影響を受ける可能性がある、ということを把握しておく必要があります。この影響は、プロジェクトの内容によって、プラスにもマイナスにも作用します。

注: プロジェクト計画を調整した後は、影響を受ける可能性のある 2 つの要素を調べて、変更によって計画の一部が実行できなくなっていないかどうかを再度確認してください。たとえば、コストを削減するように計画を調整した場合、終了日が許容できる期限内に収まっていることを確認します。

スケジュールを遵守するための最適化

スケジュールを分析した結果、プロジェクトが期限どおりに完了していないことがわかる場合があります。スケジュールの期間を調整する方法はいくつかあります。どの方法を選択するかは、予算、リソースの利用可能性、スコープ、タスクの柔軟性など、プロジェクト全体の制限によって異なります。

最も効率よくスケジュールを短縮するには、クリティカル パス上のタスクを変更します。クリティカル パスとは、依存関係のある一連のタスクのことで、最後のタスクはプロジェクトの終了日に完了する必要があります。この一連のタスクのいずれかを変更すると、プロジェクトの終了日も変わります。クリティカル パス上にないタスクの場合は、変更しても、スケジュールに影響が生じるとは限りません。スケジュールを短縮するための方法をいくつか次に示します。

  • タスクの期間を短縮する (通常はスコープの縮小またはリソースの増加または効率化を行う)

  • 同時に作業できるようにタスクを重ね合わせる

  • 終了日に完了できるようにタスクを削除する (通常はスコープを縮小する)

  • リソースを追加する

  • 作業時間を減らす (通常はスコープの縮小、またはリソースの効率化を行う)

スケジュールの期間を調整すると、コストが増加したり、リソースが割り当て超過になったり、スコープが拡大または縮小する可能性があります。たとえば、クリティカル パス上のタスクの期間を短縮した場合、そのプロジェクトは変更前に比べて早く終了します。しかし、タスクやプロジェクト全体のスコープは縮小するかもしれません。また、クリティカル パス上のタスクを計画よりも早く終了させるためにそのタスクにリソースを追加した場合、リソースが超過作業時間になることが考えられます。その場合は超過コストが必要になるので、コストが増加します。

スケジュールを最適化する方法の詳細については、「プロジェクト ロード マップ」を参照してください。

予算内に収めるための最適化

作成したプロジェクト計画が予算オーバーになっている場合があります。プロジェクトのコストは、タスクに割り当てられているリソース、つまり、作業者、機材、資材などの単価型のコストや固定コストに大きく影響されます。したがって、コストを削減するには、プロジェクトのスコープを縮小して、リソースを必要とするタスクの数を減らすか、そのタスクの期間を短縮します。

スコープを縮小できない場合は、リソースの単価、料金、超過単価を適切に設定し直したり、適材適所にリソースを割り当てるようにして、コストを削減します。たとえば、コストの高いリソースをコストの低いリソースに置き換えて、コストの高いリソースを、もっと費用効果の高いタスクに使用するようにします。

予算内に収まるように計画を調整すると、終了日が延長されたりスコープが縮小することがあります。たとえば、リソースの割り当てが超過状態になっているタスクから超過作業時間を削除すると、場合によってはスケジュールの終了日が当初の計画より 1 か月遅くなることもあります。また、スコープを短縮して予算内に収まるようにすると、終了日が予定よりも早くなることがあります。

プロジェクト ロード マップ」では、スケジュールを最適化する方法を確認できます。

スコープ要件を満たすための最適化

考慮するスコープには、製品のスコープとプロジェクトのスコープの 2 種類があります。

  • 製品のスコープは、プロジェクトの最終成果物を詳細に記述したものです。製品のスコープの例として、製品の仕様書や設計図があります。通常、プロジェクトの管理者は製品のスコープを管理することはできません。

  • プロジェクトのスコープには、製品のスコープで記述された成果物を生成するために行われるプロジェクト作業がすべて含まれます。通常、プロジェクトのスコープはプロジェクトの管理者がある程度管理できます。たとえば、一部の成果物について、コード レビューを省略することができます。

プロジェクトのスコープは通常、終了日や予算に問題が発生したときに調整します。終了日を早めたりコストを削減する場合はスコープを縮小し、時間や予算に余裕がある場合はスコープを拡大します。

スコープの変更とは、通常はタスクの数や期間を変更することを指します。スコープは、品質と密接に関連しています。スコープを拡大すると、より高品質な成果物を作成できます。スコープを縮小すると、品質基準の許容レベルを下げなければならない場合も出てきます。

スコープの縮小はコストの削減や期間短縮につながり、スコープの拡大はコストの増加や期間延長につながります。たとえば、省略可能と考えられる一連のタスクを削除すると、それに必要なリソース数が減り、結果としてコストが削減されます。また、一連のタスクに時間を追加してスコープを拡大すると、クリティカル パス上のタスクのスケジュールが変更され、終了日が 2 週間遅くなるということもあります。

スケジュールを最適化する方法の詳細については、「プロジェクト ロード マップ」を参照してください。

プロジェクトの 3 要素と品質の関係

品質はプロジェクトの 3 要素の中心に位置します。品質は 3 要素すべてに影響し、いずれかの要素に加えた変更は、品質に影響を与えます。つまり、品質は時間、予算、スコープの 3 要素の 1 つではなく、3 要素に対する調整作業の "結果" なのです。

プロジェクトの三角形と品質

たとえば、スケジュールに時間的な余裕がある場合は、タスクを追加したり期間を延長することによって、スコープを拡大できます。このように時間を延長してスコープを拡大すると、結果として、さらに高品質なプロジェクトや成果物を作成することができます。

また、コストを削減しなければ予算内に収まらない場合は、タスクを削除したりタスク期間を短縮することによって、スコープを縮小します。スコープを縮小すると、一定レベルの品質を達成するのが困難になります。つまり、コストの削減は品質の低下につながります。

プロジェクトの 3 要素を管理する方法の詳細については、次を参照してください。    

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×