プロジェクト管理の比較: project Professional 2010 と project Web App

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Microsoft Project Server 2010では、 Microsoft Project Web App (PWA) には、以前は Project Professional でのみ使用できる新しい機能があります。この表では、 Project Server 2010のProject Web Appの Web ベースのプロジェクト管理機能とProject Professional 2010の同じ機能を比較しています。

Project Web App(2010)

Project Professional 2010

複数のリソースの割り当て:   特定のタスクに複数のリソースを割り当てる。

使用可能

使用可能

進捗状況の変更の更新:   プロジェクト計画の再スケジュールを変更した状態の更新プログラムを受信します。

使用可能

使用可能

キーボードショートカット:   ショートカットキーは、インデント/挿入などの一般的な操作に使用します。

使用可能

使用可能

タスク階層:   階層情報でタスクを表示およびレンダリングします。

使用可能

使用可能

インデント/レベルを上げる:   プロジェクト計画のタスクの完全なインデント/レベルを適用します。

使用可能

使用可能

強調表示を変更する:   変更が強調表示されている変更によって影響を受けるプロジェクトの変更とスケジュールのすべての部分 (後続タスク、サマリーコストなど) を簡単に確認できます。

使用可能

使用可能

複数レベルの元に戻す:   what-if 分析を実行し、ビュー、データ、オプションの変更などの一連の操作を逆にして再適用することによって、変更の影響を完全に把握します。

使用可能

使用可能

切り取り/コピー/貼り付け:   スケジュールの詳細をアプリケーション間でコピー/貼り付けして、スケジュールの開発に関する共同作業を行う。

使用可能

使用可能

柔軟なビュー:   列を移動して特定のビューを定義します。

使用可能

使用可能

忠実度の高いガントチャート:   鮮やかでカラフルなガントチャートを作成します。カスタマイズ可能なガントチャートのスタイル。

使用可能

使用可能

グループ化:   複数のグループ行をプロジェクト計画に適用します。

使用可能

使用可能

並べ替え:   エンドユーザーによるプロジェクト計画データの並べ替え

使用可能

使用可能

フィルター処理:   計画内の任意の値によってプロジェクト計画をフィルター処理できます。

使用可能

使用可能

自動的にスケジュール   されたタスク:Project スケジュールエンジンを使用して、タスク (モード) を自動的にスケジュールすることを指定します。

使用可能

使用可能

手動でスケジュール   されたタスク:手動でスケジュールするタスク (モード) を指定します。

使用可能

使用可能

リンク:   タスクの依存関係を作成、編集、削除する。

使用可能

使用可能

ズームイン/ズームアウト:   ステータスバーのズームコントロールを使用して、プロジェクトのスケジュールのタイムラインの観点をすばやく変更できます。

使用可能

使用可能

[タスク] までスクロールします。   タスクを選択し、ガントチャートでタスクをビューに移動します。

使用可能

使用可能

ユーザー設定フィールドを表示および編集します。   ユーザー設定フィールドを使用して、プロジェクトのメタデータを表示および編集します。

使用可能

使用可能

プロジェクト情報:   プロジェクトレベルのフィールドとプロパティを編集します。

使用可能

使用可能

大規模なプロジェクトを編集します。   編集可能なプランのサイズに制限はありません。

大規模なプロジェクトにはパフォーマンスの制限がありますが、制限は組み込まれていません。

使用可能

使用可能

SharePoint タスクリストからのインポート:   SharePoint プロジェクトのタスクリストからプロジェクト計画にデータをインポートします。

使用可能

使用可能

Project Server 2010 に接続します。   Project Server 2010 に接続します。

使用可能

使用可能

Microsoft Office Fluent ™ユーザーインターフェイス:   リボン、タブインターフェイスを使用して生産性を向上させることで、プロジェクトの機能とコントロールをすばやく見つけることができます。

使用可能

使用可能

リアルタイムの検証:   保存して検証した後ではなく、編集中にセルデータを無効としてマークします。

使用可能

使用可能

エラー処理:   無効なデータを処理し、問題の解決に役立つ使いやすいインターフェイスにデータを表示します。

使用可能

使用可能

下に入力します。   セルの右下隅をドラッグして、次のセルのデータを繰り返します。

使用可能

使用可能

達成率:   タスクの進捗状況を、完了した割り当て済みの作業に対するパーセンテージとしてマークします。

使用可能

使用可能

コストと数量単価型リソースの割り当て:   コストリソースまたは数量単価型リソースをタスクに割り当てます。

PWA を使用して割り当てを行うことはできませんが、 Project Professional 2010からの以前の割り当ては読み取り専用として使用できます。

制限付きまたは読み取り専用

応対可能

非アクティブなタスク:   タスクを非アクティブとしてマークします。

PWA では、 Project Professional 2010で非アクティブとしてマークされたタスクは読み取り専用です。

制限付きまたは読み取り専用

応対可能

マスタープロジェクトを編集します。   マスタープロジェクトを編集します。

PWA では、マスタープロジェクトは読み取り専用です。

制限付きまたは読み取り専用

応対可能

プロジェクト間のリンク:   他のプロジェクトのタスクとの依存関係を作成、編集、削除する。

PWA では、プロジェクト間のリンクを編集することはサポートされていません。Project Professional 2010で作成されたプロジェクト間のリンクは読み取り専用です。

制限付きまたは読み取り専用

応対可能

サマリータスクの割り当て:   サマリータスクでリソース割り当てを作成します。

PWA では、サマリータスクの割り当てを作成することはサポートされていません。Project Professional 2010で作成されたサマリータスクの割り当ては、PWA では読み取り専用です。

制限付きまたは読み取り専用

応対可能

タスクカレンダー:   タスクに関連付けられたユーザー設定の予定表を定義します。

PWA では、タスクの予定表を使用できず、タスクの予定表を含むProject Professional 2010で作成されたプロジェクト計画は読み取り専用として使用できます。

制限付きまたは読み取り専用

応対可能

SharePoint 2010 プロジェクトタスクリスト:   Microsoft SharePoint Server 2010プロジェクトのタスクリストのステータス更新を承諾します。

Project Professional 2010では、プロジェクトタスクリストの進捗状況の更新は、プランが公開された後にSharePoint Server 2010と同期/双方向です。pwa では、project タスクリストの進捗状況の更新は一方向であり、SharePoint プロジェクトのタスクリストから pwa にのみ発生します。

制限付きまたは読み取り専用

応対可能

サブプロジェクトを編集します。   マスタープロジェクト内のサブプロジェクトを編集します。

PWA では、サブプロジェクトをプロジェクトに追加することはできず、マスタープロジェクトは読み取り専用です。サブプロジェクトは、マスタープロジェクトとは別に編集できます。

制限付きまたは読み取り専用

応対可能

タスクの期限:   タスクの期限を作成する。

PWA では、期限は表示されますが、作成することはできません。

制限付きまたは読み取り専用

応対可能

タスクの種類を編集します。   タスクの種類を編集します。

PWA では、タスクの種類は編集可能なフィールドではありません。

制限付きまたは読み取り専用

応対可能

WBS 番号:   カスタムの作業分解構造コードを定義します。

PWA では、カスタムコードの表示はサポートされていますが、コード定義を変更することはできません。

制限付きまたは読み取り専用

応対可能

基準計画を作成する:   現在のプロジェクト計画のスナップショットベースラインを作成します。

Project Professional 2010 で作成した基準は、PWA で読み取り専用として表示できます。

制限付きまたは読み取り専用

応対可能

時間段階的編集:   計画を編集して、日常的に作業を行うことができます。

手動でスケジュールされたタスクの時間段階的データは、PWA で読み取り専用として表示できます。

制限付きまたは読み取り専用

Project Server 2010Service Pack 1 では、PWA で手動でスケジュールされたタスクの時間単位の値を編集できます。

応対可能

作業時間の修正:   タスクの種類を固定作業として定義します。

pwa では、タスクを固定作業として作成することはできません。また、 Project Professional 2010で作成したプロジェクト計画には、固定された作業タスクが含まれているため、pwa では読み取り専用です。

制限付きまたは読み取り専用

Project Server 2010Service Pack 1 では、PWA の固定作業タスクを使用してプロジェクト計画を編集できます。

応対可能

残存作業時間を優先するタスク:   残存作業時間が設定されたタスクを含むプロジェクトを編集します。

PWA では、残存作業時間のフィールドを編集することはできません。ただし、残存作業時間のフィールドがProject Professional 2010で設定されているタスクは、PWA で編集すると正しく計算されます。

制限付きまたは読み取り専用

Project Server 2010Service Pack 1 では、PWA の残存作業時間のタスクを編集できます。

応対可能

タイムライン:   タイムラインビューを作成してカスタマイズし、スケジュールの詳細を視覚化し、関係者とのコミュニケーションを行います。

応対可能

チームプランナー:   対話型リソースビューでリソースをドラッグアンドドロップして、複雑なリソースシナリオを簡素化します。

応対可能

リソースの平準化:   さまざまな自動リソース平準化手法を使用して、リソースの過剰割り当てシナリオを認識して修正します。

応対可能

割り当てフィールドを編集します。   割り当てビューを編集します。

応対可能

タスク階層で貼り付けます。   インデントなど、含まれている階層情報を貼り付けます。

応対可能

ネットワークダイアグラムビュー:   ネットワークダイアグラムビューでタスクを表示、編集、作成、削除する。

応対可能

タスクフォームビュー:   フォームビューでタスクを表示、編集、作成、削除する。

応対可能

[タスク情報] ダイアログボックス:   「ダイアログインターフェイスを使用してタスクの詳細」を参照してください。

応対可能

空白 (null) のタスク:   プロジェクト計画で空白行 (空白、または null、タスク) を作成します。

応対可能

自動計算:   計算または F9 キーを押さずに、現在のタスクだけでなく、プロジェクト全体の計画をスケジュールします。

応対可能

テキストの書式設定:   色とスタイルを使用して、テキストの書式設定を変更します。

応対可能

予定表を編集する:   プロジェクトの予定表を編集します。

応対可能

ローカルのユーザー設定フィールドを定義します。   ユーザーごとにローカルのユーザー設定フィールドを定義します。

注: PWA では、管理者権限を持つユーザーのみがローカルのユーザー設定フィールドを定義できます。

応対可能

タスクの分割:   タスクを分割し、ガントチャートに分割して表示します。

応対可能

バックステージビュー:   新しい Microsoft Office バックステージビューを使用して、プロジェクトツール、テンプレート、プログラムのオプションにすばやくアクセスします。

応対可能

割り当て単位数:   各リソースのパーセンテージ単位を変更します。

応対可能

タスクインスペクタ:   スケジュールの競合を解決するための分析と直感的なガイダンスを取得します。これによって、実行するかどうかを選ぶことができます。

応対可能

オフライン編集:   Project Server 2010に接続されていない場合は、プロジェクト計画を編集します。

応対可能

Project Server 2010 service pack 1 の PWA の機能向上については、microsoft project 2010 のブログの投稿、 microsoft project および project Server 2010 の service pack 1 の発表を参照してください。

Project Server 2010 service pack 1 の適用方法の詳細については、「 Project Server 2010 の service pack 1 を展開する」を参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×