プロジェクト管理の歴史の概要

プロジェクト管理は現代的な学問分野の 1 つと考えられがちですが、その主要な概念の起源は 19 世紀後半にまでさかのぼります。この記事では、現代の管理理論が 1 世紀以上にわたってさまざまな科学的、社会的、およびビジネス的な方法論からどのような影響を受けてきたのかを学ぶことができます。

この記事の内容

概要

黎明期: 19 世紀後半

20 世紀初頭

20 世紀中頃

現在

概要

現在行われているような形でのプロジェクト管理が始められたのは、わずか数十年前のことです。1960 年代初めから、企業や他の組織では、プロジェクトを中心に作業を編成することに利点を見出し始めました。複数の部署や職務、場合によっては複数の業界にまたがって作業を統合しながら、各組織の従業員が互いにコミュニケーションを取り協力し合うことの重要性が理解されるにつれ、このプロジェクトを中心とした組織の捉え方はさらに発展していきました。

現在、プロジェクト管理の基本的な指針は、プロジェクトの三角形として表されています。これは、Harold Kerzner 氏がその代表的著作である『Project Management: A Systems Approach to Planning, Scheduling, and Controlling』を通じて一般に広めたシンボルです。

プロジェクトの三角形

ページの先頭へ

黎明期: 19 世紀後半

プロジェクト管理が基本的な管理原則からどのように発展してきたかを知るために、時代をさらにさかのぼって、ビジネスの世界が複雑さを増し始めた 19 世紀後半から見ていきます。いくつかの大規模な政府プロジェクトを契機として、プロジェクト管理方法論の基本となった重要な決定が行われました。たとえば、米国で最初の本当に大規模な政府プロジェクトは、1860 年代に建設が開始された大陸横断鉄道でした。企業の経営者たちは突然に、何千人もの従業員の肉体労働およびそれまでに例のない大量の原材料の処理や組み立てを統括するという、気が遠くなるような課題に直面することとなりました。

ページの先頭へ

20 世紀初頭

時代が次の世紀へと移るころ、Frederick Taylor 氏 (1856 - 1915) は詳細な研究作業に着手しました。労働をその基本的な各部分に注目して分析および改善できることを示し、労働作業に科学的な理由付けを与えました。彼はその考えを製鋼所での労働、たとえば、砂をシャベルですくい上げることや、部品を持ち上げて移動するなどの作業に適用しました。それ以前には、生産性を向上させる唯一の方法は、作業者に対して、より厳しい労働と長時間の作業を求めることでした。Taylor 氏は、厳しい長時間労働の代わりに、より効率的に作業するという概念を導入しました。フィラデルフィアにある Taylor 氏の墓に刻まれた "科学的管理の父" という銘文は、管理の歴史における彼の位置付けを証明しています。

Taylor 氏の友人である Henry Gantt 氏 (1861 - 1919) は、労働における作業の順序について非常に詳しく研究しました。彼の管理研究は、第一次世界大戦中の海軍での造船作業に焦点を当てていました。彼の考案したガント チャートは、タスク バーやマイルストーンなどの指標と共に、プロセス内のすべてのタスクの順序と長さを視覚化しました。ガント チャート図は管理者にとって非常に優れた分析ツールであることが実証されているため、その後約 100 年間にわたって、ほとんど当時と変わらない形で維持されています。Microsoft Office Project で、タスク間の依存関係をより正確に示すため、初めてこれらのタスク バーにリンク線が追加されたのは、1990 年代初めになってからのことです。

ガント バー間のリンク線

Microsoft Office Project では、ベースラインに対するイナズマ線、差異、特定の時点での進捗状況を示す線など、さらに多くの情報をリンク線に追加してきました。

現在、Henry Gantt 氏の遺産は、ASME (American Society of Mechanical Engineers) が彼の名前を付して贈呈するメダルによって受け継がれています。

Taylor 氏、Gantt 氏、およびその他の人々の努力により、プロジェクト管理は研究や修練を必要とする独自のビジネス機能の 1 つとなりました。第二次世界大戦までの数十年間で、マーケティングの手法、業界の心理学、および人間関係が、プロジェクト管理に不可欠な要素として確立され始めました。

ページの先頭へ

20 世紀中頃

第二次世界大戦中には、複雑な政府プロジェクトや軍事関連プロジェクト、および戦時中の労働力不足により、新しい組織構造が要求されました。PERT 図と呼ばれる複雑なネットワーク図およびクリティカル パス法が導入され、管理者は、大規模な構造を持つ非常に複雑なプロジェクト (膨大な種類のタスクやさまざまな時点での大量のやり取りを含む軍事兵器システムなど) をよりきめ細かく管理できるようになりました。

目まぐるしく変化し競争の激化する世界で成長を維持するために、企業のリーダーたちが新しい管理戦略やツールを求めていた中、これらの手法はすぐにあらゆる種類の業界へと広まっていきました。1960 年代初めには、企業は一般的なシステム理論をビジネス上のやり取りに適用し始めています。Richard Johnson、Fremont Kast、および James Rosenzweig の各氏は、彼らの共著『The Theory and Management of Systems』の中で、現代のビジネスが骨格系、筋肉系、循環系、神経系などを備えた人体組織にたとえられることを説明しています。

ページの先頭へ

現在

ビジネスを人体組織として捉えたこの見方は、ビジネスが生き残り繁栄するためには、そのすべての機能部分が特定の目標、つまりプロジェクトに対して協調して動作する必要があることを暗示しています。1960 年代からの数十年間で、プロジェクト管理に対するこのアプローチは、現代的な形で根を下ろし始めました。この期間に各種のビジネス モデルが発展しましたが、それらはすべて、共通の基本的な構造を共有しています。それは、プロジェクト管理者がプロジェクトを管理し、チームを 1 つにまとめ、異なる部署間での水平的なワークフローの統合と伝達を図るということです。

最近の 10 年間でも、プロジェクト管理は引き続き進化を続けてきました。その中で、次の 2 つの重要な傾向が現れています。

  • ボトムアップ プランニング   この傾向は、より単純なプロジェクト デザイン、より短いプロジェクト サイクル、チームのメンバー間の効率的な共同作業、より強いチーム メンバーの関与および意思決定を重視しています。この傾向は、アジャイル プロジェクト管理として広く知られており、スクラム、クリスタル、エクストリーム プログラミング、統一プロセス、および他の多くの関連方法論が含まれています。

  • トップダウン プランニングおよびレビュー   この傾向は、組織に適したプロジェクトのポートフォリオに関する企業全体での意思決定と、データマイニング テクノロジによってポートフォリオ内の情報をより透明化することに特徴付けられています。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×