プロジェクト内でタスクのレベルを上下する

プロジェクト内でタスクのレベルを上下する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Project Web App では、プロジェクトのスケジュールを単一レベルのタスクの一覧にすることができますが、多くの場合、プロジェクトのタスクには階層が存在します。つまり、一部のタスクはサマリーレベルであり、その他のタスクはこれらのサマリー タスクのサブタスクとなります。サマリー タスクは、プロジェクトのさまざまなフェーズや、高レベルでの作業の部分を表し、一方、サブタスクは、より大きいフェーズまたはタスクの下のより詳細な作業を表します。

プロジェクト内のタスクのレベルを上げ下げするには、次の 2 つの方法があります。

  • レベルを変更するタスクの行をクリックして、[タスク] タブの [編集] グループで [レベル下げ] または [レベル上げ] をクリックします。

  • レベルを上げ下げするタスクの行をクリックします。タスクのレベルを下げるには、Alt キー、Shift キー、→ キーを同時に押します。タスクのレベルを上げるには、Alt キー、Shift キー、← キーを同時に押します。

ヒント: プロジェクトを現在編集用に開いていない場合、サイド リンク バーで [プロジェクト] をクリックして、プロジェクト センターの一覧でプロジェクト名をクリックします。次に、[プロジェクト] タブまたは [タスク] タブで [編集] をクリックします。

自動スケジュールを使用している場合、サマリー タスクの期間、開始日および終了日の決定には、サマリー タスクの下に一覧表示されているサブタスクが考慮されます。サマリー タスクは、そのサブタスクの中の最も早い開始日で開始し、最も遅い終了日で終了します。

プロジェクト レベルのサマリー タスクを表示する    プロジェクトのサマリー タスクを表示するように選択することもできます。このサマリー タスクはプロジェクトのタスクの一覧の先頭行であり、すべてのサマリー タスクとサブタスクがプロジェクト レベルでどのように重ね合わされるかを表しています。プロジェクトのサマリー タスクを表示するには、[オプション] タブの [表示/非表示] グループにある [プロジェクトのサマリー タスク] チェック ボックスをオンにします。

使用例

会議におけるブースの出展を計画するとします。準備フェーズでは、ブースで使う備品や配布する資料を取りまとめ、会場に輸送して、ブースを設置します。次のイベント フェーズでは、スタッフが交代でブースを運営し、他のスタッフが会場を回って資料を配布します。最後のフォローアップ フェーズでは、ブースに立ち寄った人にお礼の電子メールを送り、会議の終了後に回答を約束した質問について回答します。

この例では、次のようにサマリー タスクとサブタスクの一覧をアウトライン表示できます。

  • フェーズ 1: 会議の準備

    • ブースの備品、パンフレット、フライヤーなどを発注して受け取る

    • ブースの資材を会場に輸送する

    • 会場でブースを設置する

  • フェーズ 2: 会議

    • ブース シフト

      • ブース シフト 1

      • ブース シフト 2

      • ブース シフト 3

    • フロア シフト

      • フロア シフト 1

      • フロア シフト 2

      • フロア シフト 3

  • フェーズ 3: フォローアップ

    • お礼の電子メールを送る

    • 個別の質問をフォローアップする

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×