プロジェクトを保存する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Project での以前のバージョンで使われる形式など、いくつかの別のファイル形式と Microsoft Office Excel で使用されている形式でプロジェクトを保存することができます。プロジェクト計画は、組織内の他のプロジェクトのニーズを満たしている可能性がある場合、をテンプレートとして保存できます。

Microsoft Office Project Server に保存されているプロジェクトに対し、他のユーザーにデータを追加してもらう必要がある場合は、他のユーザーと共有するようにプロジェクトを保存できます。これにより、プロジェクト計画を発行する準備が整う前に、そのプロジェクトを他のユーザーに提供することができます。

注: Project 2007の試用版を使用してファイルを保存することはできません。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

プロジェクトを保存します。

他のユーザーと共有するプロジェクトを保存します。

自分のプロジェクトをテンプレートとして保存します。

Project Server にプロジェクトのローカル ファイルを保存します。

プロジェクトを保存する

プロジェクトの保存は、プロジェクトのチェックインやプロジェクトの発行とは同じではありません。プロジェクトを Project Server に保存すると、そのプロジェクトはチェックアウト中としてマークされ、他のユーザーが使用することはできなくなります。プロジェクトを Project Server にチェックインするには、プロジェクトを閉じます。チーム メンバーがプロジェクトを使用できるようにするには、プロジェクトを発行します。

  1. [保存 ボタンの画像 ] をクリックします。

  2. このプロジェクトを初めて保存する場合は、[Project Server に保存] ダイアログ ボックスの [名前] ボックスにプロジェクト名を入力します。

    既存のプロジェクトに変更を保存するだけであれば、これで手順は完了です。

  3. プロジェクトのエンタープライズ ユーザー設定フィールドを設定するには、目的のユーザー設定フィールドに対する [] フィールドをクリックし、値を選択します。フィールド名の後にアスタリスク (*) が付いているフィールドは必須のユーザー設定フィールドであり、データを入力する必要があります。

  4. [保存] をクリックします。

  5. プロジェクトを Project Server にチェックインするには、[ファイル] メニューの [閉じる] をクリックするか、プロジェクト ウィンドウを閉じます。

最後に行った変更を保存せずにプロジェクト ウィンドウを閉じるか Project を終了すると、[閉じる] ダイアログ ボックスが表示されます。[変更の保存] セクションで、プロジェクトに加えた変更を保存するには [保存] をクリックし、変更を保存せずにプロジェクトを閉じるには [変更を破棄する] をクリックします。[チェックイン] セクションで、プロジェクトを再び Project Server にチェックインするには [チェックインする] をクリックし、プロジェクトをチェックアウトしたままにして他のユーザーによる変更を防ぐには [プロジェクトをチェックアウトしたままにする] をクリックします。

ヒント: Portable Document Format (PDF) ファイル形式にプロジェクトを保存することもできます。説明を PDF ファイルを保存する方法。

注記: 

  • Project Web Access のユーザーに変更内容が表示されるようにするには、プロジェクトを発行する必要があります。発行の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

  • プロジェクトを Project Server に保存しない場合は、[Project Server に保存] ダイアログ ボックスで [ファイルとして保存] をクリックします。[ファイルに保存] ダイアログ ボックスで、エンタープライズ グローバル テンプレートのアイテムのうち、ユーザー設定フィールド以外のすべてのアイテムを保存するには [エンタープライズ ユーザー設定フィールド以外のグローバル アイテム] をクリックし、このプロジェクトで使用されているアイテムだけを保存するには [現在読み込んでいるグローバル アイテム] をクリックします。ファイルを保存する場所を選択し、[保存] をクリックします。プロジェクトは、Microsoft Project 2000 - 2002 や Microsoft Office Project 2003 で使用されるファイル形式で保存できます。また、プロジェクトは、Microsoft Office Excel ブックやピボットテーブル ファイル、テキスト ファイル (タブ区切り)、CSV ファイル (コンマ区切り)、XML ファイルとして保存することもできます。

  • 組織によって必須のエンタープライズ ユーザー設定フィールドが設定されている場合は、それらの値を選択するためのダイアログ ボックスが表示されます。ユーザー設定フィールドに対する適切な値がわからない場合は、サーバー管理者に問い合わせてください。

  • プロジェクト情報] ダイアログ ボックスで、[エンタープライズ ユーザー設定フィールドのみを選択します。

  • プロジェクトを保存して、プロジェクトがチェックインされているか、Project Server にオンになっているかどうかを確認します。開いている ボタンの画像 ] をクリックし、[開く] ダイアログ ボックスで状態を確認します。プロジェクト ファイルを保存した直後にこれを確認する場合は、サーバー キューでこの操作があります。、数分待ってからし、[開く] ダイアログ ボックスを更新する F5 キーを押します。

ページの先頭へ

プロジェクトを他のユーザーとの共有用に保存する

プロジェクトのデータに関連する重要な入力情報が他のユーザーの手元にある場合は、そのユーザーにプロジェクトを送信して、プロジェクト計画に直接変更を加えてもらうのが簡単な方法です。この方法は、そのユーザーが Project Server へのアクセス権を持っていない場合に特に便利です。

重要: プロジェクトを共有する相手のコンピュータには、Microsoft Office Project Professional 2007 または Microsoft Office Project Standard 2007 がインストールされている必要があります。

  1. [ファイル] メニューの [共有用に保存] をクリックします。

  2. [保存先] ボックスで、プロジェクトを保存するドライブとフォルダを選択します。

  3. [ファイル名] ボックスに、共有プロジェクトの名前を入力します。

    ヒント: プロジェクトには、これが共有プロジェクトであることがわかるような名前を付けることをお勧めします。たとえば、"顧客会議の計画" というプロジェクトの共有バージョンには、"顧客会議の計画 - 共有" という名前を付けることができます。

ファイルを共有用に保存したら、保存したファイルを他のユーザーに送信して、プロジェクト計画を直接変更してもらうことができます。プロジェクトの共有中は、そのファイルを Project Server から編集用に開くことはできません。変更できるのは共有ファイルだけです。

共有ファイルに対する変更がすべて完了したら、次の手順として、変更を再び Project Server に保存します。

共有ファイルの変更を Project Server 上のファイルに保存するには、ファイルを最初に共有用に保存したコンピュータで共有ファイルを開き、Project Server に接続します。[ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックし、[保存] をクリックします。サーバーに保存されているバージョンのファイルが更新され、プロジェクトは読み取り専用形式でなくても利用できるようになります。

注: 

  • 共有ファイルを再び Project Server に保存できるのは、最初に共有用に保存したコンピュータからだけです。

  • チーム メンバーからのタスクの更新など、保留中の処理がプロジェクトに存在する場合、プロジェクトを共有用に正しく保存できるようにするためには、保留中の処理が終了するまで待つ必要があります。

  • 共有プロジェクトを Project Server に保存した後でさらに変更を加えるには、そのプロジェクトをもう一度共有用に保存する必要があります。共有ファイルの Project Server への保存は、1 回しか実行できません。

  • 共有ファイルが失われた場合、またはなんらかの理由で利用できなくなった場合は、サーバー管理者によってプロジェクトを強制的に Project Server にチェックインできます。

ページの先頭へ

プロジェクトをテンプレートとして保存する

新しいプロジェクトのベースとして、既存のプロジェクトを再利用するには、テンプレートとして保存することができます。プロジェクトをテンプレートとして保存]、[基準計画データ、実績作業時間、リソースの支払い単価、 固定費については、およびタスクの状態の発行を削除するオプションが与えられます。

  1. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  2. テンプレートとして保存するプロジェクトが Project Server に保存されている場合は、[Project Server に保存] ダイアログ ボックスで [ファイルとして保存] をクリックします。

  3. エンタープライズ グローバル テンプレートのアイテムのうち、このプロジェクトで使用されているアイテムだけを保存するには、[ファイルに保存] ダイアログ ボックスで [現在読み込んでいるグローバル アイテム] をクリックします。

  4. [保存先] ボックスで、テンプレートを保存するドライブとフォルダを選択します。

  5. [ファイル名] ボックスに、テンプレートの名前を入力します。

  6. [ファイルの種類] ボックスの一覧の [テンプレート (*.mpt)] をクリックします。

  7. [保存] をクリックします。

  8. プロジェクト ファイルから削除するデータのチェック ボックスをオンにします。

  9. [保存] をクリックします。

注: Project には、独自のプロジェクトで使用したりカスタマイズしたりできる、いくつかの定義済みのプロジェクト テンプレートが用意されています。

ページの先頭へ

ローカル プロジェクト ファイルを Project Server に保存する

ローカルに保存されているプロジェクトがある場合、そのプロジェクトを Project Server に保存すると、組織内の他のユーザーがアクセスできるようになります。

  1. Project を起動し、Project Server に接続します。

  2. ローカルに保存されているプロジェクトを開きます。

  3. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  4. [Project Server に保存] ダイアログ ボックスで、[名前] ボックスにプロジェクトの名前を入力します。

  5. プロジェクトにエンタープライズ ユーザー設定フィールドを含めるには、ユーザー設定フィールドの [] フィールドを選択し、値を設定します。

  6. [保存] をクリックします。

  7. プロジェクトを Project Server にチェックインするには、[ファイル] メニューの [閉じる] をクリックするか、プロジェクト ウィンドウを閉じます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×