プロジェクトの [カレンダー] ビューのタスク バーを変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[カレンダー] ビューは、オフィスの壁にかかっているカレンダーと似て非なるものです。[カレンダー] ビューに表示されるタスクを並べ替えて、特定のタスクを強調表示したり、整理したりできます。

注: ここでは、[カレンダー] ビューのタスク バーを変更する方法を説明します。プロジェクト作業のスケジュールの作成に使用するリソースの変更やタスク カレンダーの変更方法については説明しません。

この記事の内容

変更の種類、パターン、または予定表ビューにすべての棒の色

予定表ビューで特定のタスク バーを表示します。

予定表ビューでのタスク バーを整列します。

[カレンダー] ビューのすべてのバーの種類、パターン、色を変更する

特定の種類のすべてのタスクを目立つように、予定表ビュー内のタスクの種類を表すをバーの書式設定を変更できます。タスク バーにタスク名、リソースの名前、達成率、期間などの特定のプロジェクト情報を追加することもできます。

  1. [表示] メニューの [カレンダー] をクリックします。

  2. [書式] メニューの [バーのスタイル] をクリックします。

  3. [タスクの種類] ボックスの一覧から、書式を変更するタスクの種類を選択します。

  4. [バー] の各ボックスの一覧から、タスク バーの種類、パターン、色、および分割パターンを選択します。

    • バーの背景に影を付けるには、[影付き] チェック ボックスをオンにします。

    • 時間単位のタスク期間を日単位の長さに切り上げて表示するには、[バーを日単位で表示する] チェック ボックスをオンにします。

  5. [フィールド名] ボックスで、バーの中に表示するフィールドを入力または選択します。

    1 つのタスク バーに複数のフィールドを表示するには、フィールド名の後にコンマ (,) を入力して別のフィールド名を入力または選択します。

  6. [配置] ボックスの一覧から、文字列の位置を選択します。

  7. 文字列を折り返して複数の行に表示するには、[バーの長さで折り返して全体を表示する] チェック ボックスをオンにします。

ヒント: [サンプル] ボックスでは、バーの種類、パターン、色、影などを変更した結果を確認できます。

ページの先頭へ

[カレンダー] ビューに特定のタスク バーを表示する

[カレンダー] ビューで 1 つの日付ボックスに表示または印刷できるタスク バーの数は、行の高さによって制限されています。必要なタスクのタスク バーが確実に見えるようにする 1 つの方法は、特定のタスクをフィルタすることです。

  1. [表示] メニューの [カレンダー] をクリックします。

  2. [プロジェクト] メニューの [フィルタ] をポイントします。

  3. 適用するフィルタをクリックします。

    [カレンダー] ビューに特定のリソースの作業を表示するには、[リソースを使用しているタスク] をクリックし、[リソース名を指定してください] ボックスで [カレンダー] ビューにタスクを表示するリソースをクリックします。

また、特定のタスク カテゴリを除外して表示することにより、表示するタスクの種類の優先順位を設定することもできます。

  1. [表示] メニューの [カレンダー] をクリックします。

  2. [書式] メニューの [バーのスタイル] をクリックします。

  3. [タスクの種類] ボックスの一覧で、表示しないタスクの種類をクリックしてから、[種類] ボックスの一覧の [なし] をクリックします。

    タスク バーを表示しないタスクの種類に対して、この手順を繰り返します。

    注記: 

    • 個々 のタスク バーが非表示にするには、タスク バーを非表示にするを選択し、タスク情報 ボタンの画像 をクリックすると、 [全般] タブをクリックするとし、[タスク バーを非表示にする] チェック ボックスを選択します。

    • プロジェクトの全体を見るためにカレンダーの行 (週) の高さを低くして行数を増やしたり、プロジェクトの一部を詳しく見るために行 (週) の高さを高くして行数を減らしたりすることができます。行の高さを変更するには、行と行の間にある境界線を上下にドラッグします。最も多くのタスクが予定されている日に合わせて行の高さを調整するには、行と行の間にある境界線をダブルクリックします。

ページの先頭へ

[カレンダー] ビューのタスク バーを整列する

[カレンダー] ビューの各週の行に表示するタスクの縦の並び順を変更することができます。

  1. [表示] メニューの [カレンダー] をクリックします。

  2. [書式] メニューの [レイアウト] をクリックします。

  3. タスクを現在の並べ替え順序で整列するには、[レイアウトの方法] の [現在の並べ替え順序を適用する] をクリックします。

    1 行にできるだけ多くのタスク バーを重ねずに表示するには、[レイアウトの方法] の [できるだけ多くのタスクを表示する] をクリックします。

  4. タスク バーのタスクを分割して表示するには、[分割バーを表示する] チェック ボックスをオンにします。

  5. タスクを追加したり削除したりするたびにレイアウトが自動調整されるようにするには、[自動レイアウト] チェック ボックスをオンにします。

    [自動レイアウト] チェック ボックスがオフになっているときにタスク バーを並べ替えるには、[書式] メニューの [レイアウトの更新] をクリックする必要があります。

注: タスクを並べ替えて、各週のタスクの順番を指定できます。[プロジェクト] メニューの [並べ替え] をポイントし、並べ替えに使用するコマンドをクリックするか、[その他の並べ替え] をクリックし、[並べ替え] ダイアログ ボックスに表示されるオプションから選択します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×