プロジェクトの終了日を決定する要素 (クリティカル パス) を表示する

特定の日にプロジェクトが開始または終了される理由を確認するには、クリティカル パスを表示します。クリティカル パスは、プロジェクトの開始日または終了日を計算する際の決定要素になる一連のタスク (場合により単一のタスク) です。

目的に合ったトピックをクリックしてください

クリティカル パス分析の詳細

クリティカル パスを強調表示する

クリティカル パスのみを表示する

複数のプロジェクトの単一のクリティカル パスを表示する

複数のクリティカル パスを計算する

クリティカル パス分析の詳細

プロジェクトの基準計画を保存してある場合、クリティカル パスを使用すると、プロジェクトが予定どおりに終了するかどうか、および注意が必要な部分はどこかを表示できます。次の目的に対して、クリティカル パス分析を最大限に活用できます。

  • クリティカル パスを定期的に表示する    クリティカル パスは、スケジュールの進行に伴って、一連のタスクが別のタスクに変更される可能性があることに注意が必要です。クリティカル パスは、クリティカル タスクが完了したときや、他の一連のタスクに遅延が発生したときに変更される場合があります。

  • クリティカル パスを厳密に監視する    クリティカル パスのタスクはすべてがクリティカル タスクです。これらのタスクを定期的に監視して、遅延が発生しているタスクがあるかどうかを調べます。クリティカル タスクに遅延が発生すると、プロジェクトの終了日も遅れます。基準計画を保存し、[ガント チャート (進捗管理)] ビューを使用して遅れているタスクを調べます。

  • クリティカル パスになる可能性のある一連のタスクを確認する    クリティカル以外のリンクした一連のタスクに大幅な遅延が発生すると、その一連のタスクがクリティカル パスになります。プロジェクト内の複数のクリティカル パスを表示することにより、大幅な遅延が発生する可能性のある他のタスクを表示できます。

  • 遅れる可能性のあるタスクを表示してクリティカル パスになるのを防止する    既定では、少しの遅延も許容されないタスクまたはプロジェクト日付が遅れるタスクがクリティカル パスに表示されます。タスクの遅延が 1 日を超えるとそのタスクはクリティカル タスクになるため、現在クリティカル パスに影響を与えていない、遅延が 1 日以内のタスクを表示します。余裕期間のあるこれらのタスクを表示することにより、まだある程度のバッファーがある間に、クリティカルになる可能性のあるタスクを検出できます。

    ヒント: クリティカル タスクの遅延日数の基準を変更するには、[ツール] メニューの [オプション] をクリックします。次に、[計算方法] タブの [余裕期間が指定日数以下のタスクをクリティカル タスクとする] ボックスで、タスクをクリティカル タスクと判断する遅延日数を指定します。

ページの先頭へ

クリティカル パスを強調表示する

クリティカル パスは [ガント チャート (詳細)] ビューに表示できます。

  1. [表示] メニューの [その他のビュー] をクリックします。

  2. [ガント チャート (詳細)] をクリックし、[適用] をクリックします。

ガント チャート ウィザードを使用してクリティカル パスを表示することもできます。

  1. [表示] メニューの [ガント チャート] をクリックします。

  2. Button image (ガント チャート ウィザード) をクリックします。

  3. ガント チャート ウィザードの指示に従って、クリティカル パスに書式を設定します。

既定では、クリティカル タスクのガント バーとリンク線の色は赤に設定されています。

注: ガント チャート ウィザードで書式を変更すると、バーのスタイルや個々のバーに直接設定した書式は失われます。このクリティカル タスクの書式は、現在のプロジェクトの現在の [ガント チャート] ビューにのみ適用されます。この書式を保存するには、[ツール] メニューの 構成内容変更 を使用して、書式設定されたガント チャートを別のファイルにコピーします。

ページの先頭へ

クリティカル パスのみを表示する

  1. [表示] メニューの [ガント チャート] をクリックします。

  2. [フィルタ名] ボックスの一覧の [クリティカル タスク] をクリックします。

もう一度すべてのタスクを表示するには、[フィルタ] ボックスの一覧の [すべてのタスク] をクリックします。

ヒント: クリティカル パスのタスクの一覧をすばやく表示するには、現在のビューで、[プロジェクト] メニューの [グループ化] をポイントし、[クリティカル タスク] をクリックします。見出し [クリティカル タスク] の下に、クリティカル パスのタスクが一覧で表示されます。

ページの先頭へ

複数のプロジェクトの単一のクリティカル パスを表示する

マスター プロジェクトに複数のプロジェクトを挿入した場合、マスタ プロジェクトのクリティカル パスの構成要素となっている挿入プロジェクトを表示できます。このプロジェクトを表示するには、サマリー タスクを計算する場合と同じ方法で挿入プロジェクトを計算するように、マスタ プロジェクトを構成する必要があります。

重要     この手順はマスタ プロジェクトの場合にのみ有効です。

マスタ プロジェクトがない場合

  1. マスタ プロジェクトにするプロジェクトを開くか、または新しい空のプロジェクトを開きます。

  2. [表示] メニューの [ガント チャート] をクリックします。

  3. [タスク名] フィールドで、サブプロジェクトを挿入する位置の下の行をクリックします。

    注: プロジェクトは、マスタ プロジェクトのどのアウトライン レベルにでも挿入できます。

  4. [挿入] メニューの [プロジェクト] をクリックします。

  5. 挿入するプロジェクトを見つけてクリックします。

  6. 元のプロジェクトの変更をサブプロジェクトに反映させたくない場合、またはサブプロジェクトの変更を元のプロジェクトに表示したくない場合は、[プロジェクトにリンク] チェック ボックスをオフにします。

  7. [挿入] をクリックします。

マスタ プロジェクトで次の操作を行います。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[計算方法] タブをクリックします。

  2. [挿入したプロジェクトをサマリー タスクと同様に計算する] チェック ボックスをオンにします。

    注: これは、プロジェクト レベルの設定です。

ページの先頭へ

複数のクリティカル パスを計算する

クリティカル パスの計算や表示を、プロジェクト内の独立した一連のタスクごとに行うように設定できます。既定では、後続タスクのないタスクまたは制約のないタスクの最遅終了日がプロジェクトの終了日として設定されます。複数のクリティカル パスを計算するように設定した場合、Project によってこれらのタスクの最遅終了日がクリティカル パス全体の最早終了日に設定され、そのタスクがクリティカル タスクになります。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[計算方法] タブをクリックします。

  2. [複数のクリティカル パスを計算する] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×