プロジェクトの稼働時間、休暇、および祝日を設定する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

プロジェクトを作成するときは、既定の基本カレンダーを使用して作業がスケジュールされます。一般的な月曜日から金曜日の午前 8 から午後 5 時までのこともあれば、組織の作業により適した他のスケジュールのこともあります。

プロジェクトに既定の稼働時間以外の稼働時間がある場合は、次のようにできます。

プロジェクトの稼働時間を調整する

プロジェクトの通常の稼働時間が使用可能な基本カレンダーに対応しない場合は、作業を適切にスケジュールできるように、プロジェクトの稼働日と時刻を変更できます。

ヒント: 他のプロジェクトが似たスケジュールを使用している場合。新しい基本カレンダーとしてプロジェクトのスケジュールを作成します。

  1. [プロジェクト]、[プロパティ]、[稼働時間の変更] の順にクリックします。

    稼働時間を変更する

    注: Project 2007 を使用している場合。[ツール]、[稼働時間の変更] の順にクリックします。

  2. [対象カレンダー] ボックスの一覧で [(プロジェクト カレンダー)] に指定されているカレンダーを選び、[稼働日] タブをクリックして、[詳細] をクリックします。

    [稼働日] タブ

    注: [例外] タブを使用して、スケジュールに休日を追加します。

  3. 稼働時間を変更する曜日を選択して、その時間を稼働にするか非稼働にするかを決定します。

    曜日と稼働または非稼働を選択する

  4. [選択した曜日に指定の稼働時間を設定する] を選択した場合は、[開始] と [終了] 列で選択した曜日に稼働時間を設定します。

    稼働時間を設定する

  5. [OK] をクリックして [稼働時間の変更] ダイアログ ボックスに戻り、[OK] をもう一度クリックします。

ヒント: プロジェクトの途中で稼働日や時間を変更する場合。[詳細] をクリックする前に、[稼働日] タブで各期間に名前を付け、[開始] 日と [終了] 日を追加します。最初の期間を選んで [詳細] を設定し、次の期間に対してプロセスを繰り返します。

2 行目の特定の期間

プロジェクトのスケジューリングに異なる基本カレンダーを使う

プロジェクトのスケジュールに対応する別の基本カレンダーが既に存在する場合、[プロジェクト情報] ダイアログ ボックスで簡単に変更できます。Project には既定でいくつかの異なる基本カレンダーが含まれており、管理者が他の一般的なスケジュールをキャプチャするために追加した基本カレンダーが他にもある場合があります。

  1. [プロジェクト]、[プロパティ]、[プロジェクト情報] の順にクリックします。

    プロジェクト情報

    注: Project 2007 を使用している場合。[プロジェクト]、[プロジェクト情報] の順にクリックします。

  2. [カレンダー] ボックスの一覧で作業のスケジュールに使うカレンダーを選び、[OK] をクリックします。

    [プロジェクト情報] ダイアログ ボックスの予定表リスト

    タスクとリソースは、このプロジェクト カレンダーに加えて、独自のカレンダーを使用できます。詳細情報

この他にカレンダーでできることは何ですか?

Project 使用すると、複数のカレンダーを使用してスケジュールを調整できます。それぞれがどのように連携しているかを理解していると、プロジェクトの日付がどのように影響を受けるかを予測しやすくなります組織内で稼働日と非稼働日をより正確に計画するために役に立つ記事をいくつか紹介します。

プロジェクト
新しい基本カレンダーを作成する
プロジェクト カレンダーに休日を追加する

タスクタスクの予定表を作成する

リソース
特定のリソースに独自のスケジュールを設定する
プロジェクトの稼働時間、休暇、および祝日を設定する
予定表を使わずにリソースの利用可能時間を変更する

必要でなくなったカレンダーは、削除してください

Project Professional で予定表を操作しているときに、組織内の作業時間と非稼働日を正確に考慮して行うことができるさまざまな点があります。次のセクションでは、それぞれの種類の変更の例を示し、各変更を行うために必要な手順について説明します。

注: この記事の手順では、予定表を既に作成または編集していることを前提としています。予定表を作成する方法の詳細については、「新しいエンタープライズ予定表を作成する」または「既存の予定表をコピーする」を参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

作業日を非稼働日に変更する

非稼働日を稼働日に変更する

稼働日の稼働時間を変更する

稼働日の曜日ごとに作業時間を変更する

作業日を非稼働日に変更する

作業日を非稼働日に変更する必要がある場合があります。たとえば、組織が特定の日を祝日として観察している場合は、その休日を非稼働日にすることができます。Project Server では、非稼働日の作業はスケジュールされません。

作業日を非稼働日に変更するには、次の操作を行います。

  1. 非稼働日に変換する予定表の日付をクリックします。

  2. [例外] タブで、[名前] 列に非稼働日の名前を入力します。[開始日] と [終了] 列には、手順1でクリックした日付が自動的に入力されます。

注: 特定の日を含む複数の例外を作成することはできますが、その日には最下位レベルの例外のみが適用されます。たとえば、1か月の標準の稼働時間を変更する例外と、その月の特定の日を非稼働日として呼び出す別の例外がある場合があります。1日の例外は、月の長い例外よりも低いレベルにあるため、その日に1回の非稼働日の例外が適用されます。同日に複数の1日の例外を作成することはできません。

非稼働日を稼働日に変更する

組織が、非稼働日になるものを使用する必要がある場合があります。たとえば、組織が毎年、週末に発生する大会に参加しているとします。プロジェクトサーバーがその日に作業をスケジュールすることを知っているように、大会の週末を稼働日に変換することができます。

非稼働日を稼働日に変更するには、次の操作を行います。

  1. 非稼働日に変更する予定表の日付をクリックします。

  2. [例外] タブで、[名前] 列に稼働日の名前を入力し、enter キーを押します。

注: 特定の日を含む複数の例外を作成することはできますが、その日に適用されるのは最下位レベルの例外だけです。たとえば、1か月の標準の稼働時間を変更する例外と、その月の特定の日を非稼働日として呼び出す別の例外がある場合があります。1日の例外は、月の長い例外よりも低いレベルにあるため、その日に1回の非稼働日の例外が適用されます。同日に複数の1日の例外を作成することはできません。

  1. 稼働日に追加した行をクリックし、[詳細] をクリックします。

  2. [次の例外の稼働時間を設定する] セクションで [稼働時間] をクリックし、[差出人] 列と [宛先] の時間を調整して、その日の稼働時間を設定します。

  3. 組織が定期的にこれらの稼働時間を監視している場合 (たとえば、月または年に1回)、[定期的なパターン] の下で、これらの時刻を毎日毎週毎月、または毎年繰り返すかどうかを選択します。次のオプションを設定します。

    • 毎日    これらの稼働時間の頻度を設定します。たとえば、10日ごとです。

      ヒント: 稼働日の例外が非常に頻繁に発生していることがわかった場合は、project Professional の [ project のオプション] ダイアログボックスの [スケジュール] の下にある既定の予定表オプションを変更する方が簡単な場合があります。すべての予定表は、既定の日付と時刻で始まります。頻繁に繰り返す例外を設定するよりも、既定の予定表オプションを変更する方が簡単な場合があります。

    • 週間    稼働時間を定期的に繰り返す頻度を指定します。また、どの曜日に定期的に繰り返すかを選択します。たとえば、土曜日の2週間おきに行うことができます。

    • 毎月    月の日付と、稼働時間を繰り返す頻度を指定します。たとえば、3か月ごとの15日、または6か月ごとの第3土曜日です。

    • 年次    稼働時間を繰り返す日付を選択します。たとえば、8月21日、または7月3日の土曜日です。

  4. [繰り返しの範囲] セクションで、必要に応じて繰り返しを実行する期間を指定します。

    • 開始    定期的なパターンを開始する日付を選びます。

    • 終了後    繰り返しを設定した回数だけ実行する場合は、[終了日] を選択し、稼働時間が発生したときにインスタンスの数を入力します。

    • [終了   日] 特定の期間にのみ繰り返しを実行する場合は、[終了日] を選択し、定期的なアイテムを停止するタイミングを選択します。

  5. [OK] をクリックします。

稼働日の稼働時間を変更する

予定表の特定の日は、稼働日と非稼働日として正確に考慮されることがありますが、通常の8時間勤務日とは異なる時間スケジュールを使用する営業日がある場合があります。特定の稼働日の稼働時間を調整して、その日に作業が正確にスケジュールされるようにすることができます。

稼働日の稼働時間を変更するには、次の操作を行います。

  1. 調整する稼働日の予定表の日付をクリックします。

  2. [例外] タブで、[名前] 列に変更された稼働日の名前を入力し、enter キーを押します。

注: 特定の日を含む複数の例外を作成することはできますが、その日に適用されるのは最下位レベルの例外だけです。たとえば、1か月の標準の稼働時間を変更する例外と、その月の特定の日を非稼働日として呼び出す別の例外がある場合があります。1日の例外は、月の長い例外よりも低いレベルにあるため、その日に1回の非稼働日の例外が適用されます。同日に複数の1日の例外を作成することはできません。

  1. 変更された稼働日に追加した行をクリックし、[詳細] をクリックします。

  2. [次の例外の稼働時間を設定する] で、[稼働時間] をクリックし、[差出人] 列と [宛先] の時間を調整して、その日の稼働時間を設定します。

  3. 組織が定期的にこれらの稼働時間を監視している場合 (たとえば、月または年に1回)、[定期的なパターン] の下で、これらの時刻を毎日毎週毎月、または毎年繰り返すかどうかを選択します。次のオプションを設定します。

    • 毎日    これらの稼働時間の頻度を設定します。たとえば、10日ごとです。

    • 週間    稼働時間を定期的に繰り返す頻度を指定します。また、どの曜日に定期的に繰り返すかを選択します。たとえば、土曜日の2週間おきに行うことができます。

    • 毎月    月の日付と、稼働時間を繰り返す頻度を指定します。たとえば、3か月ごとの15日、または6か月ごとの第3土曜日です。

    • 年次    稼働時間を繰り返す曜日を選択します。たとえば、8月21日、または7月3日の土曜日です。

  4. [繰り返しの範囲] セクションで、必要に応じて繰り返しを実行する期間を指定します。

    • 開始    定期的なパターンを開始する日付を選びます。

    • 終了後    繰り返しを設定した回数だけ実行する場合は、[終了日] を選択し、稼働時間が発生したときにインスタンスの数を入力します。

    • [終了   日] 特定の期間にのみ繰り返しを実行する場合は、[終了日] を選択し、定期的なアイテムを停止するタイミングを選択します。

  5. [OK] をクリックします。

稼働日の曜日ごとに作業時間を変更する

勤務時間が既定値と異なる場合に、組織に特定の稼働日 (または稼働日の設定) がある場合は、設定された期間中に、稼働日の稼働時間に変更を加えることができます。たとえば、組織で既定の月曜から金曜、08:00 ~ 17:00 のスケジュールを使用していない場合は、組織の正確なスケジュールを反映するために、稼働日の稼働時間を週ごとに変更することができます。

稼働日の曜日ごとに作業時間を変更するには、次の操作を行います。

  1. 変更した稼働時間を開始する予定表の日付をクリックします。

  2. [稼働日] タブで、[名前] 列に変更された稼働日の週または週の名前を入力し、enter キーを押します。

  3. 追加した行の [終了日] 列の日付を変更し、変更した稼働日の週または週に含める最終日を反映します。

  4. [詳細] をクリックします。

  5. [日の選択] セクションで、調整した稼働時間を使用する曜日をクリックします。ctrl キーを押しながらクリックするか、Shift キーを押しながらクリックして複数の曜日を選択します。

  6. 選択した曜日または日を非稼働時間に変更する場合は、[日を非稼働時間に設定] をクリックします。

  7. 選択した日の稼働時間を変更する場合は、[日] を [特定の稼働時間] に設定し、[差出人] と [宛先] の列を入力して稼働時間を設定します。

  8. [OK] をクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×