プロジェクトの懸案事項とリスクを表示および編集する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

すべてのプロジェクトは懸案事項およびリスクを抱えています。リスクとは、それが発生した場合にプロジェクトに対して悪い影響をもたらす可能性のあるイベントまたは状況です。これに対し、懸案事項は既に発生しているイベントです。リスクに対して効果的に対応しないと、リスクが懸案事項に変わるおそれがあります。プロジェクトの懸案事項およびリスクを積極的に特定、分析、および対処することは、プロジェクトの成功をもたらすのに役立ちます。

注: 懸案事項やリスクを表示および編集する前に、Microsoft Office Project Server 2007 に接続し、このサーバー上にプロジェクトのワークスペース サイトを作成する必要があります。懸案事項やリスクを管理するために Web サーバーを設定する方法の詳細については、サーバー管理者に確認してください。ワークスペース サイトによっては、管理者が手動で作成する必要があります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ビューのプロジェクトの課題やリスク

作成または問題を変更します。

作成またはリスクを変更します。

懸案事項またはその他の問題のリスク、リスク、ドキュメント ライブラリ、またはタスクをリンクします。

プロジェクトの懸案事項またはリスクを表示する

現在のプロジェクトに関連する懸案事項またはリスクを表示するには、次の操作を行います。

  1. [共同作業] メニューの [懸案事項] または [リスク] をクリックします。

    現在のプロジェクトに関するすべての懸案事項またはリスク (状態がアクティブ、延期、または終了のもの) が、[懸案事項] ページまたは [リスク] ページに表示されます。

    ヒント: 問題やリスクのリストをフィルター処理するには、ビュー グラフィック ボタン をクリックし、[フィルターを選択します。すべての問題やリスクを表示するすべてのアイテムを選択します。

  2. 懸案事項またはリスクの詳細を表示するには、懸案事項またはリスクの名前をクリックします。

ページの先頭へ

懸案事項を作成または変更する

  1. [共同作業] メニューの [懸案事項] をクリックします。

  2. [懸案事項] ページで、次のいずれかの操作を行います。

    • 新しい懸案事項を作成するには、新規 メニューの画像 をクリックし、[新しいアイテム] をクリックします。

    • 問題を変更するには、懸案事項を表示する矢印の ↓キー 矢印をクリックをポイントし、[アイテムの編集] をクリックします。

  3. [タイトル] で、懸案事項のタイトルを入力します。

  4. [所有者] セクションを懸案事項を管理できるユーザーを見つけるには、組織内の認証に使用されるメンバーシップ プロバイダー サービスを使用する参照 ボタンの図 ] をクリックします。

    注: ユーザーの名前を入力する場合は、 [名前の確認 ボタンの画像 にユーザーが組織のメンバーシップ プロバイダー サービスの一部であるかどうかをクリックします。

  5. [担当者] セクションで、懸案事項を解決するユーザーの名前を入力するか、該当するユーザーを検索します。

  6. [Status] セクションで、懸案事項の状態をクリックします。

  7. [カテゴリ] セクションで、カテゴリ番号をクリックして類似の懸案事項をグループ化します。

  8. [優先度] セクションで、優先度をクリックして、プロジェクト内の他の懸案事項に対するこの懸案事項の相対的な重要度を指定します。

  9. [期日] セクションに、懸案事項を解決する期限の日時を入力します。

    ヒント: 日付をすばやく入力するのにには、日付選択 カレンダー を使用します。

  10. [ディスカッション] セクションに、懸案事項の説明および懸案事項の理解と解決に役立つその他の情報を入力します。

  11. [解決策] セクションに、懸案事項の解決方法を入力します。

  12. [OK] をクリックして懸案事項を保存し、[懸案事項] ページに戻ります。これで、プロジェクトに関連付けられた懸案事項の一覧に懸案事項が追加されます。

ページの先頭へ

リスクを作成または変更する

  1. [共同作業] メニューの [リスク] をクリックします。

  2. [リスク] ページで、次のいずれかの操作を行います。

    • 新しいリスクを作成するには、新規 メニューの画像 をクリックし、[新しいアイテム] をクリックします。

    • リスクを変更するには、問題を表示する矢印の ↓キー 矢印をクリックをポイントし、[アイテムの編集] をクリックします。

  3. [タイトル] で、リスクのタイトルを入力します。

  4. [所有者] セクションをリスクを管理できるユーザーを見つけるには、組織内の認証に使用されるメンバーシップ プロバイダー サービスを使用する参照 ボタンの図 ] をクリックします。

    注: ユーザーの名前を入力する場合は、 [名前の確認 ボタンの画像 にユーザーが組織のメンバーシップ プロバイダー サービスの一部であるかどうかをクリックします。

  5. [担当者] セクションで、リスクを軽減または管理するユーザーの名前を入力するか、該当するユーザーを検索します。

  6. [Status] セクションで、リスクの状態をクリックします。

  7. [カテゴリ] セクションで、カテゴリ番号をクリックして類似のリスクをグループ化します。

  8. [期日] セクションに、リスクを解決する期限の日時を入力します。

    ヒント: 日付をすばやく入力するのにには、日付選択 カレンダー を使用します。

  9. [確率] セクションに、リスク発生の確率を表すパーセント値を入力します。

  10. [影響度] セクションに、影響度を表す 1 ~ 10 の値 (10 が最も重大度が高い) を入力します。後で、影響度に基づいて (たとえば、影響度が 5 を超える) リスクを検索できます。

  11. [コスト] セクションに、リスクの財務的影響を表す値 (通貨記号なし) を入力します。

  12. [説明] で、リスクの説明を入力します。

  13. [リスク軽減計画] セクションに、リスクの確率、影響、またはその両方を軽減するためにプロジェクト管理者が使用できる計画の説明を入力します。

  14. [代替計画] セクションに、リスクの影響を軽減するのに役立つ代替計画の説明を入力します。

  15. [要件の詳細] セクションに、イベントの発生を招く条件の説明を入力します。

  16. [要件] セクションで、要件が有効になるための条件を指定します。3 つの値のいずれかを選択します。

    要件一覧に示された値以外を使用して代替計画要件を指定するには、[値を指定してください] をクリックし、値を入力または編集します。

  17. [OK] をクリックしてリスクを保存し、[リスク] ページに戻ります。保存したリスクが、プロジェクトに関連するリスクの一覧に追加されています。

ページの先頭へ

懸案事項またはリスクを他の懸案事項、リスク、ドキュメント ライブラリ、タスクにリンクする

  1. [共同作業] メニューの [懸案事項] または [リスク] をクリックします。

  2. 懸案事項] ページまたは[リスク] ページで、既存の懸案事項またはリスクを ↓キー 矢印を表示、矢印をクリックし、[アイテムの編集] をクリックをポイントします。

  3. [アイテムのリンク] をクリックします。

  4. ダイアログ ボックスの上部にある最初の一覧で、現在の懸案事項またはリスクにリンクするドキュメント ライブラリ、懸案事項、リスク、またはタスクをクリックします。

  5. 2 番目の一覧で、該当するアイテムをクリックします。

    ダイアログ ボックスの上部にある 2 つの一覧で選択した懸案事項、リスク、ドキュメント ライブラリ、またはタスクが、ダイアログ ボックスに表示されます。

  6. リンクする各懸案事項またはリスクの [リンク] チェック ボックスをオンにします。複数の懸案事項またはリスクを選択できます。

  7. [OK] をクリックします。

[懸案事項] ページまたは [リスク] ページの [リンク] セクションに、リンクしたアイテムが表示されます。

注: 懸案事項またはリスクを削除した場合、後でごみ箱から復元しても、他の懸案事項、リスク、タスク、またはドキュメント ライブラリへのリンクは復元されません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×