プロジェクトの懸案事項およびリスクを作成、表示、リンクする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

すべてのプロジェクトが懸案事項とリスクを抱えています。リスクとは、発生した場合にプロジェクトに悪影響を与える可能性がある事象または状況です。一方、懸案事項とは、既に発生している事象です。リスクは、効果的に対処しないと、懸案事項になる可能性があります。プロジェクトの懸案事項とリスクを機敏に特定、分析、および対処することで、プロジェクトを成功に導くことができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

問題を作成します。

プロジェクトのリスクを作成します。

懸案事項またはその他の問題のリスク、リスク、ドキュメント ライブラリ、またはタスクをリンクします。

懸案事項またはリスクを表示します。

懸案事項を作成する

  1. サイド リンク バーで、[プロジェクト センタ] をクリックします。

  2. 懸案事項を作成するプロジェクトを選択し、[ジャンプ] をクリックして、[懸案事項] をクリックします。

  3. [懸案事項] ページで、[新規作成] をクリックし、[新しいアイテム] をクリックします。

    問題を変更するには、矢印の ↓キー を表示するには、この問題をポイントします。ドロップダウン リストを表示する矢印をクリックし、[アイテムの編集] をクリックします。

  4. [タイトル] で、懸案事項のタイトルを入力します。

  5. [所有者] で、[参照] をクリックし、組織内での認証に使用されるメンバシップ プロバイダ サービスを使用して、懸案事項を管理できるユーザーを検索します。

    注: ユーザーの名前を入力する場合は、 [名前の確認 ボタンの画像 にユーザーが組織のメンバーシップ プロバイダー サービスの一部であるかどうかをクリックします。

  6. [割り当て先] で、懸案事項の解決を担当するユーザーを入力または検索します。

  7. [状態] で、懸案事項の状態をクリックします。

  8. [カテゴリ] で、類似の懸案事項をグループ化するカテゴリ番号をクリックします。

  9. [優先度] で、一覧から優先度をクリックして、プロジェクトの他の懸案事項と比較したこの懸案事項の相対的な重要度を指定します。

  10. [期限] で、懸案事項を解決する期限の日時を入力します。

    ヒント: 日付をすばやく入力するのにには、日付選択 カレンダー を使用します。

  11. [ディスカッション] で、懸案事項の説明、および懸案事項の理解と解決に関連するその他の情報を入力します。

  12. [解決策] で、懸案事項の解決方法を入力します。

  13. [OK] をクリックして懸案事項を保存し、[懸案事項] ページに戻ります。これで、プロジェクトに関連付けられた懸案事項の一覧に懸案事項が追加されます。

    [懸案事項] ページで、新たな懸案事項を作成することも、ウィンドウを閉じてプロジェクト センタに戻ることもできます。

ページの先頭へ

プロジェクトのリスクを作成する

  1. サイド リンク バーで、[プロジェクト センタ] をクリックします。

  2. リスクを作成するプロジェクトを選択し、[ジャンプ] をクリックして、[リスク] をクリックします。

  3. [リスク] ページで、[新規作成] をクリックし、[新しいアイテム] をクリックします。

    リスクを変更するには、矢印の ↓キー を表示するリスクをポイントします。ドロップダウン リストを表示する矢印をクリックし、[アイテムの編集] をクリックします。

  4. [タイトル] で、リスクのタイトルを入力します。

  5. [所有者] で、[参照] をクリックし、組織内での認証に使用されるメンバシップ プロバイダ サービスを使用して、リスクを管理できるユーザーを検索します。

    注: ユーザーの名前を入力する場合は、 [名前の確認 ボタンの画像 にユーザーが組織のメンバーシップ プロバイダー サービスの一部であるかどうかをクリックします。

  6. [割り当て先] で、リスクの緩和と対処を担当するユーザーを入力または検索します。

  7. [状態] で、リスクの状態をクリックします。

  8. [カテゴリ] で、類似のリスクをグループ化するカテゴリ番号をクリックします。

  9. [期限] で、リスクを解決する期限の日時を入力します。

    ヒント: 日付をすばやく入力するのにには、日付選択 カレンダー を使用します。

  10. [確率] で、リスクが発生する確率を表すパーセント値を入力します。

  11. [影響度] で、影響度の重大度を表す 1 ~ 10 の値 (10 が最大の重大度) を入力します。後で、影響度が 5 より大きいなどの条件を指定して、リスクを検索できます。

  12. [コスト] で、リスクの金銭的影響度を表す値 (通貨記号なし) を入力します。

  13. [説明] で、リスクの説明を入力します。

  14. [リスク軽減計画] で、リスクの確率、リスクの影響度、またはその両方を軽減または解消するためにプロジェクト管理者が使用できる計画の説明を入力します。

  15. [代替計画] で、リスクが発生した場合の潜在的な影響度を軽減するために役立つ代替の計画の説明を入力します。

  16. [要件の詳細] で、イベントが発生する原因となる条件の説明を入力します。

  17. [OK] をクリックしてリスクを保存し、[リスク] ページに戻ります。これで、プロジェクトに関連付けられたリスクの一覧にリスクが追加されます。

    [リスク] ページで、新たなリスクを作成することも、ウィンドウを閉じてプロジェクト センタに戻ることもできます。

ページの先頭へ

他の懸案事項、リスク、ドキュメント ライブラリ、タスクに懸案事項またはリスクをリンクする

  1. サイド リンク バーで、[プロジェクト センタ] をクリックします。

  2. 懸案事項またはリスクをリンクするプロジェクトを選択し、[ジャンプ] をクリックし、[リスク] または [懸案事項] をクリックします。

  3. 懸案事項またはリスク] ページで、既存の懸案事項またはリスクを表示する矢印の ↓キー をポイントします。ドロップダウン リストを表示する矢印をクリックし、[アイテムの編集] をクリックします。

  4. [アイテムのリンク] をクリックします。

  5. ダイアログ ボックスの上部に表示される最初の一覧で、リンクするドキュメント ライブラリ、懸案事項、またはリスクをクリックします。

  6. 2 番目の一覧で、適切なアイテムをクリックします。

    ダイアログ ボックスの上部にある 2 つの一覧で選択した懸案事項、リスク、ドキュメント ライブラリ、またはタスクが、ダイアログ ボックスの下部にあるダイアログ ボックスに表示されます。

  7. 懸案事項またはリスクの隣にあるチェック ボックスをオンにして、リンクする懸案事項またはリスクを選択します。複数の懸案事項またはリスクを選択できます。

  8. [OK] をクリックします。

[懸案事項] ページまたは [リスク] ページの [リンク] セクションにリンクされるアイテムが表示されます。

注: 懸案事項またはリスクを削除した後、[ごみ箱] から懸案事項またはリスクを復元しようとした場合、他の懸案事項、リスク、タスク、またはドキュメント ライブラリへのリンクを復元することはできません。

ページの先頭へ

懸案事項またはリスクを表示する

自分に割り当てられている懸案事項またはリスクを表示するには、次の操作を行います。

  1. サイド リンク バーで、[自分の作業] の [懸案事項/リスク センタ] をクリックします。

    自分に割り当てられている懸案事項またはリスクを含むすべてのプロジェクトが、[懸案事項 / リスク センタ] ページに表示されます。アクティブ、延期、および終了の各状態の懸案事項とリスクの数が、[アクティブ]、[延期]、および [終了] の各列に表示されます。

  2. 懸案事項またはリスクの詳細を表示するには、プロジェクトの名前をクリックします。

プロジェクトに関連付けられたすべての懸案事項またはリスクを表示するには、次の操作を行います。

  1. サイド リンク バーで [プロジェクト] をクリックします。

  2. 懸案事項およびリスクを表示するプロジェクトを選択し、[ジャンプ] をクリックし、[懸案事項] または [リスク] をクリックします。

    プロジェクトに関連付けられた既存の懸案事項またはリスクを表示する新しいウィンドウが開きます。

  3. 懸案事項またはリスクの詳細を表示するには、懸案事項またはリスクの名前をクリックします。

Microsoft Office Project Web Accessのいくつかの操作を実行できない理由

権限の設定に応じて、Project Web Access にログオンするために使用するされないことができますを参照するか、特定の機能を使用します。一部のページに表示される内容が記載されている内容は、サーバー管理者が Project Web Access のカスタマイズし、一致するようにヘルプをカスタマイズしていない場合の異なる場合があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×