プロジェクトの全体像を把握する方法

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

プロジェクトの管理は、とても簡単な作業に思えます。プロジェクトのタスクを認識し、タスクをこなす人員を割り当て、タスクの完了期限を計算し、経費の請求先を調べる。いたって単純です。

しかし、上司に質問されたらどうしますか。そのプロジェクトが含まれるポートフォリオのビジネス目標は何なのか。または、プロジェクトの成果物は、製品なのか結果なのか。さあ大変です。

いきなり質問されて慌てる前に、この記事をお読みください。このような用語の意味を理解しておくことで、当意即妙に答えることができます。また、"つまるところ、プロジェクトとは何なのか" という難題にも答えられるようになります。

この記事の内容

概要: フェーズ、プロセス、ポートフォリオ、および製品

結果: プロジェクトの成果物

プロジェクト管理システムに Project 2007 を活用する方法は?

概要: フェーズ、プロセス、ポートフォリオ、および製品

プロジェクトとは、スケジュールに従って発生し、出力のいくつかの種類を作成する活動のセットだけです。一部のプロジェクトでスタンドアロン、他の作業を組織内の移動に関係のないです。その一方で、一部のプロジェクトでは、フェーズ、プロセス、プログラム、およびポートフォリオなどの大規模な作業の一部です。

フェーズ

プロジェクトを "フェーズ" としてスケジュールすることで、同じ目的に関連する複数のプロジェクトを一括して管理することができます。たとえば、慈善組織で基金調達イベントを毎年開催しているとします。そのイベントに関連するプロジェクトをすべて管理するために、この組織ではプロジェクトを "計画"、"イベント当日"、"フォローアップ" の 3 フェーズにまとめています。各フェーズに複数のプロジェクトが含まれます。

フェーズ

プロジェクト

フェーズの結果

計画

  • 施設の予約

  • ゲスト講演者の選出と手配

  • 出席者の招待

完成したイベント計画書

イベント当日

  • 会場の準備

  • ゲスト講演者の補助

  • 出席者へのサービスの提供

計画に従ったイベントの実施

フォローアップ

  • 出席者へのアンケート

  • フォローアップ報告書の作成

完成した事後分析報告書

プロセス

2 つの異なるプロジェクトの作業を相互に関連させることで "プロセス" を構成することができます。たとえば、2 つのプロジェクトがあるとします。1 つのプロジェクトには、コール センターのチケット発券システムを開発するために必要な作業が含まれ、もう 1 つのプロジェクトには、コール センター スタッフの採用と研修に必要な作業が含まれています。

プロジェクト 1

プロジェクト ct 2

作業:

  • チケット発券システムの開発

  • チケット発券システムのテスト

  • チケット発券システムのリリース

作業:

  • サポート スタッフの面接

  • サポート スタッフの採用

  • サポート スタッフの研修

結果:
コール センターのチケット発券システム

結果:
コール センターのサポート スタッフ

2 つのプロジェクトの作業を結合することで、コール センターの立ち上げ用プロセスが構成されます。このプロセスの結果は、完成したコール センターです。

手順

プロジェクト 1 の作業:

  • チケット発券システムの開発

  • チケット発券システムのテスト

  • チケット発券システムのリリース

プロジェクト 2 の作業:

  • サポート スタッフの面接

  • サポート スタッフの採用

  • サポート スタッフの研修

プロセスの結果:
完成したコール センター

プログラム

"プログラム" とは、まとめて管理されるプロジェクトのグループであり、相互に関連する状態を活用することができます。たとえば、建設会社で新しい分譲地に住宅を建設するとします。この分譲地の各住宅は、別々のプロジェクトとして管理されます。複数のプロジェクトを分譲地全体のプログラムとしてグループ化することで、分譲地全体の工事の進捗状況を簡単に把握できるようになり、建設材料運搬業者や造園業者などのサードパーティ リソースを入れる計画も立てやすくなります。

プログラム

プロジェクト

蓬莱堂所有地

  • 調布ヶ丘 530 番地

  • 調布ヶ丘 531 番地

  • 調布ヶ丘 532 番地

  • 調布ヶ丘 533 番地

ポートフォリオ

プロジェクトによっては、"ポートフォリオ" を使用して、プロジェクトとプログラムを、それぞれに対応する戦略的なビジネス目標に組み合わせる場合があります。たとえば、あるソフトウェア開発会社が、"業界初の革新性"、"安全なソフトウェアの開発"、"最高のユーザー サポートの提供" という 3 つの戦略的ビジネス目標を決定したとします。これら 3 つの目標 (革新性、セキュリティ、サポート) それぞれについて、ポートフォリオを設定し、そのポートフォリオに現在のプロジェクトおよびプログラムを割り当てます。

ポートフォリオ

プロジェクトおよびプログラム

革新性

  • プロジェクト: 競合製品の分析

  • プログラム: 研修
    ("外部リソースの選択"、"製品マネージャーの研修"、"会議への出席" という 3 つのプロジェクトを含む)

セキュリティ

  • プロジェクト: セキュリティ テスト

  • プログラム: サーバー ベースの登録システムの実装
    ("サーバー ファームの構築" および "登録コードの開発" という 2 つのプロジェクトを含む)

サポート

  • プロジェクト: コール センターのチケット発券システムの導入

  • プロジェクト: コール センター スタッフの採用と研修

  • プログラム: オンライン ユーザー リソース
    ("チケット発券システムのユーザー インターフェイスの構築" および "E ラーニング リソースの開発とリリース" という 2 つのプロジェクトを含む)

ページの先頭へ

結果: プロジェクトの成果物

プロジェクト、フェーズ、およびプロセスでは、"成果物" と呼ばれる一種の結果が得られます。一般的に、成果物は文書や完成製品などの具体的な形を取ります。成果物は製品や品物となることもあれば、実績やサービスとなることもあります。次の表に、成果物の種類の例を示します。

成果物の種類

説明

製品

プロジェクト、フェーズ、またはプロセスの結果である、具体的なものです。製品は、単独の成果物であることも、より大きな成果物の一部であることもあります。

文書、ソフトウェア プログラム、住宅

結果

完了したプロジェクト、フェーズ、またはプロセスの結果です。

改訂されたバグ トリアージ プロセス、新しい組織構成、緑化ガイドライン

サービス

組織がビジネス機能を実行できるようにするための、プロジェクト、フェーズ、またはプロセスの結果です。

完成したコール センター、出席者の揃った会議、無線送信サービス

ページの先頭へ

プロジェクト管理システムで Project 2007 を活用する方法

プロジェクト管理「システム」は、さらに戻り、ステップため、プロセス、技術、方法、およびスケジュールとプロジェクトを管理するためのツールの一式を参照します。Microsoft Office Project 2007は、大規模なプロジェクト管理システムのツールです。プロジェクトの計画とも呼ばれる、プロジェクトでは、 Project 2007に別のファイルとして保存されます。 と、フェーズ、プロセス、プログラム、およびポートフォリオなどの大規模な作業にまとめることができます。

ヒント: 大規模な作業にグループ化プロジェクト化の詳細については、次を参照してください。計画の: マスター プロジェクトとサブプロジェクトします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×