プロジェクトの作業を更新する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

プロジェクトの作業の進捗状況に合わせて、実際の日数開始日と実績終了日、実績作業時間、実績期間と残存期間、現在の達成率 (%)と作業時間の達成率で計画を更新できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

更新の実績開始日と終了日

実績作業時間を更新します。

時間と残存期間を更新します。

達成率を更新して、作業時間の達成率 (%)

実績開始日と実績終了日を更新する

  1. [表示] メニューの [ガント チャート] をクリックします。

  2. [タスク名] フィールドで、更新するタスクを選択します。

    サマリー タスクの実績開始日と実績終了日を更新することはできません。

  3. [ツール] メニューの [進捗管理] をポイントし、[タスクの更新] をクリックします。

  4. [実績] の [開始日] ボックスと [終了日] ボックスに、新しい日付を入力します。

    注記: 

    • タスクの実績開始日と実績終了日を入力すると、そのタスクの現行開始日と現行終了日、または予定開始日と予定終了日も変更されます。ただし、実績または現行の開始日や終了日を変更しても、基準開始日と基準終了日は影響を受けません。基準日と現行の日付を比較するには、[表示] メニューの [テーブル] をポイントし、[差異] をクリックします。

    • タスクの実績終了日を入力すると、Project ではそのタスクの達成率を 100% と算出します。

    • 同じ日付が設定された複数のタスクの実績開始日と実績終了日をすばやく更新するには、更新する各タスクを選択し、[ツール] メニューの [進捗管理] をポイントし、[プロジェクトの更新] をクリックします。[予定どおり達成しているタスクについて、指定日までの進捗状況を計算] をクリックし、日付を入力または選択して、[対象] の横にある [選択したタスク] をクリックします。

ページの先頭へ

実績作業時間を更新する

タスクに費やした作業時間数がわかっている場合は、タスクの実績作業時間を入力できます。タスクに費やしたリソースごとの作業時間数がわかっている場合は、割り当てられたリソースごとに実績作業時間を入力できます。

タスクの実績作業時間の合計を更新する

  1. [表示] メニューの [その他のビュー] をクリックします。

  2. 次に [ビュー名] ボックスの一覧の [タスク シート] をクリックし、[適用] をクリックします。

  3. [表示] メニューの [テーブル] をポイントし、[作業時間] をクリックします。

  4. 更新するタスクの [実績] フィールドに、実績作業時間の値を入力します。

    再計算された作業時間の達成率が [作業時間の達成率] フィールドに表示され、残存作業時間が [残存] フィールドに表示されます。目的のフィールドが表示されていない場合は、Tab キーを押して、そのフィールドまで移動してください。

注: タスクの実績作業時間を指定すると、作業時間の達成率と残存作業時間が、"作業時間の達成率 = (実績作業時間 / 作業時間) * 100" および "残存作業時間 = 作業時間 - 実績作業時間" という計算式によって自動的に算出されます。

リソース割り当てに対する実績作業時間を更新する

各リソースが特定の期間 (たとえば毎日) にタスクに費やした作業時間を管理する必要がある場合は、割り当てられたリソースごとに、実績作業時間の時間配分の情報を入力できます。

各リソースがタスクに費やした作業時間を管理するには、割り当てられたリソースごとの実績作業時間の合計を入力します。

  1. [表示] メニューの [タスク配分状況] をクリックします。

  2. 割り当てられたリソースごとの実績作業時間の時間配分を更新するには、[書式] メニューの [詳細] をポイントし、[実績作業時間] をクリックします。

  3. ビューの右枠にある [実績作業時間] フィールドに、更新するリソース割り当てに対する実績作業時間を入力します。

    既定では、[タスク配分状況] ビューのタイムスケールは日単位で区切られています。異なる単位 (週や月など) を使用してリソース割り当ての実績作業時間を更新するには、タイムスケールを変更します。

    注: 各期間の実績作業時間は Project によって合計され、リソースごとの実績作業時間の合計が表示されます。また、各リソースの合計作業時間も算出され、タスクごとの合計作業時間が表示されます。

  4. 割り当てられた各リソースの実績作業時間の合計を更新するには、[表示] メニューの [テーブル] をポイントし、[作業時間] をクリックします。

  5. 更新する割り当てリソースの [実績] フィールドに、実績作業時間を新しく入力または選択します。

    目的のフィールドが表示されていない場合は、Tab キーを押して、そのフィールドまで移動してください。

    注: リソース割り当ての実績作業時間を指定すると、その割り当ての作業時間の達成率と残存作業時間が、"作業時間の達成率 = (実績作業時間 / 作業時間) * 100" および "残存作業時間 = 作業時間 - 実績作業時間" という計算式によって自動的に算出されます。また、各タスクについて、個々のリソースが費やした作業時間の合計が算出されて表示されます。

ページの先頭へ

実績期間と残存期間を更新する

タスクを達成するまでの期間が Project の計算よりも長くなるか短くなることがわかっている場合は、残存期間を指定できます。

  1. [表示] メニューの [その他のビュー] をクリックします。

  2. 次に [ビュー名] ボックスの一覧の [タスク シート] をクリックし、[適用] をクリックします。

  3. [表示] メニューの [テーブル] をポイントし、[進捗管理] をクリックします。

  4. [実績期間] (実績期間) フィールドに、更新するタスクの実績期間を入力します。

    再計算された達成率が [達成率] フィールドに表示され、残存期間が [残存期間] (残存期間) フィールドに表示されます。

    目的のフィールドが表示されていない場合は、Tab キーを押して、そのフィールドまで移動してください。

  5. [残存期間] (残存期間) フィールドに、更新するタスクの残存期間を入力します。

    再計算された期間が [期間] フィールドに表示され、達成率が [達成率] フィールドに表示されます ([期間] フィールドは挿入しなければならない場合があります)。目的のフィールドが表示されていない場合は、Tab キーを押して、そのフィールドまで移動してください。

    注記: 

    • タスクの実績期間を指定すると、達成率と残存期間が、"達成率 = (実績期間 / 期間) * 100" および "残存期間 = 期間 - 実績期間" という計算式によって自動的に算出されます。

    • タスクの残存期間を調整すると、期間と達成率が、"期間 = 残存期間 + 実績期間" および "達成率 = (実績期間 / 期間) * 100" という計算式によって自動的に算出されます。

    • タスクが完了する前に、現行期間より長い実績期間を入力すると、実績期間と等しくなるように現行期間が更新されます。同時に、残存時間が 0 に変更され、タスクは達成率が 100% になったものとしてマークされます。

ページの先頭へ

達成率と作業時間の達成率を更新する

タスクがどれだけ完了しているかを表す達成率を指定すると、実際の進捗状況を管理するのに役立ちます。達成率は、0 (開始されていないタスク) ~ 100 (完了しているタスク) の数値で指定します。達成率を使用することによって、予定の進捗状況と実際の進捗状況を比較できます。

ヒント: 0% に特定のタスクの達成率をすばやく更新するには、25% を 50% を 75% を 100% の場合は、ctrl キーを押しと各タスクの一覧で、更新する] をクリックし、ボタンをクリック、対応する % 完了、 25% の完了 ボタンの画像 、ツールバーの追跡など。表示] メニューで、[変更履歴] ツールバーを表示するには、ツールバー] をポイントし、[管理] をクリックします。

タスクにリソースを割り当てて作業時間を管理している場合は、タスクの作業がどれだけ完了しているかを表す作業時間の達成率を指定できます。作業時間の達成率は、0 (タスクの作業が行われていない) ~ 100 (タスクの作業がすべて完了している) の数値で指定します。作業時間の達成率を使用することによって、予定作業時間と実績作業時間を比較できます。

  1. [表示] メニューの [その他のビュー] をクリックします。

  2. 次に [ビュー名] ボックスの一覧の [タスク シート] をクリックし、[適用] をクリックします。

  3. 達成率を更新するには、[表示] メニューの [テーブル] をポイントし、[進捗管理] をクリックします。

  4. [達成率] フィールドに、更新するタスクの達成率を入力します。

    再計算された実績期間が [実績期間] (実績期間) フィールドに表示され、残存期間が [残存期間] (残存期間) フィールドに表示されます。

  5. 作業時間の達成率を更新するには、[表示] メニューの [テーブル] をポイントし、[作業時間] をクリックします。

  6. [作業時間の達成率] フィールドに、更新するタスクの作業時間の達成率を入力します。目的のフィールドが表示されていない場合は、Tab キーを押して、そのフィールドまで移動してください。

    再計算された実績作業時間は [実績] フィールドに、残存作業時間は [残存] フィールドに表示されます。

    注記: 

    • タスクの達成率を指定すると、実績期間と残存期間が、"実績期間 = 期間 * 達成率" および "残存期間 = 期間 - 実績期間" という計算式によって自動的に算出されます。

    • タスクの作業時間の達成率を指定すると、実績作業期間と残存作業時間が、"実績作業時間 = 作業時間 * 達成率" および "残存作業時間 = 作業時間 - 実績作業時間" という計算式によって自動的に算出されます。

    • サマリー タスクの達成率は、サブタスクの進捗状況に基づいて自動的に算出されます。サマリー タスクの達成率を手動で入力することもできます。

    • サマリー タスクの作業時間の達成率は、サブタスクの進捗状況に基づいて自動的に算出されます。サマリー タスクの作業時間の達成率を手動で入力することもできます。

      サマリー タスクの作業時間の達成率を手動で入力すると、スケジュールされているサブタスクの順番に従って、各サブタスクに進捗状況が適用されます。進捗状況は先にスケジュールされているタスクから適用され、そのタスクが終了すると、続いて次のタスクに適用されます。進捗状況の適用は、すべてのタスクが終了するまで行われます。

    • 既定値を設定することにより、プロジェクトの状況報告日に従って、実績作業時間と残存作業時間を表示する場所をどのように自動的に調整するかを指定できます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×