スキップしてメイン コンテンツへ

プロジェクトの作業を均等に割り当てる (リソース割り当ての平準化)

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

プロジェクト内のユーザーは、同時に割り当てが多すぎる動作は、リソース _gt のすべてのレベルに移動して、[割り当てを自動的に平準化によって、リソースの競合や割り当て超過を解決できます。 タスクを延期または分割する、それらのタスクに割り当てられているリソースが不要になったオーバー ロードように動作平準化します。

リソース平準化グラフィック

平準化の際に、プロジェクトにも各タスクに割り当てられているは変更されません。 プロジェクト レベルのみ時間単価型リソース、 標準リソース、および [コミット済みのリソースがあります。 数量単価型リソース、コスト型リソース、または仮予約されたリソースは一定ではありません。

注: タスクにこれらの変更の理由により、平準化による遅れる可能性がいくつかのタスクとその結果、プロジェクトの終了日の終了日。

平準化前にいくつかの設定を変更します。

  • タスクの優先度のタスクの重要度と平準化のためには、その可用性ことを示します。

  • プロジェクトの優先順位平準化のためのプロジェクトの空き時間情報を確認します。

  • どのタスクを平準化すると、プロジェクトの決定方法と、どの程度を微調整するオプションを平準化できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

平準化によって、プロジェクトの作業を配布します。

平準化の設定を変更します。

タスクの優先度を設定する

プロジェクトの優先度を設定する

[平準化によるその他のヒントします。

平準化によって、プロジェクトの作業を配布します。

[リソース] タブのレベル] で、次のいずれかを選択します。

リソース平準化のコマンド

  • レベルの選択    選択したタスクのみを平準化する場合に使用します。 隣接する複数のタスクを選択するには、選択範囲の最初のタスクを選択し、shift キーを押しながら選択範囲の最後のタスクを選択を押します。 隣接しない複数のタスクを選択するには、ctrl キーを押し、タスクを選択するときに各タスクを選択します。

    これはリソースをプロジェクト計画の特定のタスクに割り当て超過することもできますが、プロジェクト マネージャーがその他の特定のタスクの割り当て超過を解決するには

  • レベル リソース    特定のリソースが割り当てられているタスクのみを平準化する場合に使用します。 レベル リソース] を選択して、タスクが割り当てられたリソースを選びます。 複数のリソースを選択するのにには、ctrl キーを使用します。

    選択したリソースは、リソースを複数のタスクの作業は、取得と、その他の割り当ては移動できません。

  • すべてをレベルします。    すべてのタスクをプロジェクト計画内のすべてのリソースの平準化する場合に使用します。

  • 平準化のオプション    プロジェクトが平準化のために使用する設定を変更するのにには、これを使用します。 この記事で平準化の設定を変更することで、セクションを参照してください。

  • 平準化を解除します。    平準化前の効果を元に戻すには、これを使用します。

  • 次の割り当て超過    割り当て超過のリソースには、次のタスクに移動するのには、これを使用します。 個々 のタスクで平準化の効果をより簡単に確認するのにには、これを使用します。

平準化の設定を変更します。

どのタスクを平準化すると、プロジェクトの決定方法と、どの程度を微調整するために平準化を変更することができます。

  1. [リソース] タブの [レベル] グループで平準化のオプションを選択します。

  2. リソースの平準化] ダイアログ ボックスの [平準化の計算] で [平準化によるに実行されるようにする方法を選択します。

    • [自動]    自動平準化を選ぶ場合は、[平準化の前に平準化値をクリアする] チェック ボックスをオフにします。 このチェック ボックスをオフにすると、新規割り当てと平準化されていない割り当てのみが平準化されます。 このチェック ボックスは既定ではオンになっていますが、自動平準化のときにオンのままにしておくと、すべてのタスクが平準化されるため、スケジュールの作業がとても遅くなることがあります。

      割り当て超過をボックスに、期間、または秘密度の単位を選択によっては、リソースの割り当て超過と認識されます。 [日単位] が既定の設定です。 この設定では、1 分、1 日、1 週、1 月のどの単位で割り当て超過を平準化して調整するかを指定します。

    • [手動]    手動で平準化 (既定) は、すべてのレベルの選択時のみに発生します。 自動平準化は、タスクまたはリソースを変更するたびにすぐに行われます。 リソースに最大利用可能時間で完了できる量より多くの作業が割り当てられたときは常にタスクを再スケジュールする場合は、自動平準化を使用します。

  3. [平準化範囲] では、プロジェクト全体を平準化するか、または特定の時間範囲内のタスクだけを平準化するかを選びます。

  4. [優先順位の決定方法] ボックスでは、平準化の順序を選びます。

    • 他の条件を考慮する前に ID 番号の昇順でタスクを平準化するには、[ID 順] を選びます。

    • 最初に、先行処理の依存関係、余裕期間、日付、優先度、制約を調べてタスク平準化の必要性と方法を判断する場合は、[標準] を選びます。 これが既定の設定です。

    • 最初にタスクの優先度を確認し、その後でのみ標準の条件を調べる場合は、[タスクの優先度 + 標準方式] を選びます。

  5. プロジェクトの終了日が延期されないようにするには、[利用可能な余裕期間内で平準化する] チェック ボックスをオンにします。

    注: このチェック ボックスをオンにすると、スケジュール全体を平準できないことを示すエラー メッセージが表示されることがあります。 その場合は、割り当ての再スケジュールに利用できる余裕期間がほとんどないためにスケジュールを平準化できません。

  6. あるリソースが特定のタスクで働く時間を、同じタスクで作業する他のリソースとは無関係に平準化できるようにするには、[個々の割り当てを調整できるようにする] チェック ボックスをオンにします。

  7. タスクまたはリソース割り当ての残存作業時間に分割を作成して、タスクを中断できるようにするには、[残存作業時間を分割して平準化できるようにする] チェック ボックスをオンにします。 リソースのスケジュールが処理できる量より多くのタスクがリソースに同時に割り当てられた場合、残存作業時間のあるタスクを分割し、リソースのスケジュールで可能なときに作業することができます。

  8. 仮予約を含めるには、[仮予約でリソースを平準化する] チェック ボックスをオンします。

  9. [平準化による手動スケジュール タスクを変更するのには、手動でスケジュールされたタスクのレベルのチェック ボックスを選択します。

  10. 平準化を行う前に、平準化前の結果をクリアする場合は、平準化をオフにし、選択します。

  11. 手動で平準化は場合、は、すべてのレベルを選択します。 自動的に平準化は場合、は、 [ok]を選択します。

    注: 終了日からスケジュールされたプロジェクトのタスクを平準化する場合は、負の延期の値がタスクまたは割り当ての終了時点から適用されて、タスクまたはリソース割り当ての終了日が早くなります。

タスクの優先度を設定する

タスクの優先度の設定を使用すると、タスクの重要度と平準化のための可用性を指定できます。 入力した優先度の値は、度 1 および 1000、平準化のプロセスがあるコントロールの数を指定することができます。 たとえば、特定のタスクを平準化するプロジェクトを行わない場合、1000、優先順位を設定します。 既定では、優先度の値は 500、つまり中レベルの制御に設定されます。 低い優先度のあるタスクを延期または分割する前に優先します。

  1. タスク名] フィールドにタスク優先度を変更するには、目的の名をダブルクリックし、[タスク情報] を選びます。

  2. [全般] タブで、入力するか、優先度] ボックスに優先順位を選択します。

プロジェクトの優先度を設定する

プロジェクトの優先度を設定して平準化のためのプロジェクト全体の空き時間情報を設定することができます。 たとえば、リソース共有元となるを別のプロジェクトでリソースを共有している場合、および共有ファイルのいずれかのタスクを平準化しない場合は、[設定と共有している 1000 ファイルの優先度。

  1. [プロジェクト] タブで、[プロパティ] でプロジェクト情報を選択します。

  2. [優先度] ボックスで優先度を入力するか選びます。

平準化に使用できるいくつかのヒント

ヒント

可能な操作

割り当て超過のリソースを確認します。

赤色チーム プランナー] などのリソース ビューでは、割り当て超過のリソースがマークされています。 ガント チャート] ビューでは、割り当て超過のリソースは、[状況説明マーク] 列で赤の図に示されます。

各に平準を削除します。

プロジェクトを平準化するたびに平準化の前の効果がオフにします。 これを変更するには、リソース_gt平準化のオプションを選択します。

平準化を解除します。

その他の操作を実行する前に、すぐに平準化をオフにするには、元に戻すレベルを選択します。 平準化によって元に戻すしない場合、平準化をオフに平準化前の結果をクリアするもできます。

どのタスクが平準化を使用しているを参照してください。

平準化によってタスクに対する変更を表示するには、[平準化によるガント ビューを使用します。 ビュー _gt の他のビュー _gt のその他のビューを選択します。

特定の期間内で平準化します。

リソース_gt平準化のオプション] を選択し、[開始日と終了日を入力します。

手動スケジュール タスクを平準化しません。

通常は、すべてのタスクの種類が平準化します。 これを変更するには、リソース_gt平準化のオプションを選択します。

プロジェクトの終了日を変更することがなく平準化します。

リソース_gt平準化のオプション] を選択し、[利用可能な余裕期間内で平準化] ボックスを選択します。

注: このチェック ボックスをオンにすると、プロジェクト全体のプロジェクトを平準化することができないというエラー メッセージが表示ことがあります。 いない十分な余裕期間] にあります課題を移動する、プロジェクトの終了日を変更せずにスケジュールします。

手動で割り当て超過を解決します。

レベルにしない場合は、割り当て超過を削除するのには、その他の方法を試すことができます。

  • その時点での作業に使用可能な他のリソースを置き換えます。

  • 早い段階で、プロジェクトのクリティカル タスクのスキルを持つその他のリソースを置き換えます。 スキルを持つその他のリソースが短時間で同じ遂行しやすくなります。

  • タスク リンクを変更できるように、一部のタスクを同時に開始します。

  • スケジュールのスコープを縮小するには、タスクを削除します。

  • 縮小期間を延ばします割り当て超過のリソースのあるタスクの作業負荷を分散します。

  • タスクを完了するために必要な作業の量を減らすことでの作業負荷を減らします。

  • タスクの期間を短くするのには、リソースの稼働時間の変更にします。

  • プロジェクトの終了日に直接影響を与えるクリティカル タスクs 特に、タスクの期間を短縮します。

  • 非稼働時間中にリソースが動作していないことを確認してください。 非稼働時間中には、リソースが動作している場合は、プロジェクトは割り当て超過が表示されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×