プロジェクトの作業を均等に割り当てる (リソース割り当ての平準化)

時間単価型リソースの中に、割り当てられている作業が多すぎるものはありませんか。Project のリソースの平準化機能を使用すると、リソースの重複や割り当て超過を解消できます。タスクに割り当てられたリソースの割り当て超過が解消されるように、タスクの延期または分割されたタスクを行うというのが平準化のしくみです。

リソース平準化グラフィック

平準化の際には、各タスクに割り当てられているリソースは変更されません。平準化されるのは、時間単価型リソース、標準リソース、および本予約だけです。数量単価型リソース、コスト リソース、または仮予約は平準化されません。

注: タスクにこのような変更が加えられるため、平準化によって一部のタスクの終了日に遅れが生じることがあり、その結果、プロジェクトの終了日にも遅れが生じることがあります。

ヒント: チーム プランナーを含め、リソース ビューでは、割り当て超過のリソースは赤色でマークされます。ガント チャートでは、割り当て超過のリソースは [状況説明マーク] 列の赤色のマークで示されます。

場合によっては平準化の前に、いくつかの設定を変更する必要があります。

  • タスクの優先度    タスクの重要度と、タスクに平準化を適用できるかどうかを示します。

  • プロジェクトの優先度    プロジェクトに平準化を適用できるかどうかを決定します。

  • 平準化のオプション    平準化の対象となるタスクと平準化の程度を細かく調整できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

平準化によってプロジェクトの作業を割り当てる

平準化の設定を変更する

タスクの優先度を設定する

プロジェクトの優先度を設定する

平準化によってプロジェクトの作業を割り当てる

  1. [リソース] タブをクリックします。

  2. [レベル] で、次のオプションのいずれかをクリックします。

    [レベル] グループのグラフィック

  3. [選択範囲の平準化]    選択されているタスクだけを平準化する場合に使用します。隣接する複数のタスクを選択するには、選択範囲の最初のタスクを選択し、Shift キーを押しながら、選択範囲の最後のタスクを選択します。隣り合っていない複数のタスクを選択するには、Ctrl キーを押しながら各タスクを選択します。

    このオプションが役に立つのは、プロジェクト計画の特定のタスクに対してはリソースが割り当て超過になってもかまわないが、他の特定のタスクについてはプロジェクト管理者が割り当て超過を解消する必要がある場合です。

  4. [リソースの平準化]    特定のリソースが割り当てられているタスクだけを平準化する場合に使用します。[リソースの平準化] をクリックしてから、タスクが割り当てられているリソースを選択してください。複数のリソースを選択する場合は Ctrl キーを使用します。
    選択したリソースが複数のリソースが割り当てられているタスクを処理している場合、他の割り当ては平準化されません。

  5. [すべて平準化]    プロジェクト計画に含まれるすべてのタスクの全リソースを平準化する場合に使用します。

  6. [平準化のオプション]    平準化の際に使用される設定を変更する場合に使用します。この記事の「平準化の設定を変更する」を参照してください。

  7. [平準化の解除]    前回の平準化の効果を元に戻す場合に使用します。

  8. [次の割り当て超過]    リソースの割り当てが超過している次のタスクに移動する場合に使用します。このオプションを使用すると、個々のタスクに対する平準化の効果を簡単に確認できます。

ページの先頭へ

平準化の設定を変更する

平準化の設定を変更することにより、平準化の対象となるタスクと平準化の範囲を細かく調整できます。

  1. [リソース] タブをクリックします。[レベル] で [平準化のオプション] をクリックします。

    [レベル] グループのグラフィック

  2. [リソースの平準化] ダイアログ ボックスの [平準化の計算方法] で平準化の実行方法を選択します。

    [自動]    自動平準化を指定した場合は、[平準化の前に平準化値をクリアする] チェック ボックスをオフにします。このチェック ボックスをオフにすると、新規および平準化されていない割り当てだけが平準化されます。既定ではこのチェック ボックスはオンに設定されていますが、自動的に平準化を行う場合にオンにしておくと、すべてのタスクが平準化されるため、処理に時間がかかりすぎて効率的に作業できなくなります。

    [割り当て超過として平準化が必要になる基準] ボックスでは、平準化機能によって割り当て超過であると見なされる超過レベルを選択します。既定では [日単位] が設定されています。割り当て超過時間が 1 分、1 時間、1 日、1 週間、1 か月のどの期間に達したときに平準化を実行するかを選択します。

    [手動]    既定では手動に設定されています。手動平準化は、[すべて平準化] をクリックしたときにのみ実行されます。自動に設定すると、タスクやリソースに変更が加えられるたびに平準化が行われます。自動平準化は、通常の作業時間内に終了できる量を超える作業がリソースに割り当てられるたびにタスクのスケジュールを変更する場合に使用します。

  3. [<プロジェクト名> の平準化範囲] では、プロジェクト全体の平準化を行うか、特定の期間内のタスクだけを平準化するかを選択します。

  4. [優先順位の決定方法] ボックスで、平準化の優先順位の決定方法として次のいずれかを選択します。

    • [ID 順]: ID 番号の昇順でタスクが平準化されます。

    • [標準方式]: 最初に先行処理との依存関係、余裕期間、開始日と終了日、優先度、および制約を調べて、平準化するタスクとタスクの平準化方法を決定します。既定では、この設定が適用されます。

    • [タスクの優先度 + 標準方式]: 最初にタスクの優先度をチェックした後で、標準方式の基準を調べます。

  5. プロジェクト終了日の遅延を回避するには、[利用可能な余裕期間内で平準化する] チェック ボックスをオンにします。

    注: このチェック ボックスをオンにすると、スケジュール全体を平準化できないことを示すエラー メッセージが表示されることがあります。スケジュールに十分な余裕期間がない場合、割り当てを再スケジュールするには余裕期間が足りないため、スケジュールを平準化できない場合があります。

  6. 複数のリソースが同じタスクに割り当てられている場合、リソースごとに平準化を実行するには、[個々の割り当てを調整できるようにする] チェック ボックスをオンにします。

  7. タスクの途中で、タスクの残存作業時間またはリソースの割り当てを分割して平準化するには、[残存作業時間を分割して平準化できるようにする] チェック ボックスをオンにします。リソースが処理できる範囲を超えて同時に複数のタスクに割り当てられている場合、残存作業時間があるタスクは分割でき、リソースのスケジュールで処理できる範囲内で作業することができます。

  8. 仮予約を含めるには、[仮予約でリソースを平準化する] チェック ボックスをオンにします。

  9. 手動でスケジュールされたタスクを平準化で変更できるようにするには、[手動でスケジュールされたタスクを平準化する] チェック ボックスをオンにします。

  10. 平準化を行う前に、前回行った平準化の結果を解除する場合は、[平準化の解除] をクリックします。

  11. 平準化を手動で実行する場合は、[すべて平準化] をクリックします。平準化を自動で実行する場合は、[OK] をクリックします。

注: 

  • 直前に行った平準化を解除するには、[元に戻す 平準化] をクリックします。平準化を元に戻さない場合は、[平準化の解除] をクリックして前回行った平準化の結果を解除することもできます。

  • 終了日を基点にプロジェクトのタスクを平準化する場合、平準化が実行されたタスクには、タスクや割り当ての終了日を基点とした負の延期期間が適用されます。このため、タスクやリソース割り当ての終了日が早まることになります。

  • 平準化によるタスクの変更を確認するには、[表示] タブの [タスク ビュー] で [ガント チャート] ボタンの下部をクリックし、[その他のビュー] をクリックします。[ガント チャート (平準化)] をクリックし、[適用] をクリックします。

ページの先頭へ

タスクの優先度を設定する

タスクの優先度を設定することで、タスクの重要度と、タスクに平準化を適用できるかどうかを指定できます。優先度は、1 ~ 1000 の範囲で設定します。この値によって平準化処理中にどの程度タスクを優先するかを指定できます。たとえば、特定のタスクを平準化しない場合は、その優先度を 1000 に設定します。既定で、優先度は 500 (中間値) に設定されています。優先度の低いタスクは優先度の高いタスクより先に延期または分割されます。

  1. [タスク名] フィールドで、優先度を変更するタスクの名前をダブルクリックし、[タスク情報] をクリックします。

  2. [全般] タブをクリックし、[優先度] ボックスで優先度を入力または選択します。

ページの先頭へ

プロジェクトの優先度を設定する

プロジェクトの優先度を設定して、プロジェクト全体に平準化を適用できるかどうかを設定できます。たとえば、リソース共有元である他のプロジェクトとリソースを共有している場合や、共有先ファイル内のタスクを平準化しない場合、その共有ファイルの優先度を 1000 に設定します。

  1. [プロジェクト] タブをクリックします。[プロパティ] で [プロジェクト情報] をクリックします。

  2. [優先度] ボックスで優先度を入力または選択します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×