プロジェクトの余裕期間を表示する

プロジェクトの余裕期間を表示する

フロートとも呼ばれる余裕期間は、別のタスクに影響を与えずにタスクを遅らせることができる期間を表します。余裕期間は、タスクをスケジュールするときにプロジェクトに対して自動的に計算されます。スケジュールが遅れる恐れがある場合、必要に応じて余裕期間をバッファー時間として使用できます。

以下の手順は Microsoft Project 2016、2013、2010 に固有のものです。

余裕期間 (フロート) について

既定および定義では、余裕期間がゼロ (0) のタスクはクリティカル タスクと見なされます。クリティカル タスクが遅れた場合は、プロジェクトの終了日も遅れます。クリティカル パスに余裕期間を組み込むには、[Project のオプション] ダイアログ ボックス ([ファイル]、[オプション] の順に選ぶ) の [計算オプション] タブで [余裕期間が指定日数以下のタスクをクリティカル タスクとする] ボックスの余裕期間の既定の設定を変更します。詳しくは、「プロジェクトのクリティカル パスを表示する」および「Project 内部でタスクがスケジュールされる方法」をご覧ください。

プロジェクトが予定どおりに完了するようにするには、余裕期間を含んでいて、クリティカル パスに含まれていないタスクを最適化します。たとえば、余裕期間を使ってタスクを遅らせるか、タスクのリソースを別のタスクに割り当ててスケジュールが遅れるのを防ぎます。

総余裕期間は正または負の数値で表示されます。余裕期間の値が負の場合、そのタスクに十分な時間がスケジュールされておらず、プロジェクトの終了日が遅れるのを防ぐには追加の時間が必要です。

Project が余裕期間を計算する方法に興味がある場合は、[開始余裕期間] フィールドと [終了余裕期間] フィールドを任意のタスク ビューに追加してください (目的のビューで [新しい列の追加] をクリックし、フィールドを選びます)。開始余裕期間は、終了日からスケジュールされたプロジェクトを平準化するときに便利です。開始余裕期間は、最早開始日と最遅開始日の差異を表します。終了余裕期間は、開始日からスケジュールされたプロジェクトを平準化するときに便利です。終了余裕期間は、最早終了日と最遅終了日の差異を表します。開始余裕期間の量と終了余裕期間の量のうちのどちらか小さい方が、余裕期間の量です。

次に、フロートと余裕期間についていくつかの注意点を示します。

ヒント

説明

強い制約に注意する

先行タスクの終了が大幅に遅れて、日付に制約のある後続タスクを指定日に開始できなくなった場合は、負の余裕期間が生じます。負の余裕期間は、プロジェクトの終了日をさらに制限します。

期限によって総余裕期間が変更される

期限は、タスクの総余裕期間に影響を与えることがあります。タスクの総余裕期間の最終日より前の日付を期限として入力すると、タスクの最遅終了日ではなく期限に基づいて、総余裕期間が再計算されます。再計算された総余裕期間が 0 になると、そのタスクはクリティカル タスクになります。

[ガント チャート (詳細)] ビューを使って余裕期間を調べる

  1. [ビュー]、[その他のビュー]、[その他のビュー] の順にクリックします。

    [その他のビュー] メニューの [その他のビュー]

  2. [ビュー] の一覧で、[ガント チャート (詳細)] をダブルクリックします。

  3. [ビュー]、[テーブル]、[スケジュール] の順にクリックします。

    [テーブル] メニューの [スケジュール]

  4. タスクをクリックします。タスクの余裕期間の値が [余裕期間] フィールドと [総余裕期間] フィールドに表示されます。

    [余裕期間] フィールドと [総余裕期間] フィールドが表示されない場合は、Tab キーを押してこれらのフィールドに移動します。

    ヒント: スケジュールの問題を解決するために、余裕期間がないフェーズから十分な余裕期間があるフェーズにタスクを移動することができます。

注: 余裕期間の値が負の場合は、スケジュールに矛盾がある可能性があります。たとえば、あるタスクと後続タスクの間に終了-開始 (FS) の依存関係が設定されているのに、後続タスクを最初のタスクの終了日よりも前に開始する必要がある場合、負の余裕期間が発生します。タスクの終了日が期限よりも後にスケジュールされている場合も、負の余裕期間が発生します。

スケジュールにバッファー時間を手動で追加する

Project に組み込みのバッファー時間があるのは便利ですが、独自のバッファー時間の追加が必要になることもあります。バッファー時間を手動で追加する方法については、次のトピックをご覧ください。

以下の手順は Microsoft Project 2007 に固有のものです。

余裕期間 (フロート) について

スケジュールの余裕期間は、他のタスクまたはプロジェクトの終了日に影響を与えずにタスクを延期できる長さを示します。スケジュールで余裕期間が発生する場所がわかっている場合、スケジュールの特定のフェーズに余裕期間がなく、他のフェーズの余裕期間が多すぎるときは、タスクを移動できます。

余裕期間は、後続処理タスクを遅らせることなくタスクを延期できる時間の長さです。タスクを延期できる余裕があるかどうかを判断するには、[余裕期間] フィールドを使います。このフィールドは、リソースがタスクを終了するために予定よりも長い時間を必要とする場合や、他のタスクにリソースを割り当てる場合などにも便利です。[余裕期間] フィールドを使って、予定よりも遅れているスケジュールを立て直す方法を決めることもできます。

総余裕期間は、プロジェクトの終了日を遅らせることなくタスクを延期できる時間の長さです。総余裕期間は正または負の数値で表示されます。プロジェクトの終了日を遅らせずにタスクを延期できる期間がある場合は、総余裕期間が正の数値になります。プロジェクトを予定どおりに終了するために作業期間を短縮する必要がある場合は、負の数値になります。負の余裕期間は、タスクに予定した期間が不十分であることを示しており、通常は制約の指定日が原因と考えられます。

既定および定義では、余裕期間が 0 のタスクはクリティカル タスクと見なされます。クリティカル タスクが遅れた場合、プロジェクトの終了日も遅れます。

[ガント チャート (詳細)] ビューを使って余裕期間を調べる

  1. [表示] メニューの [その他のビュー] をクリックします。

  2. [ビュー] の一覧で [ガント チャート (詳細)] をクリックし、[適用] をクリックします。

  3. [表示] メニューの [テーブル] をポイントし、[スケジュール] をクリックします。

    ビューのチャート部分で、余裕期間はタスクの右側に細いバーとして表示され、余裕期間の値は通常のガント バーに隣接しています。

    [余裕期間] フィールドおよび [総余裕期間] フィールドがビューのシート部分に表示されていない場合は、Tab キーを押してこれらのフィールドに移動できます。

注記: 

  • スケジュールで余裕期間が発生する場所がわかっている場合、スケジュールの特定のフェーズに余裕期間がなく、他のフェーズの余裕期間が多すぎるときは、タスクを移動できます。

  • 余裕期間の値は、スケジュールの不整合を示している場合もあります。たとえば、あるタスクと後続タスクの間に "終了-開始" 依存関係があるにも関わらず、後続タスクの "指定日に開始" 制約が最初のタスクの終了日より前の場合、余裕期間の値が負になります。負の余裕期間は、タスクが期限の日付より後に終了するようにスケジュールされている場合にも発生することがあります。

タスク フィールドを使って余裕期間 (フロート) を調べる

遅延を分析し、スケジュールで利用可能な余裕期間を見つけるには、[最早開始日]、[最早終了日]、[最遅開始日]、[最遅終了日] フィールドをタスク ビューに追加します。

[最早開始日] フィールドと [最早終了日] フィールド

最初にタスクを作成したときの最早開始日と最早終了日は、スケジュールされた開始日および終了日と同じです。タスクを先行処理タスクと後続タスクにリンクし、日付の制約を適用すると、すべての先行タスクと後続タスクもそれぞれの最早開始日に開始して最早終了日に終了する場合に、このタスクが最も早く開始および終了できる日付として、最早開始日と最早終了日が計算されます。タスクに平準化による延期期間がある場合、この延期は最早開始日と最小終了日でも考慮されます。これらの計算は、固定の期間に基づいています。

[最遅開始日] フィールドと [最遅終了日] フィールド

最初にタスクを作成したときには、その最遅終了日はプロジェクトの終了日と同じであり、その最遅開始日はプロジェクトの終了日からタスクの期間を引いた値です。タスクに先行タスクや後続タスクとのリンクを設定したり、その他の制約を適用したりすると、すべての先行タスクと後続タスクが同じように最遅開始日に開始され最遅終了日に終了すると仮定して、そのタスクを最も遅く開始できる日が最遅開始日として自動的に計算されます。

同様に、最遅終了日は、すべての先行タスクと後続タスクもそれぞれの最遅開始日に開始して最遅終了日に終了した場合に、このタスクが最も遅く終了できる日付として計算されます。後続タスクに平準化による延期期間がある場合は、その延期も考慮に入れて [最遅開始日] フィールドと [最遅終了日] フィールドの日付が計算されます。これらの計算は、固定の期間に基づいています。

期限を使って余裕期間 (フロート) を作成する

Microsoft Office Project 2007 では、タスクの期限を設定できます。期限は、タスクの最遅終了日、終了日基点の計算、および総余裕期間の計算に影響します。

期限は通常タスクの最遅終了日を設定し、そのために終了日基点の計算に影響します。次の場合はこのルールの例外です。

  • タスクに "指定日に開始" (MSO) または "指定日に終了" (MFO) 制約も適用されていて、制約日を遵守することを選んである場合は、最遅終了日は最早終了日と同じになります。

  • 最遅開始日から間隔を引いた値がタスクの後続タスクのいずれかの期限より前になる場合、最遅終了日は、その後続タスクの最遅開始日から間隔を引いた値と等しくなります。

  • タスクに "指定日までに開始" (SNLT) または "指定日までに終了" (FNLT) 制約も適用されている場合、最遅終了日は、最早終了日、期限、後続タスクの最遅開始日フィールドから間隔を引いた値のうち、最も早い日付になります。

期限があるタスクに対する他のタスク制約も、最遅開始日または最早開始日に影響する可能性があります。たとえば、タスクの最遅開始日に間隔を加えた日付が、最遅終了日と等しくならない場合があります。

"できるだけ遅く" (ALAP) 制約のあるタスクは、通常は期限に終了しますが、先行タスクのためにその期限を超える可能性があります。その場合、Office Project 2007 には期限違反のインジケーターが表示されます。

終了日を基点にプロジェクトをスケジュールすると、期限はタスクの最遅終了日にも影響します。タスクは通常は期限日に終了するようにスケジュールされますが、たとえば、MSO 制約のある先行タスクのためにその期限を超えてしまい、Office Project 2007 に期限違反インジケーターが表示されることがあります。

プロジェクトの平準化のために余裕期間 (フロート) を確認する

余裕期間の計算方法を確認するときは、タスク ビューに [開始余裕期間] フィールドと [終了余裕期間] フィールドを挿入します。

[開始余裕期間] フィールドには、最早開始日と最遅開始日の差異を表す期間が表示されます。[最遅余裕期間] フィールドには、最早終了日と最遅終了日の差異を表す期間が表示されます。開始余裕期間と終了余裕期間のうち小さい方によって、使用可能な余裕期間、つまり後続タスクの開始日に影響を与えることなくタスクを延期できる期間が決まります。

タスクに実際の日数開始日と期限がある場合、開始余裕期間は 0 になり、終了余裕期間はタスクの終了日と期限日の差になります。

開始余裕期間は、終了日からスケジュールされたプロジェクトを平準化するときに便利です。終了余裕期間は、開始日からスケジュールされたプロジェクトを平準化するときに便利です。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×