プロジェクトのローカル キャッシュを調整する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Project Professional 2007 では、ローカル キャッシュを使用することにより、ローカルに保存されたプロジェクトで作業する場合と同様の操作性が実現され、保存および開く操作は以前のバージョンよりもずっと高速になっています。キャッシュのサイズと場所は調整が可能で、特定のプロジェクトをキャッシュから削除することもできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ローカル キャッシュについて

キャッシュの状態を確認する

キャッシュの設定を調整する

キャッシュからプロジェクトを削除する

ローカル キャッシュについて

ローカル キャッシュは、プロジェクトのローカル バージョンを Project Server に保存されているバージョンと同期することにより、作業の効率を上げるのに役立つ機能です。

プロジェクトをチェックアウトすると、プロジェクトのサーバー バージョンに加えられた変更を反映して、ローカル バージョンが更新されます。チェックアウトしたプロジェクトに加えた変更は、プロジェクトのローカル バージョンに保存されます。

プロジェクトを再び Project Server にチェックインすると、そのプロジェクトをチェックアウトしていた間に行った変更だけが、プロジェクトのサーバー バージョンに同期されます。

チェックアウトしたプロジェクトで作業していると、ときどき、プロジェクトを再度チェックインせずに Project Server に保存する必要が生じることがあります。プロジェクトを保存すると、チェックイン処理が行われるときと同じように変更が同期されます。プロジェクトを保存した後は、変更をサーバーに同期している最中でも、プロジェクトでの作業を続行することができます。ローカル キャッシュの処理はバックグラウンドで実行されます。プロジェクト ウィンドウの下部には、完了した同期の割合とプロジェクトが同期されるまでの予想時間を示すメッセージが表示されます。

注: 

  • プロジェクトのキャッシュが共有ネットワークの場所に保存されている場合、同期の問題が発生しないように、その場所への高速接続が存在することを確認してください。

  • ローカル キャッシュの現在のプロジェクト情報が、サーバーと同期されていない場合は、どのプロジェクトを開いているかに関係なく、Project ウィンドウの下部に ボタンの画像 というマークが表示されます。ローカル キャッシュとサーバーと同期できなくなる状況としては、複数の同期ジョブがキュー内で処理を待機している場合は、サーバーへの接続が一時的に失われている場合、または同期ジョブが失敗した場合などが挙げられます。

  • 既定では、現在 Windows にログオンしているユーザーのプロファイルにローカル キャッシュが作成され、そのユーザーだけがそのローカル キャッシュにアクセスできます。共有コンピュータにあるキャッシュされた Project ファイルのセキュリティを維持するには、各ユーザーが別個に Windows にログオンする必要があります。共有コンピュータで、複数のユーザーが 1 つの Windows アカウントを使用している場合 (たとえば、組織でユーザーごとに個々の Project Server アカウントを使用している場合など)、キャッシュされた Project ファイルのセキュリティは、Project Server に接続しているときだけ維持されます。オフラインで作業する場合は、共有の Windows アカウントを使用してログオンしているどのユーザーも、キャッシュされた Project ファイルを表示したり、変更したりすることができます。

ページの先頭へ

キャッシュの状態を確認する

Project Server へのプロジェクトのチェックインや変更の保存など、最近のキャッシュの使用状況は、[アクティブ キャッシュの状態] ダイアログ ボックスで確認できます。プロジェクトと Project Server との同期をとるときにエラーが発生した場合は、それらのエラー メッセージも [アクティブ キャッシュの状態] ダイアログ ボックスで確認できます。

  1. [ツール] メニューの [プロジェクトのローカル キャッシュ] をポイントし、[状態の表示] をクリックします。

  2. [状態] タブで、キャッシュに対する各処理が実行された日付と時刻、その処理の状態など、最近のキャッシュの使用状況を確認します。

  3. [エラー] タブで、プロジェクトと Project Server との同期中に発生したエラーを確認します。

    注: [エラー] タブに表示されているエラーの詳細については、サーバー管理者に問い合わせてください。

ページの先頭へ

キャッシュの設定を調整する

  1. [ツール] メニューの [プロジェクトのローカル キャッシュ] をポイントし、[キャッシュの設定] をクリックします。

  2. [キャッシュ サイズ制限] ボックスに、ハード ドライブ上に確保するキャッシュの最大容量を MB 単位で入力します。

  3. [キャッシュの場所] ボックスに、キャッシュに使用する場所のパスを入力します。

    ヒント: [参照] をクリックしてキャッシュの場所を指定することもできます。

ページの先頭へ

キャッシュからプロジェクトを削除する

キャッシュからプロジェクトを削除すると、[ファイルを開く] ダイアログ ボックスに表示されるプロジェクトの数を減らしたり、キャッシュ サイズの制限値に近づいてきた場合にメモリの使用量を減らしたりするのに役立つ可能性があります。

  1. [ツール] メニューの [プロジェクトのローカル キャッシュ] をポイントし、[キャッシュのクリーン アップ] をクリックします。

  2. [キャッシュからのプロジェクトの削除] で、[プロジェクト フィルタ] ボックスの一覧の [自分がチェックアウトしていないプロジェクト] または [自分がチェックアウトしたプロジェクト] をクリックして、該当するプロジェクトをグリッドに表示します。

  3. グリッドに表示されているプロジェクトのうち、キャッシュから削除するプロジェクトをクリックし、[キャッシュから削除] をクリックします。

    一覧で連続していない複数のプロジェクトを選択するには、Ctrl キーを押しながらそれぞれのタスクをクリックします。一覧で連続している複数のプロジェクトを選択するには、最初のタスクをクリックし、Shift キーを押しながら最後のタスクをクリックすると、連続したタスク全体が選択されます。

    ヒント: [キャッシュの詳細] ボックスには、キャッシュ サイズの制限などのキャッシュ サイズに関する情報が表示され、[キャッシュのクリーンアップ] ダイアログ ボックスを開くとキャッシュ サイズの合計も表示されます。[キャッシュからのプロジェクトの削除] の [サイズ] 列には、各プロジェクトのサイズが個別に表示されます。複数のタスクを選択した場合は、選択したプロジェクトの合計サイズが [選択したプロジェクトの合計サイズ] の横に表示されます。この合計サイズを参考にすると、キャッシュから十分な容量が削除されるかどうかを確認できます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×