プロジェクトのローカル キャッシュを調整する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Project では、ローカル キャッシュを使用して、プロジェクトで作業する場合に、ローカルに保存された、以前のバージョンで、[保存して開く操作よりも高速を行うことができるようにします。 キャッシュ サイズと位置を調整し、キャッシュから削除するのには、特定のプロジェクトを選択できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ローカル キャッシュを詳細します。

キャッシュの状態を表示します。

キャッシュの設定を調整します。

キャッシュからプロジェクトを削除します。

ローカル キャッシュを詳細します。

ローカル キャッシュを使用して、プロジェクトのローカルのバージョンを Project Server に保存されているバージョンと同期することでより効率的に操作できます。

プロジェクトをチェックすると、サーバー バージョンに加えられた変更のローカルのバージョンが更新されます。 チェック アウトしたプロジェクトに変更すると、それらの変更は、プロジェクトのローカル バージョンに保存されます。

プロジェクトのチェックイン時に戻り、Project Server にプロジェクトがチェック アウトされている間に行われた変更のみ同期サーバー バージョンのプロジェクトにします。

使用中は、チェック アウトしたプロジェクトで、場合によってはことを確認せずにプロジェクトを Project Server に保存でバックアップします。 プロジェクトを保存すると、チェックイン、プロセスのような変更を同期します。 プロジェクトを保存して、変更をサーバーと同期中に、プロジェクトで作業を続行できます。 ローカル キャッシュは、バック グラウンドで動作します。 同期が完了すると、達成率を示す、Project ウィンドウと、プロジェクトの前にどのくらい時間が同期されているの下部にメッセージを表示します。

注: 

  • プロジェクトのキャッシュは共有ネットワークの場所に保存されている場合は、高速な接続の同期の問題を回避するには、その場所にいることを確認します。

  • ローカル キャッシュにプロジェクトの情報がサーバーに現在同期されていない場合は、プロジェクトを開くかに関係なく、Project ウィンドウの下部にあるインジケーターの ボタンの画像 が表示されます。 ローカル キャッシュは、サーバーへの接続が中断された場合、処理、複数の同期ジョブがキューいる場合、または同期ジョブが失敗した場合にサーバーと同期になる可能性があります。

  • 既定では、Windows にログオンしている現在のユーザーのプロファイルにローカル キャッシュを作成し、そのユーザーのみがアクセスできます。 共有コンピューター上のキャッシュされたプロジェクト ファイルのセキュリティを維持するには、各ユーザーは Windows に個別にログオンする必要があります。 複数のユーザー (たとえば、ユーザーごとに個別の Project Server アカウントがある場合) の共有コンピューター上の 1 つの Windows アカウントを使用する場合キャッシュのプロジェクト ファイルのセキュリティが Project Server に接続されている場合にのみ維持されます。 オフラインで作業している場合、共有の Windows アカウントを使用してログオンするすべてのユーザーは表示し、キャッシュのプロジェクト ファイルを変更できます。

ページの先頭へ

キャッシュの状態を表示します。

アクティブ キャッシュの状態] ダイアログ ボックスで、[Project Server に変更を保存するか、プロジェクトのチェックインなど、最近使用したキャッシュ アクティビティを表示することができます。 Project Server にプロジェクトを同期するときにエラーが発生する場合にもアクティブ キャッシュの状態] ダイアログ ボックスでこれらのエラー メッセージを表示できます。

  1. [ツール] メニューは、プロジェクトのローカル キャッシュ] をポイントし、[状態の表示] をクリックします。

  2. [状態] タブなどの日付と時刻を各アクティビティが発生した場合、最近使用したキャッシュ アクティビティとアクティビティの状態を確認します。

  3. [エラー ] タブには、Project Server にプロジェクトの同期中に受信したすべてのエラーを確認します。

    注: [エラー ] タブに表示されるエラーの詳細については、サーバー管理者に問い合わせてください。

ページの先頭へ

キャッシュの設定を調整します。

  1. [ツール] メニューは、プロジェクトのローカル キャッシュ] をポイントし、[キャッシュの設定] をクリックします。

  2. キャッシュ サイズの制限] ボックスに、最大メモリの量をメガバイト単位で、キャッシュをハード ドライブに配置することを入力します。

  3. キャッシュの場所] ボックスで、キャッシュに使用する目的の場所へのパスを入力します。

    ヒント: キャッシュの場所に移動する参照をクリックすることもできます。

ページの先頭へ

キャッシュからプロジェクトを削除します。

キャッシュからプロジェクトを削除すると、プロジェクトやメモリ キャッシュ サイズ制限に近づいたときに使用量を減らすために、[開く] ダイアログ ボックスでの数を減らすために役に立つことができます。

  1. [ツール] メニューは、プロジェクトのローカル キャッシュ] をポイントし、[キャッシュのクリーンアップ] をクリックします。

  2. キャッシュからプロジェクトを削除する] セクションで、プロジェクトのフィルターリストには、グリッドに対応するプロジェクトの一覧を表示するプロジェクトいないユーザーにチェック アウトまたはプロジェクトがチェック アウトしてをクリックします。

  3. キャッシュから削除するグリッドで、プロジェクトをクリックし、[キャッシュから削除] をクリックします。

    連続して表示されていない複数のプロジェクトを選択するには、CTRL キーを押しながら各タスクをクリックします。 連続して表示されている複数のタスクを選ぶには、最初のタスク] をクリックし、[shift キーを押しし、タスクの一連の予定全体を選択するには、最後のタスクをクリックします。

    ヒント: [キャッシュの詳細] ボックスには、キャッシュのクリーンアップ] ダイアログ ボックスで、およびキャッシュ サイズの制限を開くときに、キャッシュ サイズの合計を含め、キャッシュ サイズについての情報が表示されます。 [サイズ] 列、キャッシュからプロジェクトを削除する] セクションで、個別に表示されます各プロジェクトのサイズ。 選択したプロジェクトの合計サイズの横にある複数のタスクを選択すると、選択したプロジェクトの合計サイズが表示されます。 これらの合計サイズを使用すると、十分な領域のニーズに合わせてキャッシュをクリアしているかどうかを判断します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×