プロジェクトのリソースを切り替える

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

リソースの切り替えウィザードを使用すると、1 つのリソースを他のリソースに置き換えることができます。

この記事の内容

リソースの切り替えの概要

リソースの切り替えを準備します。

リソースの切り替え

リソースの切り替えの概要

リソースの切り替えウィザードを使用すると、割り当ておよびエンタープライズ リソースまたはエンタープライズ リソース共有元] で、リソースのスキル、プロジェクトのタスクに必要なスキルに基づいて、1 つまたは複数のプロジェクトの標準リソースを置換して、これらのリソースの利用できます。このウィザードを使用して、プロジェクトのグループ (ポートフォリオ) 間でリソースの割り当ての効果を分析することもできます。

リソースの切り替えウィザードを使用すると、次の操作を実行できます。

  • 標準リソースを時間単価型リソースに置き換えます。

  • 既存のリソースをプロジェクトのポートフォリオの間でリソースの割り当てを最適化するために他のリソースに置き換えます。

  • 利用可能な修飾のリソースを検索し、タスクに割り当てます。

ページの先頭へ

リソースの切り替えを準備します。

リソースの切り替えウィザードを実行する前に、リソース スキルに組織用に設定されているし、これらのスキルをスキル コードを確認し、必要に応じてが自動的に割り当てのタスクにリソース ブレーク ダウン rbs 値を適用することを確認します。必要なスキルに基づいて、タスクにリソース。

リソースのスキルをリソースに適用されたことを確認します。

リソースの切り替えウィザードを実行する前に、 サーバー管理者Microsoft Office Project Server 2007で、次の作業が完了したことを確認します。

  • エンタープライズ リソース共有元を作成します。

  • リソースのスキルのエンタープライズ リソース カスタムフィールドを定義します。多くの場合このスキルに基づくユーザー設定フィールドには、組織の RBS コードが含まれています。エンタープライズ リソース フィールドは、 エンタープライズ グローバル テンプレートに作成されます。

  • エンタープライズ リソース アウトライン コードを使用して、適切なスキルを割り当てられています。これらの割り当てを起動して [エンタープライズ リソース共有元を使用してリソースを変更またはOffice Project Server 2007で直接行われます。

リソースのスキル コードを確認します。

プロジェクトでリソースを置換する、リソースのスキルを識別することを確認します。

  1. [表示] メニューの [リソース シート] をクリックします。

  2. [表示] メニューで、テーブル] をポイントし、[エントリの (またはその他のテーブルを)] をクリックします。

  3. 定義済みのスキル フィールドまたは [rbs] フィールドの列を挿入する位置の右側にある列をクリックします。

  4. [挿入] メニューの [] をクリックします。

  5. フィールド名] ボックスの一覧で、定義済みのスキル フィールドまたは [rbs] フィールドをクリックします。

    必要に応じて、ユーザー設定フィールドとスキルの名前は、そのコードについては、サーバー管理者に問い合わせてチェックがセットアップします。リソースの一覧を確認し、各リソースにスキル コードの入力があることを確認、特に標準リソースおよび置換するその他のリソースのします。

割り当てのコードを入力します。

リソースの切り替えウィザードを使用して、プロジェクトのタスクのスタッフしたい場合は、タスク配分状況] ビューを使用してプロジェクトのタスクに RBS コードを追加します。リソースの切り替えウィザードは、プロジェクトにリソースを追加し、自動的に適切なタスクに割り当てることがことができます。

  1. プロジェクトの [表示] メニューで、[タスク配分状況] または [リソース配分状況]をクリックします。

  2. [表示] メニューで、テーブル] をポイントし、[エントリの (またはその他のテーブルを)] をクリックします。

  3. 定義済みのスキル フィールドまたは [rbs] フィールドの列を挿入する位置の右側にある列をクリックします。

  4. [挿入] メニューの [] をクリックします。

  5. フィールド名] ボックスの一覧で、定義済みのスキル フィールドまたは [rbs] フィールドの名前をクリックします。

    必要に応じて、ユーザー設定フィールドとスキルの名前は、そのコードについては、サーバー管理者に問い合わせてチェックがセットアップします。

  6. 各スタッフにリソースの切り替えウィザードを割り当て、適切なスキルまたは RBS コードを入力します。

スキルまたは RBS コードを追加すると、リソースの切り替えウィザードを実行することができます。ウィザードが実行されると、それらのタスクに特定のタスクに必要なスキルに一致するリソースが自動的に割り当てられます。

ページの先頭へ

リソースの切り替え

  1. リソースの切り替えたいエンタープライズ プロジェクトを開きます。

  2. [ツール] メニューの [リソースの切り替え] をクリックします。

  3. [プロジェクトのウィザードのページで、エンタープライズ プロジェクトやリソースの切り替えウィザードを配置するのには、プロジェクトを選択します。

    記載されているエンタープライズ プロジェクトは現在開かれています。

  4. [次へ] をクリックします。

  5. [リソースの選択] ページで、複数のプロジェクトにリソースを置換するのには、選択したプロジェクトのオプションを選択します。

    前の[プロジェクトのページ上の複数のプロジェクトを選択した場合は、このオプションを選択します。

  6. リソースを手動で選択するには、次の指定] をクリックし、[を表示して選ぶエンタープライズ リソースの追加] をクリックします。

    1. リソースの切り替えの作成元のダイアログ ボックスでは、左側にある [エンタープライズ リソース] テーブルでリソースを選択し、[追加] をクリックします。

      リソースは、右にある[プロジェクトのリソースのテーブルに追加されます。

      ヒント: 既存のフィルターリストで、リソースの特定の種類のみを表示するように適用するフィルター ] をクリックします。エンタープライズ リソースのフィルター処理したリストは、エンタープライズ リソース] 列に表示されます。プロジェクト チームに既に割り当てられているリソースは、プロジェクトのリソース] の列に表示されます。

    2. リソースのウィザードのページに戻るには、 [ok]をクリックします。

      プロジェクトのリソースの表に記載されているリソースは、リソースの選択] ページのテーブルに追加されます。

  7. [リソースの選択] ページで、テーブルから選択したリソースを削除するには、リソースを選択し、し、[削除] をクリックします。

    以下に指定オプションを選択し、構築しているリソースの切り替えに使用するリソースの一覧の細かい設定場合に、これを実行します。

  8. 場合は、リソースの切り替えウィザードを割り当てるには、既にコミットするだけでなく仮予約、タスクに割り当てられる仮予約の種類にリソースを許可する] チェック ボックスを選択します。

  9. リソースの切り替えウィザードの特定の日以後に開始されるタスクだけのリソースを置換する場合は、リソース割り当ての基準をでその日付を入力します。

    既定では、リソース割り当ての基準をが現在の日付に設定します。これは、機能は、する短期的で行ったように、割り当てを保持するが、割り当ての月数または年数を事前にスタッフに、ウィザードを使用する場合に便利です。

  10. [次へ] をクリックします。

  11. [関連プロジェクトのページで、関連するプロジェクトを確認します。

    これらのプロジェクトでは、プロジェクト間のリンクまたは、選択したプロジェクトとリソース共有元のリレーションシップがあります。このページでプロジェクトを選択する場合、そのプロジェクトは、リソースの切り替えを使用してリソースを再配分するプロジェクトに追加されます。

    注: 関連するプロジェクトを選択するかどうか、ウィザード常を考慮する関連プロジェクトのリソースの割り当てと、そのリソースの残存余力を計算します。

  12. [次へ] をクリックします。

  13. スケジュール設定オプションの選択]ページで、各プロジェクトのリソースの切り替え] が選択されているがオンにします。プロジェクトにリソースの優先度を指定します。

  14. オプション] 列で使用する必要があるリソースのグループを指定する: プロジェクトやリソースの選択] ページに指定されているエンタープライズ リソース共有元のします。

  15. [次へ] をクリックします。

  16. [リソースの切り替え] ページで設定した内容の概要を確認します。何も変更する場合は、適切なページに移動する [戻る] ボタンをクリックします。プロジェクトのプロジェクトのリソースを検索する準備ができたら、[実行] をクリックします。

  17. [結果の確認] ページには、リソースの切り替え処理の結果を確認します。

    このページでは、割り当てとリソースのスキル プロファイルに基づいて、その割り当てが見つかりませんでしたがの両方が表示されます。割り当ては変更されません。 この時点で実際には提案された結果だけです。

  18. [次へ] をクリックします。

  19. [更新オプションの選択]ページで、ウィザードの結果に基づいた、プロジェクトを更新するかどうかを指定します。

    または、ウィザードの設定と結果を後で使用するためにファイルを保存することができます。これを行う場合、結果を適用するまで、プロジェクトは更新されません。

  20. [次へ] をクリックします。

  21. [完了] ページで、[推奨事項を確認し、[完了] をクリックします。

  22. 完了すると、ウィザードを閉じて、[タスク配分状況] ビュー、[リソース配分状況] ビュー、またはリソース シート] ビューを使用して、[割り当てを確認します。[リソース シート] ビューの代替のリソース情報を確認することもできます。変更の内容に満足する場合は、ように永続的なプロジェクトを保存しています。変更を破棄するには、保存せずにプロジェクトを閉じるまたは別の名前を付けて保存] を使ってファイルを保存します。

    ヒント: 完了して、ウィザードを閉じて後、は、プロジェクト平準化を検討してください。これにより、リソースの割り当てと、プロジェクトの終了日の両方のウィザードのリソースの割り当ての影響を確認することができます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×