プロジェクトのライフ サイクルのフェーズとステージを定義する

プロジェクトのライフ サイクルを定義するには、3 つの手順を実行します。最初に、フェーズを作成する必要があります。次に、それらのフェーズ内にステージを作成します。最後に、作成したフェーズとステージをエンド ツー エンドのワークフローとして接続します。Project Web App では、サイト管理者がフェーズおよびステージを作成します。

この記事の内容

フェーズを作成する

ステージを作成する

ワークフローを作成する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

フェーズを作成する

  1. サイド リンク バーの [サーバー設定] をクリックします。

  2. [ワークフローおよびプロジェクト詳細ページ] で [ワークフローのフェーズ] をクリックします。

  3. [新しいフェーズ] をクリックします。

  4. [名前] ボックスと [説明] ボックスに入力して、[保存] をクリックします。

ページの先頭へ

ステージを作成する

  1. サイド リンク バーの [サーバー設定] をクリックします。

  2. [ワークフローおよびプロジェクト詳細ページ] で [ワークフローのステージ] をクリックします。

  3. [新しいステージ] をクリックします。

  4. 作成するステージに関する情報を入力します。

  5. [ワークフロー ステージの名前と説明の入力] セクションで、該当のボックスにステージの名前と説明を入力します。

  6. [提出/送信の説明] セクションで、ワークフローのこのステージでユーザーが提案を提出するときに表示される説明を入力します。

  7. [ワークフローのフェーズ] セクションで、このステージに対応するフェーズを選択します。

  8. [ステージ状態プロジェクト詳細ページ] セクションで、プロジェクトがこのステージに入るときに表示されるページを選択します。

  9. [可視のプロジェクト詳細ページ] セクションで、このステージに含めるプロジェクト詳細ページを [使用可能なプロジェクト詳細ページ] ボックスで選択し、[追加] をクリックして、そのプロジェクト詳細ページを [選択したプロジェクト詳細ページ] ボックスに移動します。これらのページは、[選択したプロジェクト詳細ページ] ボックスに表示されている順番で表示されます。一覧の順序を変更するには、ページを選択して [上へ] または [下へ] をクリックします。

  10. [可視のプロジェクト詳細ページの詳細設定] セクションで、[可視のプロジェクト詳細ページ] セクションの [選択したプロジェクト詳細ページ] ボックスで現在選択されているページの説明を入力します。必要に応じて、一覧の各ページをクリックして、[可視のプロジェクト詳細ページの詳細設定] セクションで説明を入力します。

  11. [選択したプロジェクト詳細ページ] ボックスに表示されているページのいずれかでユーザーによる操作が必要な場合は、[可視のプロジェクト詳細ページの詳細設定] セクションで、そのページを選択して、[プロジェクト詳細ページに注意する必要がある] チェック ボックスをオンにします。

  12. [必須のユーザー設定フィールド] セクションの [ユーザー設定フィールドの選択] ボックスで、このステージに必要なユーザー設定フィールドを選択し、[追加] をクリックして、選択したフィールドを右側のボックスに移動します。

    注:  このステージに必要なユーザー設定フィールドは、[可視のプロジェクト詳細ページ] セクションで選択したプロジェクト詳細ページの少なくとも 1 つに表示されるようにしてください。表示されていないユーザー設定フィールドを必要とした場合、プロジェクトは、ワークフロー内のこのステージ以降を続行できなくなります。

  13. [読み取り専用のユーザー設定フィールド] セクションの [ユーザー設定フィールドの選択] ボックスで、このステージに対して読み取り専用にするフィールドを選択し、[追加] をクリックして、選択したフィールドを右側のボックスに移動します。

  14. [戦略的影響を与える動作] セクションで、このステージに対して戦略的影響を与える値を [読み取り専用]、[編集可能]、または [必須] のどれにするかを選択します。

  15. このワークフローの次のステージに移動する前に、ユーザーがこのステージ中にプロジェクトにチェックインすることを要求する場合は、[プロジェクトのチェックインの必要性] セクションで [プロジェクトのチェックインを必須にする] チェック ボックスをオンにします。

  16. [保存] をクリックして、選択したフェーズにこのステージを追加します。

ページの先頭へ

ワークフローを作成する

次に、定義したステージのワークフローを決定します。ワークフローのロジックは、Visual Studio の内部で作成されているため、サーバー管理者が実行する必要があります。この手順の詳細については、Project SDK を参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×