プロジェクトに対する変更を元に戻す

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Project 2007 は複数レベルの取り消し操作に対応しており、いくつかの変更を行った後で、プロジェクトplanの状態を変更前に戻すことができます。

この記事の内容

[元に戻すし、変更をやり直す

元に戻すレベルの数を変更します。

元に戻すとすることはできません。

変更を元に戻す、やり直す

元に戻すし、最後の最後のコマンドを元に戻す ボタンの画像 または最後のコマンドをやり直す ボタンの画像 をクリックするだけで行った変更をやり直すことができます。

リストの [元に戻す以前のバージョンでは、最後のコマンドを元に戻す ボタンの画像 ] の横にある矢印をクリックし、[変更] をクリックして、いくつかの手順が加えた変更を元に戻すには、します。変更を元に戻す場合は、後に行ったすべての変更を取り消します。

元に戻す後に変更をやり直すには、複数の変更は最後のコマンドをやり直す ボタンの画像 ] の横にある矢印をクリックし、一覧でやり直す変更] をクリックします。変更をやり直す場合は、その前に行ったすべての変更をやり直します。

ページの先頭へ

取り消し可能回数を変更する

取り消し可能な回数を増やす必要がある場合は、この設定値を大きくすることができます。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックし、次に [オプション] ダイアログ ボックスで [全般] タブをクリックします。

  2. [取り消し可能回数] ボックスに、使用する取り消し可能回数を入力します。

ページの先頭へ

元に戻すことができない操作

次の操作を行った後は、元に戻すことのできる変更の一覧がクリアされます。

  • [構成内容の変更] での変更 (Project の要素の名前の変更、削除、コピー、移動など)

  • 挿入したサブプロジェクトを削除します。

  • プロジェクトの保存

  • Project Server へのプロジェクトの発行

  • 開いているプロジェクトが 1 つしかない場合、そのプロジェクトを閉じる操作

  • 開いている多くのプロジェクトのうち、開いている別のプロジェクトへのプロジェクト間リンクが含まれているプロジェクトを閉じる操作

  • ユーザー設定フィールドのプロパティの変更 (名前の変更、削除、作成、コピー、関連リストまたはその他のデータへのリンクの変更など)

  • エンタープライズ プロジェクトのオープン

  • Project Server からのリソースの追加

  • Project Server からプロジェクトへの別のプロジェクトの挿入

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×