プロジェクトにリソースを追加する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

リソースは通常、タスクに割り当てられているかどうかにかかわらず、プロジェクト計画に含まれるユーザーです。ただし、リソースには、プロジェクトを完了するために使用されるものも含めることができます (たとえば、セメントや web サーバーなど)。

プロジェクトには、いくつかの種類のリソースを追加できます。

  • エンタープライズリソース    エンタープライズリソースは、組織全体のリソースの一覧に含まれています。したがって、これらの各リソースは複数のプロジェクト間で共有できます。通常、エンタープライズリソースのリストは管理者によって管理されるため、各プロジェクトマネージャーは必要に応じてプロジェクトにこれらのリソースを追加します。

  • エンタープライズ リソース以外のリソース    エンタープライズ リソース以外のリソース、つまりローカル リソースは、組織全体のリソースのリストに含まれません。他のプロジェクトの管理者は、エンタープライズ リソース以外のリソースを自身のプロジェクトで使用することはできません。

  • 標準リソース    標準リソースは、大工と開発業者、人材チームなど、プロジェクトのスタッフ要件の指定に使用します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

プロジェクトにリソースを追加する

プロジェクトにエンタープライズ リソースを追加する (Project Professional のみ)

プロジェクトに標準エンタープライズ リソースを追加する (Project Professional のみ)

プロジェクトにエンタープライズ リソース以外の標準リソースを追加する (Project Professional のみ)

プロジェクトにリソースを追加する

  1. [表示] タブの [リソースビュー ] グループで、[リソースシート] を選びます。

    (Project 2007 で、[表示]、[リソースシート] の順に選択し、[表示]、[テーブル]、[入力] を選びます。

  2. [リソース名] フィールドに、役職、品目、または汎用リソース名を入力します。

  3. リソース グループを指定する場合は、リソース名の [グループ] フィールドにグループ名を入力します。

  4. リソースの種類を指定します。

    • このリソースが時間単価型リソースであることを指定するには、[種類] フィールドで [作業] を選びます。

    • このリソースが数量単価型リソースであることを指定するには、[種類] フィールドで [マテリアル] を選びます。[数量単価型ラベル] フィールドに、リソースのラベル (ヤードトンボックスなど) を入力します。

    • このリソースをコストリソースとして指定するには、[種類] フィールドで [コスト] を選びます。

  5. リソースの [最大単位数] フィールドで、このプロジェクトでこのリソースが利用可能な単位数の合計を入力します。最大単位数は、このリソースがプロジェクトでどの程度利用可能であるかをパートタイムや倍数などで指定します。

    たとえば、週に 2 日プロジェクトでリソースを利用できる場合、最大単位数に「40%」と入力します。最大単位数を使用して、リソースの利用の可否を倍数で指定できます。たとえば、チーム内の 3 名のエンジニアを表す "エンジニア" という名前の単一リソースを利用できるとします。エンジニアの最大単位数に「300%」と入力すると、エンジニア リソースを割り当て超過にすることなく、3 名のエンジニア全員に対するフルタイムの作業スケジュールを一度に作成できます。

    最大単位数は、パーセント値 (50%100%300%) または数値 (0.513) で指定します。

    注: 

    • 予算リソースを作成するには、リソースを選び、リソース名を右クリックして、[情報] を選びます。[予算] チェックボックスをオンにします。

    • 作業リソースと関連情報を追加するには、 MAPIのメールアドレス帳、Active Directory、または Microsoft Project Server を使用します。[リソース] タブの [挿入] グループで、[リソースの追加] を選択し、[エンタープライズからチームを作成] (Project Professional のみ)、[ Active Directory]、または [アドレス帳] を選びます。(project 2007 で、[挿入]、[新しいリソースから] の順に選び、[アドレス帳]、[ Active Directory]、または [ project Server] を選びます。

ページの先頭へ

プロジェクトにエンタープライズ リソースを追加する (Project Professional のみ)

  1. [リソース] タブの [挿入] グループで、[リソースの追加]、[エンタープライズからチームを作成] の順に選びます。

    (Project 2007 で、[ツール]、[エンタープライズからチームを作成] の順に選びます。

  2. [エンタープライズからチームを作成] ダイアログボックスの [既存のフィルター ] ボックスで、適用するフィルターを選びます。エンタープライズリソースのフィルター処理されたリストは、[エンタープライズリソース] 列に示されています。プロジェクトチームに既に割り当てられているリソースは、[プロジェクトリソース] 列に一覧表示されます。

  3. ある期間に一定時間以上作業できるリソースを検索するには、[作業可能時間] チェック ボックスをオンにします。リソースの作業時間を入力して、[開始] と [終了] ボックスで日付の範囲を指定します。

  4. [エンタープライズリソース] 列で、プロジェクトに追加するエンタープライズリソースを選び、[追加] を選びます。複数のリソースを選択するには、ctrl キーを押しながら各リソースを選択します。

    • チームの既存のリソースのスキルやその他の属性に一致するエンタープライズリソースを見つけるには、[プロジェクトリソース] で一致するリソースを選び、[一致] を選びます。

    • 既存のリソースをエンタープライズリソースに置き換えるには、[プロジェクトリソース] 列で、置き換えるリソースまたは汎用リソースを選びます。[エンタープライズリソース] で、新しいエンタープライズリソースを選び、[置換] を選びます。

      リソースを置換する場合、置き換えられるリソースが実績作業時間を完了していると、そのリソースは削除されず、置き換え後のリソースに元の割り当ての残存作業時間が割り当てられます。

  5. プロジェクトチームに仮予約を追加するには、[ Book ] 列で、[提案済み] を選びます。

  6. 選択したリソースの利用の可否のグラフを表示するには、[グラフ] を選びます。

  7. [OK] を選びます。

注: 

  • プロジェクトにエンタープライズ リソースを追加すると、プロジェクトのタスクにそのリソースを割り当てることができますが、支払い単価や利用可能時期などのリソースの属性を変更することはできません。

  • 利用可能なエンタープライズ リソースのリストにリソースを追加する場合は、追加するリソースをインポートする必要があります。

ページの先頭へ

プロジェクトに標準エンタープライズ リソースを追加する (Project Professional のみ)

  1. [リソース] タブの [挿入] グループで、[リソースの追加]、[エンタープライズからチームを作成] の順に選びます。

    (Project 2007 で、[ツール]、[エンタープライズからチームを作成] の順に選びます。

    エンタープライズ リソースが 1,000 を超える場合、エンタープライズ アウトライン コードを使用してリソースのリストにフィルタをかけることができます。アウトライン コードは、組織の要件に基づいて定義します。

  2. [チームの作成] ダイアログボックスで、[ ボタンの画像 ] を選択して [フィルターのカスタマイズ] を展開します。

  3. [フィルターのカスタマイズ] で、[フィールド名] 列の [標準] を選択し、[テスト] 列で [ Equals ] を選び、[] 列に「はい」と入力します。

  4. [フィルターの適用] を選択して、エンタープライズリソースの一覧にフィルターの設定を適用します。

  5. ある期間に一定時間以上作業できるリソースを検索するには、[作業可能時間] チェック ボックスをオンにします。リソースの作業時間を入力して、[開始] と [終了] ボックスで日付の範囲を指定します。

  6. [エンタープライズリソース] 列で、プロジェクトに追加する汎用リソースを選び、[追加] を選びます。複数のリソースを選択するには、ctrl キーを押しながら各リソースを選択します。

ページの先頭へ

プロジェクトにエンタープライズ リソース以外の標準リソースを追加する (Project Professional のみ)

  1. [表示] タブの [リソースビュー ] グループで、[リソースシート] を選びます。

    (Project 2007 で、[表示] メニューの [リソースシート] をクリックします。)

  2. [リソース名] 列に、標準リソースの名前 ("carpenter" など) を入力します。

  3. リソース名を右クリックし、[情報] を選択します。[リソース情報] ダイアログボックスで、[全般] タブを選択し、[標準] チェックボックスをオンにします。

  4. [ユーザー設定フィールド] タブの [ユーザー設定フィールド] で、この標準リソースに必要なフィールドの値を入力します。

    これらのユーザー設定フィールドは各組織に固有であるため、管理者に問い合わせて、その用途についての質問に対する回答を確認してください。

    注: エンタープライズ リソースのリストに標準リソースを追加できます。ただし、組織の要件によっては、カレンダーやスキルなど、リソースの他の属性を指定する必要がある場合があります。

ページの先頭へ

プロジェクトにリソースを追加するには、次の 2 種類の方法があります。

  • チームの作成     チームの作成機能を使用して、タスクを完了するのに必要なスキルを持つエンタープライズ リソースを検索することができます。

  • リソース計画     プロジェクトの開始時、タスクや割り当てを伴う詳細なプロジェクト計画が作成されていない段階では、リソース計画を使用して、プロジェクトのリソース要件を高レベルで示すことができます。リソース計画は、今後の作業についてリソース マネージャや部門マネージャに通知する必要がある場合に役立ちますが、プロジェクト計画を構成する特定のタスクやリソースについてはわかりません。

    注: リソース計画を作成して表示するには、Project Web Access を使用します。project Professional にはリソース計画が表示されないため、プロジェクト内のリソースの利用可能期間は、プランによって制限はありません。

目的に合ったトピックをクリックしてください

チームの作成機能を使用してプロジェクトにリソースを追加する

プロジェクトの提案のためのリソース計画を作成する

チームの作成機能を使用してプロジェクトにリソースを追加する

  1. サイドリンクバーで、[プロジェクト] を選びます。

  2. チームを作成するプロジェクトの行を選択し、[チームの作成] を選択します。

  3. [チームの作成] ページの左側にあるリソースの一覧には、組織のリソース内訳構造コード内で表示する権限を持っているすべてのリソースが表示されます。右側の一覧には、プロジェクト内に既に割り当てられているリソースが表示されます。

  4. プロジェクトに割り当てる左側のリソースを選び、[追加] を選びます。リソースの横にあるチェックボックスをオンにして、リソースを選択します。

  5. 右側のリソースに一致するスキルを持つリソースのみを含む左側のリストを作成するには、右側のリソースを選び、[一致] を選びます。

    プロジェクトに標準リソースがあり、標準リソースの代わりとなる同等のスキルを持つ実際のリソース (ユーザー) を見つける場合は、このような方法でリソースを検索すると、特に便利です。

  6. 右側のリソースを左側のリソースと置き換える場合は、左側のリソースと右側のリソースの両方を選び、[置換] を選びます。リソースにタスクの実績作業時間の値が記録されている場合、そのリソースはプロジェクトで使用できません。

  7. プロジェクトにリソースをコミットする場合は、[予約の種類] で [コミット] を選びます。プロジェクトにリソースをコミットする権限がまだない場合は、[提案] を選択します。

    ヒント: スケジュールに追加する前に選択したリソースが利用可能であることを示すグラフを表示するには、左側のリソースを選び、[グラフ] を選びます。

  8. [変更を保存] を選択して、新しいリソースをプロジェクトに追加します。

[チームの作成] ページにリソースのサブセットだけが表示されるように、フィルタを作成することもできます。

  1. [表示オプション 表示オプション ] を選択し、[フィルター] を選択します。

  2. [フィルター ] ボックスの一覧で、適用するフィルターを選びます。

  3. [フィールド名] ボックスの一覧でフィールドを選択し、[条件] ボックスの一覧で条件を選択します。[] ボックスの一覧で、条件として使用する値を選択するか、2 つの値をコンマ (,) で区切って値の範囲を設定します。

  4. フィルタ条件を複数行にわたって指定する場合は、[かつ/または] 列の演算子を選択して、新しい行を開始します。

  5. フィルターをリソースに適用する前に有効な結果が返されるかどうかをテストするには、[フィルターの検証] を選択します。

  6. [ OK ] をクリックして、リソースの一覧にフィルターを適用します。

注: 組織のすべてのリソースについて、プロジェクト管理者が表示や割り当てを行うことができない可能性もあります。チームを作成するための権限が必要な場合は、サーバー管理者に問い合わせてください。

プロジェクトの提案のためのリソース計画を作成する

  1. サイドリンクバーの [プロジェクト] で、[提案とアクティビティ] を選びます。

  2. リソース計画を作成するプロジェクトを選択し、[リソース計画] を選びます。

  3. [表示オプション 表示オプション ] を選びます。

  4. [日付範囲] ボックスおよび [単位] ボックスで、リソース計画テーブルのタイムスケール領域に表示する日付範囲と時間単位を入力します。

  5. [表示単位] ボックスで、リソース テーブルの値を表示する単位 (時間、日、フルタイム換算) を指定します。

  6. Project Web Access から生成できるレポートに、サマリー リソースの割り当てをどのように表示するかを指定するには、[リソースの使用率の計算元] セクションで、次のいずれかを選択します。

    • プロジェクト計画      プロジェクトのリソース計画ではなく、プロジェクト内のすべての割り当てを基にリソースの利用可能時間を計算する場合は、このオプションを選択します。

    • リソース計画      リソース計画のリソース情報を使用してリソースの利用可能時間を計算する場合は、このオプションを選択します。

    • 次の時点までのプロジェクト計画      日付の範囲を指定して、プロジェクト内のすべての割り当てを基にリソースの利用可能時間を計算する場合は、このオプションを選択します。指定した日付より後のリソースの利用可能時間を設定するためには、リソース計画を基にしたリソースの利用率が使用されます。

  7. [合計作業時間の表示] チェック ボックスをオンにして、リソース計画テーブルに時間配分 (タイムスケール) の値ではなく合計時間を表示します。

  8. [1 ページのアイテム数] ボックスで、リソース計画テーブルに表示する行の最大数を入力します。

  9. [適用] を選択して、保存せずに設定をリソースグリッドに適用します。

  10. [発行] を選択して、プロジェクトセンター内のプロジェクト提案として表示されるように、プランを発行します。

    提案を公開せずに保存したい場合は、[保存] を選びます。他のチームメンバーは、プロジェクトセンターで提案を表示することはできません。

Project Web Access で実行できない操作がある場合

Project Web Access にログオンするときに使用した権限設定によっては、特定の機能を表示または使用できない場合があります。また、一部のページに表示される内容は、サーバー管理者が Project Web Access をカスタマイズし、一致するようにヘルプをカスタマイズしていない場合に、ドキュメントの内容と異なる場合があります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×