プログラミング コードを使用したフォーム テンプレートのカスタマイズの概要

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office InfoPath では、開発者はフォーム テンプレートをカスタマイズするための豊富な開発環境を提供します。プログラミング コードを記述フォーム、 データの入力規則イベントへのアクセスに近づけるように、フォームの基になる XML ドキュメントを操作する、カスタム データの送信とマージ、実装、外部データ ソースにアクセスするフォーム テンプレートをカスタマイズできます。フォーム テンプレートをカスタマイズするでは、特定の要件を満たすために、フォーム テンプレート ファイルのいずれかを変更する必要できますもします。

フォーム テンプレートのプログラミングに関連するいくつかの重要な概念を理解する重要です。InfoPath プログラミング コンポーネント、宣言およびプログラムのプログラミングおよびサポートされているプログラミング言語と環境にこれらの概念が含まれます。

この記事の内容

プログラミング コンポーネント

宣言およびプログラムの開発

プログラミング言語と環境

プログラミング コンポーネント

InfoPath プログラミング機能では、そのソース ファイルを変更することにより、または InfoPath オブジェクト モデルを使用するカスタム関数を作成するのには、スクリプトを作成して、フォーム テンプレートをカスタマイズする必要があります。プログラムの対話を含むフォーム テンプレートの主要コンポーネントは、次の表に表示されます。

コンポーネント

説明

オブジェクト モデル

階層タイプ ライブラリから成るコレクション、オブジェクト、プロパティ、メソッド、およびイベント開発者向けのフォーム テンプレートを InfoPath に関するさまざまなプログラムで制御環境とフォームの基になる XML ドキュメントへのアクセスを編集します。

データの入力規則

XML スキーマ、式、およびスクリプト コードを検証し、データを制限するために使用するユーザーの組み合わせは、フォームに入力することができます。

イベントの処理

一連のイベント ハンドラーに応答するフォームの基になる XML ドキュメントへの変更、 表示切り替えへの返信、実装、ユーザー設定のフォームの送信またはフォームの基になる XML ドキュメントの読み込みに応答します。

ユーザー インターフェイス

一連のカスタマイズ可能なユーザー インターフェイスのコンポーネントを含むメニューのツールバー、ボタン、コマンド バー、およびタスク ウィンドウ。

コントロールを編集します。

一連の InfoPath 専用コントロールの管理し、フォームの基になる XML ドキュメント、コレクション、省略可能なアイテムは、フィールドを含む操作するために使用します。コントロールを直接編集するが、フォームのコントロールがバインドされている XML ドキュメントを基に、これらの操作はありませんに注意してください。

エラー処理

イベント ハンドラー、オブジェクト モデル呼び出し、およびフォームのエラーを処理に使用されるフォーム ソース ファイルのエントリの組み合わせです。

セキュリティ

InfoPath オブジェクト モデルとシステム リソースへのアクセスを制限するセキュリティ レベルの設定します。

データの送信

フォームのユーザー設定の投稿および送信機能を実装するために使用できる関数の定義済みのセットです。

ビジネス ロジック

特定の編集動作、データの入力規則、イベント ハンドラー、およびデータ フロー制御を実装するために使用するプログラミング コードを含むカスタム スクリプト ファイルのセットです。ビジネス ロジックでは、外部のコンポーネント オブジェクト モデル (COM) コンポーネントへのアクセスを含めることもできます。

フォームの統合

Microsoft Office Excel または Microsoft Office Outlook などの他の Microsoft Office プログラムとの統合します。統合には、Microsoft SQL Server、Microsoft Windows SharePoint Services、または XML Web サービスなどのバックエンド サーバーの使用も含まれます。

ページの先頭へ

宣言およびプログラムの開発

宣言によって、フォーム テンプレートをカスタマイズするフォーム テンプレートのファイルを変更するときに、つまり、標準のテキスト エディターで、ファイルを開く、要素、属性、およびファイルの値を手動で変更します。プログラムを使用してフォーム テンプレートを変更するときに記述するスクリプト言語または InfoPath オブジェクト モデルと組み合わせて、場合によっては、COM コンポーネント、マネージ コードの言語を使用して、プログラミング コードを拡張して、フォームの動作を修正します。テンプレートです。

フォーム テンプレートを宣言してカスタマイズできる方法を次に示します。

  • XML スキーマ (.xsd) ファイルを変更します。

  • デザイン モードで作成されたビュー (.xsl) ファイルを変更します。

  • フォームのソース ファイルを変更します。

  • XML テンプレート (.xml) ファイルを変更します。

フォーム テンプレートをプログラムを使用してカスタマイズできる方法を次に示します。

  • フォームのライフ サイクル処理ロジックを追加します。

  • ユーザー設定のデータの入力規則を追加します。

  • カスタム エラー処理を追加します。

  • データの送信を実装します。

  • フォームの結合に応答したり、インポートします。

  • カスタム作業ウィンドウを使用します。

  • ユーザー設定] ダイアログ ボックスを使用します。

  • アクセスして、フォームの基になる XML ドキュメントを変更する.

  • アクセスして、フォームのソース ファイルを変更する.

  • 外部の COM コンポーネントを使用します。

InfoPath プログラミング コンポーネント宣言またはプログラムを使用してフォーム テンプレートのカスタマイズの詳細については、InfoPath がインストールされていると、InfoPath ヘルプからアクセスできる、InfoPath 開発者の参照を参照してください。デザイン モードです。

ページの先頭へ

プログラミング言語と環境

その他の Microsoft Office プログラムのような InfoPath には、いくつかのプログラミング環境と開発者は、自動化して、Office アプリケーションを拡張するに使用できるプログラミング言語がサポートしています。ただし、ほとんどの Office プログラムを使用して Microsoft Visual Basic for Applications (VBA)、主要なプログラミング言語として、InfoPath を使用して 2 つのスクリプト言語: Microsoft JScript Microsoft Visual Basic Scripting Edition (VBScript)、および 2マネージ コード言語で、Microsoft Visual c# および Microsoft Visual Basic します。さらに、InfoPath でスクリプトを作成するときに使用されるプログラミング環境には、Microsoft Script Editor (MSE)、 Visual Basic エディターではないがします。最後に、マネージ コードの記述に含まれる環境は、Microsoft Visual Studio 2005 Tools for Applications (vsta))、Microsoft .NET Framework 2.0 および Microsoft Core XML Services 6.0 が存在する場合にインストールすることができます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×