プロキシ サーバー

Office Communications Server 2007 R2 プロキシ サーバーは、次の方法で管理できます。

  • [開始]。Office Communications Server プロキシ サービスを開始します。

  • [停止]。Office Communications Server プロキシ サービスを停止します。

  • [非アクティブ化]。非アクティブ化ウィザードを起動してサーバーを非アクティブ化し、他の Office Communications Server サーバーやユーザーから使用できないようにします。

  • [証明書]。証明書ウィザードを起動します。

  • [プロパティ]。サーバーのプロパティ ページを開きます。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

[開始]

プロキシ サービスを自動で開始するように構成していない場合や、プロキシ サーバーが停止した場合には、手動でプロキシ サーバーを開始できます。

[停止]

サーバーにトラブルが発生した場合や、サービスの再起動を必要とするような構成変更を加えた場合、プロキシ サーバーを停止してから開始し直すことができます。

[非アクティブ化]

プロキシ サーバーを Office Communications Server 環境から削除する場合は、まずプロキシ サーバーを非アクティブ化する必要があります。非アクティブ化プロセスでは、サービスをアクティブ化したときにサービスに関連付けられたサービス アカウントのすべての関連付けが解除されます。非アクティブ化プロセスでは、Active Directory ドメイン サービス (AD DS) からサーバーのエントリも削除されるため、サーバーをプールで使用できなくなります。

[証明書]

証明書ウィザードを実行すると、トランスポート層セキュリティ (TLS) 接続および相互認証 TLS (MTLS) 接続に使用する新しい証明書をプロキシ サーバーに割り当てることができます。

[プロパティ]

プロキシ サーバーの構成設定を確認または変更する場合は、サーバーのプロパティ ページを使用します。サーバーのプロパティ ページには、[全般]、[ルーティング]、[証明書]、[圧縮]、[ホストの承認] などがあります。

詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×