プロキシ サーバーおよびタイムアウトの設定を構成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

  1. [検索の管理] ページで、クロールの場合は、[プロキシとタイムアウトの] をクリックします。

  2. [ファームレベル検索の設定の管理] ページの [連絡先の電子メール アドレス] セクションの [電子メール アドレス] ボックスで、連絡先の電子メール アドレスを入力します。これは必須であり、クロールされたサイトの管理者が、クロールにより問題が生じている場合やクロールを望まない場合に、しかるべき人に連絡できるようになります。

  3. プロキシ サーバーの設定] セクションで、次のいずれかを選択します。

    • [接続にプロキシ サーバーを使用しない]     プロキシ サーバーを使用せずに、クロールする他のサーバーに接続する場合、このオプションを選択します。

    • [指定したプロキシ サーバーを使用する]     プロキシ サーバーを介して他のサーバーをクロールする場合、このオプションを選択します。このオプションを選択した場合は、次の設定を構成します。

      • [アドレス] ボックスに、プロキシ サーバーのアドレスを入力します。

      • [ポート] ボックスで、プロキシ サーバーのポートを必要に応じて入力します。

      • イントラネット アドレスにプロキシ サーバーを使用しない場合、[ローカル (イントラネット) アドレスにはプロキシ サーバーを使用しない。] チェック ボックスをオンにします。

      • 特定のアドレスに対してはプロキシ サーバーを使用しない場合は、対象のアドレスを [次で始まるアドレスにはプロキシ サーバーを使用しない] ボックスに入力します。複数のアドレスはセミコロンで区切ります。

  4. [タイムアウト設定] セクションの [接続時間 (秒数)] ボックスで、クロール サーバーがクロールの対象サーバーへアクセスを試みるときにタイム アウトするまでの待機秒数を入力します。

  5. [要求確認にかかった時間 (秒数)] ボックスで、クロールのためにアクセスしたサーバーからの要求確認をクロール サーバーが待機する秒数を入力します。

  6. 証明書の名前が予期したものと完全には一致しない場合でも、サイトが正規のものであると信頼する場合は、[SSL 証明書の注意の構成] セクションの [SSL 証明書名の注意を無視する] チェック ボックスをオンにします。

  7. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×