プレースホルダー (タスク フィールド)

[プレースホルダー] タスクは、スケジュールするのに十分な情報のない、手動でスケジュールされたタスクです。有効な開始日または終了日および有効な期間を指定せずに、手動でスケジュールされたタスクを入力すると、そのタスクはプレースホルダー タスク モードになります。

データ型   はい/いいえ

入力の種類    計算結果

計算方法    手動スケジュール タスクの開始日、終了日、期間の少なくとも 2 つのフィールドに十分な情報がない場合、Project によってそのタスク モードが [プレースホルダー] に設定されます。

使用のポイント    手動スケジュール タスクでは、タスクの開始日、終了日、または期間に関する情報が不十分な場合でも、タスクを入力することができます。タスクの存在を知っていて、プロジェクトに追加したいが、スケジュールの詳細がまだ分からない場合に、この方法でプレースホルダー タスクを入力すると便利です。

スケジュール情報が不十分 (開始日、終了日、または期間の情報がない) な手動スケジュール タスクを確認する場合には、[プレースホルダー] フィールドをガント チャート ビューなどのタスク シートに追加します。フィールドを並べ替え、グループ化、またはフィルター処理して、すべてのプレースホルダー タスクをまとめて表示します。

また、すべてのタスク シートで既定で表示される、[タスク モード] フィールドの [プレースホルダー] でスキャン、並べ替え、グループ化、またはフィルター処理することもできます。

     Project の計画で、関係者からの日付情報と割り当てられたリソースからの期間情報を待っている手動でスケジュールされたタスクがいくつかあるとします。これらのフィールドには、"TBD" を入力しています。スケジュール情報が不完全なため、Project ではこれらのタスクがプレースホルダーとして指定されています。必要な情報をフォロー アップできるように、すべてのプレースホルダー タスクを表示したいとします。この場合、ガント チャート ビューのテーブル部分に [プレースホルダー] フィールドを追加して、[プレースホルダー] フィールドを並べ替えて、"Yes" の値を持つすべてのタスクをまとめて表示します。

解説     Project では、すべてのプレースホルダー タスクの [タスク モード] フィールドに、プレースホルダー アイコンが表示されます。[タスク モード] フィールドには、プレースホルダー アイコンが表示されまが、プレースホルダーをタスク モードとして選ぶことはできません。スケジュール情報が不十分な手動スケジュール タスクに対しては、Project によってこれが自動的に実行されるからです。プレースホルダー タスクに認識可能な開始日または終了日が含まれている場合、ガント チャートのグラフ部分に、日付の上にブックエンドのようなエンド マークが表示されます。

プレースホルダー タスクに期間のみが含まれている場合、ガント チャート ビューには、タスクの最も近いサマリー タスクの開始日から引かれた明るい色のプレースホルダーのガント バーが表示されます。3 つのフィールドうちの 2 つに有効なデータが含まれている場合、Project によってタスクがプレースホルダーから手動スケジュール タスクに変更されます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×