プレゼンテーション ファイルを保存する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

PowerPoint 2013 と PowerPoint 2016 では、デスクトップ プレゼンテーションをローカル ドライブ (ノート PC など)、ネットワーク上の場所、CD、DVD、フラッシュ ドライブに保存したり、別のファイル形式で保存したりすることができます。プレゼンテーションを Web 上の場所に保存するには、「PowerPoint プレゼンテーションを OneDrive に保存し、共有する」を参照してください。

  1. [ファイル] タブで [保存] を選びます。

    [ファイル] > [保存] または [名前を付けて保存]

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • ノート PC などのローカルドライブ、フラッシュ ドライブ、CD ドライブ、または DVD ドライブに保存するには、[コンピューター] をクリックします。

    • SharePoint ライブラリに保存するには、[SharePoint] を選びます。

    • プレゼンテーションを Web 上の場所に保存するには、「PowerPoint プレゼンテーションを OneDrive に保存し、共有する」を参照してください。

  3. [名前を付けて保存] の [最近使用したフォルダー] で [参照] を選び、パスとファイル フォルダーを選んでファイルに名前を付けます。

  4. [保存] を選びます。

別のファイル形式でプレゼンテーション ファイルを保存する

注: PDF (.pdf) 形式または XPS (.xps) ファイル形式でファイルを保存するのには、 pdf 形式で保存またはxps 形式で保存するを参照してください。

  1. [ファイル] タブの [名前を付けて保存] を選びます。

  2. [名前を付けて保存] で、次のいずれかの操作を行います。

  3. [最近使用したフォルダー] で [参照] を選び、パスとファイル フォルダーを選んでファイルに名前を付けます。

  4. [ファイルの種類] ボックスの一覧で、ファイル形式を選びます。

  5. [保存] を選びます。

旧バージョンの PowerPoint でプレゼンテーションを保存する

PowerPoint 2013 や PowerPoint 2016 を使用している場合は、[名前を付けて保存] ボックスの [ファイルの種類] の一覧でバージョンを選ぶと、以前のバージョンの PowerPoint でファイルを保存できます。 たとえば、PowerPoint プレゼンテーションを、最新の PowerPoint プレゼンテーション形式 (.pptx) でも PowerPoint 97-2003 プレゼンテーション (.ppt) としても保存できます。

注: 

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×