プレゼンテーション内のオーディオとビデオを問題なく再生する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

PowerPointのビデオまたは音声の再生に関する問題のさまざまな理由があります。この記事では、互換性とトラブルシューティングのためのいくつかの提案を提供します。

PowerPoint の音声またはビデオの再生問題を回避するために、プレゼンテーションに挿入したメディア ファイルを他のデバイスに合わせて最適化できます。サポートされているファイル タイプの一覧は、「PowerPoint でサポートされているオーディオ ファイル形式およびビデオ ファイル形式」でご確認いただけます。

ヒント:    Windows RT PC 上の Office では、以前のビデオ ファイル形式が正しく機能しない場合があります。この種類の PC を使用している場合は、H.264 や Advanced Audio Coding (AAC) のような新しいメディア ファイル形式を使用することをお勧めします。

エラー メッセージ: フラッシュに埋め込まれたビデオはサポートされません。

Google 最近変更した、Flash Player インフラストラクチャを破棄して、そのPowerPoint 2010 YouTube のビデオを再生によって異なります。

PowerPoint 2013 と PowerPoint 2016 は、(Flash Player ではなく) HTML5 ビデオ再生インフラストラクチャに基づいており、ほとんど影響を受けません。

PowerPoint 2010 の問題は認識しており、対応策を検討中ですが、この問題を最も簡単に解決するには、Office (2013 または 2016) の新しいバージョンにすばやく移行することが最も効果的です。無料で Microsoft アカウント (Hotmail、outlook.com、live.com) などを使用できる PowerPoint Online も使用できます。PowerPoint Online では YouTube のビデオの挿入と再生が可能です。

常に Office の最新バージョンを所有するには、Office 365 サブスクライバーになります。クリックして試すか購入し、サブスクリプションとパッケージ版を比較してください。

プレゼンテーションを共有する準備ができたら、次の操作を行います。

  1. リボンの [ファイル] タブで、[情報] を選択します。

  2. プレゼンテーションにあるメディアが、他のデバイスで再生したときに互換性の問題を発生させる可能性のある形式で挿入されている場合、[互換性の最適化] オプションが表示されます。表示されない場合、互換性の問題はないので、すぐに共有できます。

    PowerPoint の [互換性の最適化] ボタン
  3. [互換性の最適化]* を選択します。PowerPoint によって、最適化が必要なメディアはすべて改善されます。

    互換性の最適化処理の進捗を表示するダイアログ ボックス

    互換性の最適化処理の進捗を表示するダイアログ ボックス

    * 埋め込まれている字幕や代替オーディオ トラックはこの最適化プロセスで削除されます。

[互換性の最適化] が表示されたら、発生する可能性がある再生にかかわる問題の解決方法の概要を確認できます。プレゼンテーション内のメディアの数の一覧も表示されます。次に、再生にかかわる問題の原因になる可能性がある一般的なシナリオを示します。

  • ビデオがリンクされている場合、[互換性の最適化] によって、それらのビデオを埋め込む必要があることが示されます。続ける場合は [リンクの表示] をクリックします。開かれたダイアログ ボックスで、埋め込むメディア アイテムごとに [リンクの解除] をクリックするだけで、ビデオを埋め込むことができます。

  • PowerPoint PowerPoint 2007 のような、旧バージョンの PowerPoint を使用して挿入したビデオがある場合、それらのファイルを再生するには、メディアのファイル形式をアップグレードする必要があります。アップグレードすると、自動的に、これらのメディア アイテムが新しい形式に更新されて埋め込まれます。アップグレードしたら、[互換性の最適化] を再実行する必要があります。

    メディア ファイルを以前のバージョン (PowerPoint 2007 など) から PowerPoint 2010 以降にアップグレードするには (また、リンクされているファイルを組み込むには)、[ファイル] タブで [情報] を選択し、[変換] を選択します。

メディアの挿入または再生ができない場合、適切なコーデックがインストールされていない可能性があります。たとえば、使用中のコンピューターにインストールされていないコーデックを基盤とするメディアが入っている PowerPoint プレゼンテーションを他のユーザーから受け取ることがあります。その場合、最も簡単な解決策は、プレゼンテーションの作成者がファイルを送信する前に互換性の最適化を実行することです。

また、正しいコーデック ファイルがインストールされていない場合、ビデオ ファイルを挿入しようとすると、次のようなエラー メッセージを受信する場合があります。

ビデオ コーデックの互換性に関するエラー

それでも問題が解決しない場合は、次のいずれかの手順を試してください。

1 曲では長さが足りない場合は、複数の曲を追加することもできますが、音楽とスライド ショーの同期が問題になることがあります。その場合は、サード パーティのオーディオ編集ツール (Audacity® など) を使って複数の曲を 1 つにまとめると、スライド ショー全体を通して途切れることなく再生できるようになります。

問題が解決しない場合

ここに回答のないご質問がございましたら、弊社にお問い合わせいただくか、コミュニティをご利用ください

関連項目

PowerPoint でオーディオおよびビデオの再生品質と互換性を向上させるためのヒント

PowerPoint でサポートされているオーディオ ファイル形式およびビデオ ファイル形式

PowerPoint 2007 でオーディオまたはビデオに問題がある場合に確認する事項を以下に示します。これらを試す前に、メディア ファイルが PowerPoint の互換性のあるファイル形式のリストにあることを確認できます。

発生している問題を選び、問題と考えられる解決策のリストを表示します。

  • 複数のサウンドを互いに重ねて挿入し、それをダブルクリックすると、一番上のサウンドしか再生されない    重なり合ったサウンドをドラッグして離してから、各サウンドをダブルクリックして再生します。

  • プレゼンテーションで再生する音楽またはサウンドが聞こえない    音楽やサウンドを再生するには、コンピューターにスピーカーとサウンド カードが必要です。お使いのコンピューターにインストールされているものおよび使用されている設定を確認するには、コントロール パネルでマルチメディアとサウンドを確認します。

  • サウンド ファイルの形式が Microsoft Office PowerPoint 2007でサポートされていない    サウンド ファイルの拡張子が互換性のあるファイル形式の一覧に含まれている拡張子と同じ場合でも、正しいバージョンの コーデック がインストールされていないか、ファイルのエンコーディング形式が使用中の Microsoft Windows のバージョンで認識されない場合は、正しく再生されない場合があります。 エンコーディングは、データを 1 と 0 のストリームに変換するプロセスです。正しいコーデックをインストールするか、ファイルのエンコーディングをやり直してください。

    Windows に付属の Microsoft Windows Media Player を使用してサウンドの再生を試し、問題がサウンド ファイルにあるのか PowerPoint にあるのかを判断します。

  • メールでプレゼンテーションを送信したが、受信者がサウンドを再生できない    サウンド ファイルが埋め込まれずにリンクされている場合は、そのサウンド ファイルをプレゼンテーションと共に送信する必要があります。サウンド ファイルをプレゼンテーションが含まれているフォルダーにコピーし、プレゼンテーション パック機能を使用してリンクを更新し、関連するファイルをバンドルします。

    サウンドが埋め込まれているのかリンクされているのか、およびリンクされたソース ファイルの場所に関する情報は、[サウンド オプション] ダイアログ ボックスで確認できます。サウンドをクリックし、[サウンド ツール] の下の [オプション] タブの [サウンド オプション] で、ダイアログ ボックス起動ツール アイコンの画像 をクリックします。[情報] の下の [ファイル] の後ろに [プレゼンテーションに含まれる] (サウンドが埋め込まれている) またはサウンド ファイルへのパス (サウンドがリンクされている) のいずれかが表示されます。

  • メールで受信したプレゼンテーションのサウンドが再生されない    「電子メールで送られてきたプレゼンテーションまたは関連するファイルを開くことができない」の記事を参照してください。

  • プレゼンテーションを共有またはネットワーク ファイル サーバーにコピーしたら、サウンドが再生されなくなった    サウンド ファイルがリンクされており、埋め込まれていません。サウンド ファイルをプレゼンテーションが含まれているフォルダーにコピーし、プレゼンテーション パック機能を使用してリンクを更新し、関連するファイルをバンドルし、ネットワーク サーバー上のフォルダーにプレゼンテーションとリンクされたすべてのファイルをコピーします。

    サウンドが埋め込まれているのかリンクされているのか、およびリンクされたソース ファイルの場所に関する情報は、[サウンド オプション] ダイアログ ボックスで確認できます。サウンドをクリックし、[サウンド ツール] の下の [オプション] タブの [サウンド オプション] で、ダイアログ ボックス起動ツール アイコンの画像 をクリックします。[情報] の下の [ファイル] の後ろに [プレゼンテーションに含まれる] (サウンドが埋め込まれている) またはサウンド ファイルへのパス (サウンドがリンクされている) のいずれかが表示されます。

  • プレゼンテーションを CD にコピーしたら、別のコンピューターでサウンドが再生されない    プレゼンテーション パックを使用しなかったか、サウンド ファイルを手動で CD にコピーしました。サウンド ファイルをプレゼンテーションが含まれているフォルダーにコピーし、プレゼンテーション パック機能を使用してサウンド ファイルへのリンクを更新してから、プレゼンテーションをもう一度 CD にコピーします。

  • サウンド ファイルを別の場所に移動したら、プレゼンテーションで再生されなくなった    サウンド ファイルをプレゼンテーションが含まれているフォルダーにコピーし、プレゼンテーション パック機能を使用してリンクを更新するか、サウンドを削除してから再度それらを追加して、リンクを手動で更新します。プレゼンテーション パック機能を使用しても、プレゼンテーションとリンクされたすべてのファイルをフォルダーにコピーできます。

    サウンドが埋め込まれているのかリンクされているのか、およびリンクされたソース ファイルの場所に関する情報は、[サウンド オプション] ダイアログ ボックスで確認できます。サウンドをクリックし、[サウンド ツール] の下の [オプション] タブの [サウンド オプション] で、ダイアログ ボックス起動ツール アイコンの画像 をクリックします。[情報] の下の [ファイル] の後ろに [プレゼンテーションに含まれる] (サウンドが埋め込まれている) またはサウンド ファイルへのパス (サウンドがリンクされている) のいずれかが表示されます。

    注: リンクされたファイルのパス名が 128 文字を超える場合、Office PowerPoint 2007 はファイルを検索して再生することができません。パス名が 128 文字を超える場合は、ファイル名を変更するか、ファイルをプレゼンテーションと同じフォルダーにコピーしてパスを短くします。プレゼンテーション パック機能を使用してリンクを更新するか、サウンドを削除してから再度それらを追加して、リンクを手動で更新します。

  • [サウンド オプション] ダイアログ ボックスを開きたい    サウンドをクリックし、[サウンド ツール] の下の [オプション] タブの [サウンド オプション] で、ダイアログ ボックス起動ツール アイコンの画像 をクリックします。

  • を電子メールでプレゼンテーションを送信して、受信者は、ビデオが再生されないというメッセージが表示されます   。ムービー ファイルは常にリンクされており、プレゼンテーションの一部ではありません。ムービー ファイルをプレゼンテーションと同じフォルダーにコピーします。[プレゼンテーション パック機能を使用してをリンクを更新すると、関連するファイルをバンドルします。または、リンクを手動で更新することができます。これを行うには、プレゼンテーションに含まれているフォルダーにムービー ファイルをコピーし、del ムービーし、それらを再び追加します。

  • プレゼンテーションを共有したかネットワーク ファイル サーバーにコピーしたが、ムービーが再生されない。    ムービー ファイルは常にプレゼンテーションにリンクされ、プレゼンテーションの一部になることはありません。 ムービー ファイルを、プレゼンテーションと同じフォルダーまたはネットワーク ファイル サーバーに移動またはコピーします。 その後、CD にパッケージ化する機能を使ってリンクを更新して、関連するファイルをバンドルします。 または、リンクを手動で更新できます。 リンクを手動で更新するには、ムービー ファイルをプレゼンテーションのあるフォルダーにコピーして、ムービーを削除し、もう一度追加します。

  • プレゼンテーションを CD にコピーしたし、別のコンピューターにビデオが再生されないようになりました   。 ムービー ファイルをプレゼンテーションと同じフォルダーにコピーします。[プレゼンテーション パック機能を使用して、ムービー ファイルへのリンクを更新し、もう一度プレゼンテーションを CD にコピーします。

  • を新しい場所に、ムービー ファイルを移動して、これで、プレゼンテーションを実行すると、ビデオが再生されない   。 ムービー ファイルは常にリンクされており、プレゼンテーションの一部ではありません。ムービー ファイルをプレゼンテーションと同じフォルダーにコピーします。[プレゼンテーション パック機能を使用してをリンクを更新すると、関連するファイルをバンドルします。または、リンクを手動で更新することができます。これを行うには、プレゼンテーションに含まれているフォルダーにムービー ファイルをコピーし、del ムービーし、それらを再び追加します。

  • ムービー ファイルが検出されず再生できない。     リンクされたムービー ファイルのパス名が 128 文字を超えていると、Microsoft Office PowerPoint 2007 ではそのファイルを検出できず、再生できません。 ムービー ファイルをプレゼンテーションと同じフォルダーに移動またはコピーして、ムービーを削除し、もう一度追加して、リンク (パス情報) を更新します。

  • 複数のムービーまたはサウンドを挿入したが、一番上のムービーまたはサウンドのみが再生される。    ムービー アイコンまたはサウンド アイコンが互いに重ならないようにドラッグして、もう一度再生します。

  • ムービー ファイル形式が Office PowerPoint 2007 でサポートされていない。    Microsoft Windows に搭載されている Microsoft Windows Media Player を使って、Office PowerPoint 2007 の外でムービーを再生します。 Windows Media Player を起動して、[ファイル] メニュー (必要に応じてウィンドウを最大化して [ファイル] メニューを表示します) からムービー ファイルを開いて、Windows Media Player で再生します。 ムービーが再生されない場合は、Windows Media Player に詳しいエラー メッセージと、問題のトラブルシューティングに役立つヘルプ リンクが表示されます。

    ムービーが Windows Media Player で再生される場合は、次の手順に従ってムービーをメディア クリップとしてプレゼンテーションに挿入できます。

    1. [挿入] タブの [テキスト] で [オブジェクト] をクリックします。

      [挿入] タブの画像

    2. [オブジェクトの種類] の一覧で [ファイルから] をクリックして、ムービー ファイルの名前を入力するか、[参照] をクリックします。

      注: Windows Media Player を使って Office PowerPoint 2007 で再生するムービーでは、アニメーション設定および特別なタイミングの割り当てを行うことはできません。 代わりに、Windows Media Player のボタンをクリックして再生します。

      Office PowerPoint 2007 でムービー ファイルを再生する場合、Office PowerPoint 2007 でも Windows Media Player でもムービー ファイルが再生されないときは、スライド上にハイパーリンクを作成するか動作設定ボタンを作成して、ムービー ファイルを再生できるプログラムにリンクします。

  • ムービー ファイルは PowerPoint と互換性のあるファイルの一覧に含まれているが、ムービーが正しく再生されない。     (PowerPoint の互換性のあるファイル形式の一覧を参照してください。) ムービー ファイルの拡張子が互換性のあるファイル形式の一覧に含まれている拡張子の場合でも、正しいバージョンのコーデックがインストールされていないか、ファイルのエンコーディング形式が使用中の Microsoft Windows のバージョンで認識されない場合は、ムービー ファイルが正しく再生されません。 エンコーディングは、データを 1 と 0 のストリームに変換するプロセスです。 正しいコーデックをインストールするか、ファイルのエンコーディングをやり直してください。

  • ムービーにキャプションまたはサブタイトルが付いている。   Office PowerPoint 2007 では、キャプションまたはサブタイトルが付いたムービーを再生できません。 この問題を解決するには、ムービーにハイパーリンクを作成します。

  • ムービーが白の四角形で再生される。    リンクされたムービー ファイルへのパス名が 128 文字を超えているため、Office PowerPoint 2007 では、ムービーを検出して再生することができません。 ムービー ファイルをプレゼンテーションと同じフォルダーに移動またはコピーして、ムービーを削除し、もう一度追加して、リンク (パス情報) を更新します。

  • ムービーが黒の四角形で再生される。    これは、通常、ハードウェア アクセラレータが対応していないことを示します。 コントロール パネルで、ハードウェア アクセラレータの設定をより低い値に設定します。

    デュアル モニター (マルチ モニターと呼ばれる場合もある) を使用している場合は、コントロール パネルで両方のモニターが同じ画面解像度に設定されていることを確認するか、両方のモニターをより低い画面解像度に設定します。

注: 以上に該当する問題が見当たらない場合は、PSS サポート技術情報を検索するか、PowerPoint コミュニティで他のユーザーからの回答を探します

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

PowerPoint 2016 のビデオがセカンダリ モニターで再生されない

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×