プレゼンテーション中にセキュリティ警告が表示される

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

現象

プレゼンテーションを開くか、プレゼンテーション内の特定のコンテンツをクリックすると、Microsoft Office のセキュリティ センターのセキュリティの警告が表示されます。

原因

プレゼンテーションには、(実行可能ファイルや、 マクロなど) のセキュリティで保護されたことができない可能性があるコンテンツが含まれています。[デザイン] では、セキュリティ センターは、セキュリティで保護されたことができない場合がありますセキュリティの警告を表示するすべてのファイルをチェックします。

解決法

ファイルを対象ユーザーの受信時、プレゼンテーションを配信するコンピューター上の信頼できる場所にプレゼンテーションを移動する前に、プレゼンテーションを行うときに、セキュリティ センターでチェックを行わない場合。

コンピューターの現在のセキュリティとプライバシーの設定を表示するには、セキュリティ センターで、セキュリティ センターのセキュリティ設定を表示するを参照してください。

プレゼンテーションを信頼できる場所に移動するには、作成、削除、またはファイルに対して信頼できる場所を変更するを参照してください。

注: 

  • セキュリティの保護レベルを維持するには、プレゼンテーションを安全性の低いセキュリティ設定を既定のセキュリティ センターの設定を変更する代わりに、信頼できる場所に移動します。

  • セキュリティの警告を対象ユーザーが表示できる場所が表示されないようにするのには、発表者ツールを使用できます。発表者のコンピューターの画面ではなくプロジェクター (または画面) のセキュリティの警告が表示される、対象ユーザーに表示されます。PowerPoint の発表者ビューを有効にするのには、複数のモニターでプレゼンテーションの実行中に [プライベートで、発表者のノートを表示するを参照してください。

ヒント: 

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×