プレゼンテーション中にセキュリティ警告が表示される

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

現象

プレゼンテーションを開いたり、プレゼンテーション内の特定のコンテンツをクリックしたりすると、Microsoft Office セキュリティセンターからの警告が表示されます。

原因

プレゼンテーションには、セキュリティで保護されない可能性のあるコンテンツ (実行可能ファイルやマクロなど) が含まれています。デザインによって、セキュリティセンターは、保護されていない可能性があるすべてのファイルをチェックし、警告を表示します。

解決策

プレゼンテーションを実行しているときに、セキュリティセンターによってファイルがチェックされないようにするには、対象ユーザーが到着する前に、プレゼンテーションを配信する予定のコンピューター上の信頼できる場所にプレゼンテーションを移動します。

コンピューターの現在のセキュリティとプライバシーの設定を信頼センターで表示するには、「セキュリティセンターで my security 設定を表示する」を参照してください。

プレゼンテーションを信頼できる場所に移動するには、「信頼できる場所を追加、削除、または変更する」を参照してください。

注: 

  • 保護レベルのセキュリティを維持するには、既定のセキュリティセンター設定を変更するのではなく、信頼できる場所にプレゼンテーションを移動します。安全性の低い設定にします。

  • 発表者ビューを使用すると、セキュリティ警告が表示されないようにすることができます。セキュリティの警告は、発表者のコンピューター画面に表示されますが、対象ユーザーが見ているプロジェクタ (または画面) には含まれません。PowerPoint で発表者ビューを有効にするには、「複数のモニターでプレゼンテーションを実行しているときに、スピーカーノートを非公開で表示する」をご覧ください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×