プレゼンテーション中にセキュリティの警告が表示される

プレゼンテーションを開いたり、プレゼンテーション内の特定のコンテンツをクリックしたりするたびにセキュリティの警告が表示されると、煩わしいと感じる場合があります。これらの警告は、Microsoft PowerPoint セキュリティ センターから出されるものであり、通常は、プレゼンテーションに安全でない可能性があるコンテンツ (たとえば、実行可能ファイルやマクロ) が含まれていることを意味しています。

セキュリティの警告が表示されないようにする

PowerPoint の発表者ツールを使用して、セキュリティの警告が表示されないようにします。PowerPoint プレゼンテーションが実行されているコンピューターが、参加者が見る別のモニターに接続されていることを確認します。

  1. [スライド ショー] タブの [モニター] グループで [発表者ツールを使用する] をクリックします。

  2. [モニター] ボックスの一覧で、参加者が見るモニターを選択します。主モニターとは、PowerPoint プレゼンテーションが実行されているコンピューターを指します。主モニター以外は、接続されたモニターです。

注: 表示およびモニターの設定を行うことが必要になる場合があります。Windows コントロール パネルの [表示設定] ダイアログ ボックスを使用します。参加者用のモニターのアイコンをクリックし、[Windows デスクトップをこのモニターに拡張する] チェック ボックスをオンにしてから、[OK] をクリックします。

  1. [スライド ショー] タブの [スライド ショーの開始] グループで [最初] または [現在のスライドから] をクリックします。

プレゼンテーションを行う前に、セキュリティの警告が表示されない設定をする

PowerPoint セキュリティ センターによってプレゼンテーションが中断されないようにするには、ファイルを前もってコンピューター上の信頼できる場所に移動します。信頼できる場所を見つける、または設定するには、次の手順を実行します。

  1. PowerPoint で、[ファイル] タブをクリックしてから、[オプション] をクリックします。

  2. [PowerPoint のオプション] ダイアログ ボックスで、[セキュリティ センター] をクリックしてから、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。

[セキュリティ センター] ダイアログ ボックスで、[信頼できる場所] をクリックします。[信頼できる場所] の下に、信頼できる場所としてすでに設定されているフォルダーの一覧が表示されます。

  1. 一覧に希望の場所が含まれていない場合、[新しい場所の追加] をクリックしてから、[OK] をクリックします。

詳細については、「ファイルに対して信頼できる場所を作成、削除、変更する」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×