プレゼンテーション中にスライドへのマークの書き込みまたは消去を行う

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

全画面スライドショーを表示しているか、発表者ビューを使っているかに関係なく、テキストに下線を引く、矢印や円を描画する、またはスライド上の他のマークを注釈ペンで作成して、プレゼンテーション中にポイントを強調することができます。次のスライドに移動したり、画面を黒または白に変更したりすると、マークは自動的に消去されます。または、現在のスライドのマークを消すことができます。

次のいずれかの操作を行います。

スライドに書き込む

  • スライドショーの実行中に、スライドの左下隅にある [ スライド ショー中の [ペン] ボタン ] をクリックし、[ペン] をクリックします。

    カーソルがアノテーションペンに変わります。これで、スライドへの書き込みに使うことができます。

    ヒント: アノテーションペンを使用しているときに前または次のスライドに移動するには、[ スライド ショーの左矢印 ] または [ スライド ショーの右矢印 ] をクリックします。

現在のスライドのマークを消去する

現在のスライドのマークを消去して、別のポイントを作成したり、別の接続を表示したりすることができます。

  • E キーを押します。

注釈ペンの色を変更する

  • スライドショーの実行中に、[ スライド ショー中の [ペン] ボタン ] をクリックし、[ペンの色] をポイントして、目的のペンの色をクリックします。

ヒント: 全画面のスライドショーを表示すると、3秒間の非アクティブ化後にスライドショーコントロール スライド ショー コントロール が非表示になります。マウスを移動して、スライドショーコントロールをもう一度表示するようにします。

関連項目

プレゼンテーション中にポインターの表示/非表示を切り替える

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×