プレゼンテーション中にスライドへのマークの書き込みまたは消去を行う

全画面のスライド ショーまたは発表者ツールを使用している場合に、単語に下線を引いたり、矢印や円を描画したり、重要な点を強調するために、注釈ペンを使用してスライドにその他のマークを付けることができます。付けたマークは、次のスライドに移動するか、または画面を白黒に変更すると自動的に消去されます。現在のスライドでマークを消去することもできます。

必要に応じて、次の操作を行います。

スライドに書き込む

  • スライド ショーの実行中に、スライドの左下隅の スライド ショー中の [ペン] ボタン をクリックし、ペン をクリックします。

    カーソルの形が注釈ペンに変わります。これを使用してスライドに書き込むことができます。

    ヒント: 注釈ペンを使用中に前または次のスライドに移動するには、 スライド ショーの左矢印 または スライド ショーの右矢印 を押します。

現在のスライドに付けたマークを消去する

別の点を強調する場合や、別の関係を示す場合などに、現在のスライドに付けたマークを消去できます。

  • E キーを押します。

注釈ペンの色を変更する

  • スライド ショーの実行中に、 スライド ショー中の [ペン] ボタン をクリックし、ペンの色 をポイントし、使用するペンの色を選択します。

ヒント: 全画面のスライド ショーを表示すると、動作しない状態が 3 秒間続いた後、スライド ショー コントロール スライド ショー コントロール が非表示になります。スライド ショー コントロールを再表示するには、マウス ポインタを動かします。

関連項目

プレゼンテーション中にポインターの表示/非表示を切り替える

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×