スキップしてメイン コンテンツへ

プレゼンテーション中にスライドに描画する

プレゼンテーションを表示しているときに、デジタルペンを使用して画面を描画し、ポイントを強調したり、接続を表示したりすることができます。

マークを書き込んだプレゼンテーション

ペンをオンにしてスライドショーで描画する

  1. [スライドショー ] タブで、[発表者ツールを使用する] がオンになっていることを確認します。

  2. [スライドショー ] タブで、[開始から再生] または [現在のスライドから再生] をクリックして、スライドショーを開始します。

    先頭のスライドまたは現在選択したスライドからスライド ショーを開始します。
  3. 発表者ツールでは、一部のヘルパーボタンがスライドの左下隅に表示されます。 ペン ペンヘルパーボタンを選択して、マウスポインターが画面に表示されることを指定します。 のように表示されるものによって、マウスポインターが閲覧者にどのように表示されるかが決まります。

    [ペン] は、発表者ツールの [スライド] の下にある一連のヘルパーボタンの一番左のボタンです。

    そのペンボタンをクリックし、ポップアップメニューから [ペン] を選択します。

    [ペン] をクリックし、ポップアップメニューから [ペン] を選択します。
  4. マウスをクリックしてドラッグすると、スライド上に描画されます。

  5. 省略ペンをオフにするには、スライドを右クリックし、[ポインターオプション] をポイントして、目的のオプションを選択します。

ペンの色を変更する

既定では、ペンの色は赤ですが、いくつかの色が利用できます。 ペンの色を変更するには、次の操作を行います。

  1. 発表者ツールで、スライドの左下にあるペンアイコンをクリックします。

    [ペン] は、発表者ツールの [スライド] の下にある一連のヘルパーボタンの一番左のボタンです。
  2. ポップアップメニューの [インクの色] をポイントし、目的の色を選択します。

    [インクの色] をポイントし、ポップアップメニューから目的の色を選びます。

インク注釈を保持または破棄する

スライドショーの最後に、[標準 (編集)] ビューに戻るときには、インク注釈を保存する機会が与えられます。 [破棄] を選択して、コメントを削除します。 [ 保存] を選択して、スライドのインク注釈を保存します。

スライドに描画したインクを消去する

  • 書き込んだり、描画したりした内容を一部またはすべて削除するには、スライドを右クリックして、[ポインター オプション] をポイントして、次のいずれかの操作を行います。

    • [消しゴム] をクリックし、マウスのボタンを押したまま、消す部分に消しゴムをドラッグします。

    • スライドに書き込んだ、または描画した内容をすべて消す場合は、[スライド上のインクをすべて消去] をクリックします。

ペンをオンにしてスライドショーで描画する

  1. [スライドショー ] タブで、[開始から再生] または [現在のスライドから再生] をクリックして、スライドショーを開始します。

    スライドショーを開始または現在のスライドから再生します。
  2. スライドショー表示では、4つのヘルパーボタンがスライドの左下隅に表示されます。 次の例では、ユーザーがマウスポインターを表示する方法を決定します。

    ペンのような外観のボタンは、ユーザーがマウスポインターをどのように表示するかを決定します。

    そのペンボタンをクリックし、ポップアップメニューから [ペン] を選択します。

    ポップアップメニューからペンポインターを選択します。
  3. マウスをクリックしてドラッグすると、スライド上に描画されます。

PowerPoint for Office 365 for Macでは、1つのスライドから次のスライドに移動しても、この機能をオフにするまでポインターはペンのままになります。 (この機能を有効にするには、バージョン16.27.19071500 が必要です。)

以前のバージョンの PowerPoint for macOSでは、別のスライドに移動してもポインターがペンでは表示されなくなります。 もう一度ペンを有効にするには、上記の手順2を繰り返す必要があります。

ペンの色を変更する

既定では、ペンの色は赤ですが、いくつかの色が利用できます。 ペンの色を変更するには、次の操作を行います。

  1. スライドショーモードで、スライドの左下にあるペンアイコンをクリックします。

    ペンのような外観のボタンは、ユーザーがマウスポインターをどのように表示するかを決定します。
  2. ポップアップメニューの [ペンの色] をポイントし、目的の色を選択します。

    ペンのポインターの色については、いくつかのオプションから選択できます。

インク注釈を保持または破棄する

スライドショーの最後に、[標準 (編集)] ビューに戻るときには、インク注釈を保存する機会が与えられます。 [破棄] を選択して、コメントを削除します。 [ 保存] を選択して、スライドのインク注釈を保存します。

ペンポインター機能は Web 用 PowerPointでは使用できません。 プレゼンテーション中にスライドに描画する場合は、デスクトップ版の PowerPoint を使用します。

ヒント: プレゼンテーションの実行時にマウスではなくキーボードショートカットを使用したい場合は、「ショートカットキーを使用してプレゼンテーションを行う」を参照してください。

関連項目

スライドの作成中にテキストを強調表示する

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×