プレゼンテーションを CD、ネットワーク、またはローカル ディスク ドライブにコピーする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office PowerPoint 2007プレゼンテーションを CD、ネットワーク、またはローカル ディスク ドライブに、コンピューターにコピーすると、 Microsoft Office PowerPoint Viewer 2007およびリンクされたファイル (などのムービーまたはサウンド) がもコピーされます。Office PowerPoint Viewer 2007については、インストールと実行 PowerPoint Viewerを参照してください。

Office PowerPoint 2007 は、DVD に対してはどのようなフォーマットであっても直接のコンテンツ書き込みをサポートしません。代わりに、次の手順に従って、プレゼンテーションをフォルダにコピーし、DVD 作成ソフトウェアを使用して、コンテンツをインポートし、DVD を作成します。

重要: コピーして、プレゼンテーションを配布する前に、非表示のデータと個人情報のプレゼンテーションを検査する (10 以下の手順を参照)、およびが適切にコピーしたプレゼンテーションでこの情報を含めるかどうかを決定します。非表示の情報には、プレゼンテーションの作成者として自分の名前、会社名、およびその他の機密情報を表示する外部をしないこともできますがあります。また、オブジェクトの非表示のスライドが非表示に設定されているプレゼンテーションを確認してください。

注: このソリューションは、ウィザードによって、以前のバージョンの PowerPoint で使用した印刷、パックを置換する方が便利な方法です。

プレゼンテーションをコピーする

  1. コピーするプレゼンテーションを開きます。保存されていない新しいプレゼンテーションで作業をしている場合は、そのプレゼンテーションを保存します。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • プレゼンテーションをネットワークまたはコンピュータのローカル ディスク ドライブにコピーする場合は、手順 3. に進みます。

    • プレゼンテーションを CD にコピーする場合は、CD ドライブに CD を挿入します。

      注記: 

      • 書き込み可能な空の CD (CD-R)、書き換え可能な空の CD (CD-RW)、または上書きしてもかまわない書き込み済みの CD-RW にコピーすることができます。

      • PowerPoint でプレゼンテーションを CD にコピーする場合は、必要なすべてのファイルを 1 回の操作でコピーしてください。いったんファイルをコピーすると、後から PowerPoint を使用してディスクにファイルを追加することはできません。ただし、Windows エクスプローラを使用して、追加のファイルを、書き込み済みの CD-R または CD-RW にコピーすることはできます。詳細については、Windows のヘルプを参照してください。

  3. Microsoft Office ボタンの [発行] をポイントし、[プレゼンテーション パック] をクリックします。

  4. [プレゼンテーション パック] ダイアログ ボックスの [CD 名] ボックスに、プレゼンテーションのコピー先となる CD またはフォルダの名前を入力します。

  5. コピーするプレゼンテーションと、再生する順序を選択するには、次のいずれかの操作を行います。

    • プレゼンテーションを追加するには、[ファイルの追加] をクリックし、追加するプレゼンテーションを選択します。次に、[追加] をクリックします。追加するプレゼンテーションごとに、この手順を繰り返します。

      注: PowerPoint 以外の関連ファイルをパッケージに追加することもできます。これらのファイルは、コピーはされますが、Office PowerPoint Viewer 2007 では再生されません。

    • 複数のプレゼンテーションを追加した場合、[コピーするファイル] の一覧の順序で再生されます。順序を変更するには、プレゼンテーションをクリックして選択し、矢印ボタンをクリックして、一覧の中でプレゼンテーションを上または下に移動します。

      注: コピーするファイルの一覧に自動的に、現在開いているプレゼンテーションが表示されます。ファイルをプレゼンテーションにリンクされているが、自動的に含まれているが、これらは、コピーするファイルの一覧では表示されません。

    • [コピーするファイル] の一覧からプレゼンテーションまたはファイルを削除するには、目的のプレゼンテーションまたはファイルを選択し、[削除] をクリックします。

  6. [オプション] をクリックします。

  7. [パックの種類] をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • PowerPoint Viewer でプレゼンテーションを再生する方法を指定するには、ビューアー パッケージ (PowerPoint Viewer で実行するのにはファイル形式を更新)をクリックし、ビューアーでプレゼンテーションを再生する方法の選択] の一覧でオプションを選択します。

    • PowerPoint または PowerPoint Viewer のインストールされたコンピュータで閲覧するユーザーのパックを作成するには、[アーカイブ パック (ファイル形式を更新しない)] をクリックします。

      注: 再現性と品質を2 進数ファイル形式として保存せずに保持するための元のファイル形式で拡張マークアップ言語のプレゼンテーションを (およびファイルにリンクして) をパッケージ化するには、このオプションを使用します。

  8. [これらのファイルを含める] で、次のいずれかまたは両方を実行します。

    • プレゼンテーションにリンクされているファイルをパックに含めるようにするには、[リンクされたファイル] チェック ボックスをオンにします。プレゼンテーションにリンクされたファイルには、グラフ、サウンド ファイル、ムービー クリップなどにリンクされた Microsoft Office Excel ワークシートを含めることができます。

    • 埋め込まれた TrueType フォントを使うには、[埋め込まれた TrueType フォント] チェック ボックスをオンにします。

      注記: 

      • 現時点でプレゼンテーションに埋め込まれたフォントが存在しない場合は、[埋め込まれた TrueType フォント] チェック ボックスをオンにすると、パッケージ化するときにそのフォントが追加されます。[埋め込まれた TrueType フォント] チェック ボックスの設定は、コピーされたすべてのプレゼンテーション (リンクされたものも含む) に適用されます。

      • 埋め込まれたフォントがプレゼンテーションに既に含まれている場合は、プレゼンテーションの設定に従って、埋め込まれたフォントが自動的に含められます。

  9. 他のユーザーがコピーされたプレゼンテーションを開いたり編集する場合に、パスワードの入力を求めるには、[セキュリティとプライバシーの強化] で、プレゼンテーションを開く、編集するのいずれか、またはその両方の操作で要求するパスワードを入力します。

    パスワードが適用されるのは、コピーされたプレゼンテーションの .ppt ファイルに変換された、.pptx、.ppt、.potx、.pot、.ppsx、.pps、.pptm、.ppa、.ppam、.mhtml、および .mht の各ファイルです。コピーするファイルに既にパスワードが割り当てられている場合は、以前にそのファイルに割り当てられたパスワードを維持するか、新しいパスワードで上書きするかを選択するメッセージが表示されます。以前に割り当てられたパスワードを上書きする場合、そのパスワードをコピーされたファイルで使用することはできなくなります。ただし、元のファイルでは引き続き使用できます。

  10. プレゼンテーション内の非表示のデータと個人情報を検査するには、[プレゼンテーションに不適切な情報や個人情報が含まれていないかどうかを検査する] チェック ボックスをオンにします。

  11. [OK] をクリックして [オプション] ダイアログ ボックスを閉じます。

  12. 次のいずれかを実行します。

    • ネットワークまたはコンピュータのローカル ディスク ドライブにプレゼンテーションをコピーする場合は、[フォルダにコピー] をクリックし、フォルダ名と場所を入力します。次に、[OK] をクリックします。

    • CD にプレゼンテーションをコピーする場合は、[CD にコピー] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×