プレゼンテーションを配布してみよう (4)

この記事は以下の 4 ページから構成されています。

  1. ビデオを作成しよう

  2. プレゼンテーションファイルをCD-RWに書き込もう

  3. PDF/XPS形式のファイルを作成しよう

  4. Word形式に変換してみよう(このページ)

Word 形式に変換してみよう

プレゼンテーションを Word 形式のファイルに変換できます。変換したWord ファイルにはスライドとノートが配置され、Word で自由に編集することができます。PowerPoint よりもレイアウトの自由度が高い Word でプレゼンテーションを編集したいときなどに便利です。

ここでは、プレゼンテーションを Word 形式のファイルに変換する方法を説明します。

  1. 画面左上の [ファイル] メニューをクリックします。

    [ファイル]をクリック
  2. 表示される画面で [エクスポート] をクリックし、[配布資料の作成] をクリックします。

    [配布資料の作成]をクリック

    Word で配布資料を作成する画面が表示されます。

  3. [配布資料の作成] をクリックします。

    [配布資料の作成]をクリック

    [Microsoft Word に送る] ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. スライドとノートの配置レイアウトを選択し、[OK] をクリックします。

    配置レイアウトの選択

    プレゼンテーションがWord ファイルに変換され、Word が自動的に起動します。

    Word ファイルを編集して保存してください。

    これで Word 形式のファイルが作成できました。

ページレイアウトについて

[Microsoft Word に送る] ダイアログ ボックスで選択したページレイアウトに応じて、プレゼンテーションのスライドやノートは次のように配置されます。

●スライド横のノート

スライド番号とスライドの横にノートが配置されます。

スライド横のノートのレイアウト例

●スライド横の空白行

スライド番号とスライドの横に空白のメモ欄が配置されます。

スライド横の空白行のレイアウト例

●スライド下のノート

スライド番号とスライドの下にノートが配置されます。

スライド下のノートのレイアウト例

●スライド下の空白

スライド番号とスライドの下に空白のメモ欄が配置されます。

スライド下の空白のレイアウト例

●アウトラインのみ

スライド内の文字のみがテキスト形式で配置されます。

アウトラインのみのレイアウト例

ページの先頭

<<前へ| 1234

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×