プレゼンテーションを配布してみよう (1)

PowerPoint で作成したプレゼンテーションは、PDF や動画などのファイルに変換したり、CD-RWに書き込んだりすることができます。

他のファイル形式に変換することで、Web サイトにアップロードしたり、友人や家族に配布したりなど、さまざまな用途でプレゼンテーションを利用できます。

ここでは、プレゼンテーションを動画や PDF などにして配布してみましょう。

この記事は以下の 4 ページから構成されています。

  1. ビデオを作成しよう (このページ)

  2. プレゼンテーションファイルをCD-RWに書き込もう

  3. PDF/XPS形式のファイルを作成しよう

  4. Word形式に変換してみよう

ビデオを作成しよう

プレゼンテーションをビデオに変換すると、Windows に標準搭載されている Windows Media Player や動画再生ソフトなどで再生できます。

プレゼンテーションに設定されているアニメーション効果やナレーションなども再現できます。

ここでは、プレゼンテーションをビデオに変換する方法を説明します。

  1. 画面左上の [ファイル] メニューをクリックします。

    [ファイル]をクリック
  2. 表示される画面で [エクスポート] をクリックし、[ビデオの作成] をクリックします。

    [ビデオの作成]をクリック

    ビデオの作成画面が表示されます。

  3. [コンピューターおよびHDモニター] をクリックし、ビデオの品質とサイズを選択します。

    品質とサイズの選択
  4. [記録されたタイミングとナレーションを使用しない] はそのままにします。

    [記録されたタイミングとナレーションを使用しない]の設定
  5. 各スライドの所要時間で、各スライドの表示時間を秒単位で入力します。

    スライドの表示時間設定
  6. [ビデオの作成] をクリックします。

    [ビデオの作成]をクリック

    [名前を付けて保存] ダイアログボックスが表示されます。

  7. ファイルの保存場所、ファイル名、ファイルの種類を指定し、[保存] をクリックします。

    [名前を付けて保存]ダイアログボックス

    プレゼンテーションがビデオに変換され、ホーム画面に戻ります。

    これでビデオが作成できました。

    ※スライドの数が多い場合や、プレゼンテーションに動画や音声ファイルを使用している場合は、ビデオの作成に時間がかかることもあります。

ヒント 保存するファイルの形式は何を選べばいいの?

作成したビデオを Windows で再生する場合は、[Windows Media ビデオ (*.wmv)] を選択します。タブレットやスマートフォンなどで再生する場合は、[MPEG-4 ビデオ (*.mp4)] を選択します。

ページの先頭

次は「プレゼンテーションファイルを CD-RW に書き込もう」です。

1 234| 次へ>>

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×