発表者ツールを使う

プレゼンテーションを実施する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

対象ユーザーにプレゼンテーションを実施する際に、発表者ツールがどのように見えるか感触をつかみます。

プレゼンテーションを行う

[発表者ツール] ではアニメーションや画面切り替えが表示されませんが、ご心配ありません。対象ユーザーの画面にはきちんと表示されます。

  • 戻る場合は、戻る矢印か Backspace キーを押します。

  • スライドにジャンプする場合は、[すべてのスライドを表示する] ボタンをクリックして、縮小表示をクリックします。

  • 目的のスライド番号がわかっている場合は、番号を入力して Enter キーを押します。

さらに詳しく

スライド ショーの実行時に発表者のノートを表示する

プレゼンテーション中にスライドへの描画またはスライドの強調表示を行う

マウスをレーザー ポインターに変更する

プレゼンテーションの各スライドに発表者のノートを追加する

視聴者が着席し、発表者がプレゼンテーションを開始しようとしています。

現在のスライドが大きいモニターに映し出され、こちらで次のスライドを確認できます。

準備ができたら、次のスライドまたはアニメーションに進み、説明を始めます。

いずれかのモニターをクリックして、右矢印をクリックするか、Space キーを押します。

このスライドはタイトルから始まります。

プレビュー モニターでは、次にスライドを進めると、最初の箇条書きのアニメーションが表示されることがわかります。

次に、2 番目、3 番目と続きます。

発表者ツールには、アニメーションも画面切り替えも表示されませんが、ご安心ください。

視聴者の画面にはちゃんと表示されています。

前に戻るには、左矢印か Backspace キーを押します。

特定のスライドにジャンプするには、[すべてのスライドを表示] ボタンをクリックして、サムネイルをクリックします。

スライド番号がわかっている場合は、番号を入力して Enter キーを押します。

PowerPoint で作成した目的別スライド ショーを実行するには、[オプション] ボタンをクリックしてショーを選択します。

ノートはここにあります。

テキストのサイズを変更するには、これらのボタンをクリックします。

テキストをスクロールするには、マウスを使うか、Ctrl キーを押しながら下矢印または上矢印キーを押します。

大きいモニターの下にはツールとオプションがあります。

ペンをクリックし、レーザー ポインター、ペン、または蛍光ペンを選択します。

また、ペンの色を変更したり、スライド上のインクをすべて消去したりできます。

このボタンをクリックすると、スライドの領域を選択して拡大できます。

もう一度クリックすると、通常のサイズに戻ります。

最後に、このボタンでカットアウトします。

これは、視聴者の注意を画面からそらす必要がある場合に有効です。

この上のタイマーは、スライド ショーの開始時にスタートします。

タイマーは一時停止したり、リセットしたりできます。これは時計です。

以上は、ショーの間に使用する可能性が最も高いコントロールです。

このあまり目立たない場所にあるのは、使用頻度の低いオプションです。

ここをクリックすると、別のプログラムに切り替えるためのタスク バーを表示します。

ここをクリックすると、いつでもスライド ショーを終了できます。Esc キーを押しても終了できます。

もう 1 つ大事なことがあります。 [オプション] ボタン、[ヘルプ] の順にクリックすると、発表者ツールで使用できるすべてのキーボード ショートカットを参照できます。

発表者ツールの説明は以上です。Alt キーと F5 キーでいつでも試すことができます。

プレゼンテーション中に PowerPoint を使用する方法の詳細については、コースのまとめに記載されたリンクをご覧ください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×