スキップしてメイン コンテンツへ
Office

プレゼンテーションを実行および配布する

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。 Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。 このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

プレゼンテーションが完了したら、次の操作は、プレゼンテーションの担当者、配布される場所、および使用されている機器によって異なります。

  • プレゼンテーションの実行は、そのプレゼンテーションを作成したコンピューターで行うのか、別のコンピューターで行うのか。また、プレゼンテーションの配布には CD を使用するのか、ネットワーク上の場所を使用するのか。

  • プレゼンテーションを会場で発表する場合、発表するのは自分か他の担当者か、または自動実行するのか。

プレゼンテーションの配信と配布に最適な方法については、以下の記事のタイトルをクリックしてください。

リモートの参加者にプレゼンテーションをブロードキャストする

自動プレゼンテーションを作成する

ノートを作成および印刷する

別のファイル形式のプレゼンテーションを開いて保存する

プレゼンテーションを CD または USB フラッシュドライブにパッケージ化する

プレゼンテーションのスライドまたは配布資料を印刷する

プレゼンテーション内でのナレーションとポインターの動きの記録とタイミングの移動

PowerPoint の配布資料を Word に送信して印刷する

プレゼンテーションをビデオに変換する

プレゼンテーションを他のユーザーにメールで送信する

スライドライブラリを使用して PowerPoint 2010 スライドのコンテンツを共有および再利用する

発表者ツールとは

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×