プレゼンテーションを再生する

プレゼンテーションを再生する

作成したプレゼンテーションを画面上で再生してみましょう。

プレゼンテーションを再生する場合は、スライドを画面いっぱいに連続して表示できます。

プレゼンテーションを再生することを "スライド ショー" といいます。

前に「印刷レイアウトを確認する」で保存したプレゼンテーションを開いて、再生してみましょう。

演習: プレゼンテーションを開く方法

ドクター

プレゼンテーションを開く方法については、「プレゼンテーションを保存してみよう、開いてみよう」を参照してください。

このページの内容
  1. プレゼンテーションを再生する

  2. プレゼンテーション再生中の操作

プレゼンテーションを再生する

プレゼンテーションを最初から最後まで再生してみましょう。

  1. [スライド ショー] タブの [スライド ショーの開始] [最初から] をクリックします。

    [スライド ショー] タブの [スライド ショーの開始] で [最初から] をクリックします。

  2. プレゼンテーションの再生が始まり、最初のスライドがパソコンの画面全体に表示されます。

    最初のスライドからプレゼンテーションの再生が始まります。

    [SmartArt グラフィックの選択] ダイアログ ボックスが表示されます。

    [SmartArt グラフィックの選択] ダイアログ ボックス

    ヒント: マウス ポインターが消えた場合

    ドクター

    スライド ショーが始まると、マウス ポインターは表示されなくなります。 マウスを動かすと、マウス

    ポインターが表示されるので、しばらくマウスを動かしてみてください。マウスを動かすのをやめると、マウス ポインターが再び表示されなくなります。

    ヒント: プロジェクターを使いたい場合

    ドクター

    ノート

    パソコンを使用しているときに、プロジェクターにプレゼンテーション画面を映したい場合は、準備が必要です。初めて行う場合は多くの作業が必要です。それぞれの項目の操作方法をあらかじめ確認しておいてください。

    • ノート パソコンとプロジェクターをケーブルで接続します。

    • プロジェクターの電源をオンにします。

    • ノート

      パソコンの画面の解像度をプロジェクターの対応している解像度に合わせます。

    • ノート パソコンの映像信号をノート

      パソコンの画面とプロジェクターの両方に出力されるようにキーボードを操作して切り替えます。

      設定や設置の詳細については、ノート

      パソコンおよびプロジェクターに付属しているマニュアルを参照してください。

  3. マウスの左ボタンを押す (クリックといいます) と、次のスライドに進みます。キーボードの → キーを押すと、次のスライドに進みます。

    ヒント: 前のスライドに戻る場合

    ドクター

    キーボードの ← キーを押すと、前のスライドに戻ります。

  4. クリックして最後のスライドまで進みます。最後のスライドでクリックすると、黒い画面になり、"スライド ショーの最後です。クリックすると終了します。" と表示されます。

    最後のスライドでクリックすると、黒い画面になり、"クリックすると終了します。" と表示されます。

  5. クリックすると、プレゼンテーションの再生が終わり、編集ウィンドウに戻ります。

    プレゼンテーションの再生が終わり、編集ウィンドウに戻ります。

ヒント: その他の再生方法

ドクター

プレゼンテーションを再生する方法は他にもあります。

キーボードの F5

キーを押すと、上の手順と同じようにプレゼンテーションの先頭から再生されます。 [スライド ショー] タブの [スライド ショーの開始] [現在のスライドから] をクリックすると、現在表示しているスライドから再生できます。

[スライド ショー] タブの [スライド ショーの開始] で [現在のスライドから] をクリックすると、現在のスライドから再生できます。

また、ウィンドウの下部の [スライド ショー]

ボタンをクリックしても、現在表示しているスライドから再生できます。

ウィンドウの下部の [スライド ショー] ボタンをクリックして、現在のスライドからプレゼンテーションを開始します。

ページの先頭

プレゼンテーション再生中の操作

プレゼンテーションの再生中は、次のページに進んだり、前のページに戻ったりするだけでなく、目的のスライドへすばやく移動したり、スライドに書き込んだりすることもできます。

目的のスライドへ移動する

  1. プレゼンテーションを開きます。

  2. プレゼンテーション再生中の画面で、マウスの右ボタンを押します (右クリックといいます)。

  3. 表示されるメニューで [スライドへジャンプ] をポイントし、表示するスライドの番号をクリックします。

    プレゼンテーションを右クリックして、[スライドへジャンプ] をポイントし、表示するスライドの番号をクリックします。

  4. クリックしたスライドが表示されます。

    選択したスライドが表示されます。

プレゼンテーションの途中で再生を終了する

プレゼンテーションを最後まで表示せずに、途中で再生を終了できます。

  1. プレゼンテーションを開きます。

  2. プレゼンテーション再生ウィンドウでマウスの右ボタンをクリックします

  3. 表示されるメニューの [スライド ショーの終了] をクリックします。

    プレゼンテーションを右クリックし、メニューの [スライド ショーの終了] をクリックします。

  4. プレゼンテーションの再生が終わり、編集ウィンドウに戻ります。

    プレゼンテーションの再生が終わり、編集ウィンドウに戻ります。

スライドに書き込む

プレゼンテーションの再生中に、マウスを使ってスライド上に下線を引いたり、文字を丸で囲んだりして、強調することができます。

ここでは、[ペン] を使って、スライドに書き込んでみましょう。

  1. プレゼンテーションを開きます。

  2. プレゼンテーション再生ウィンドウでマウスの右ボタンをクリックします。

  3. 表示されるメニューの [ポインター オプション] をポイントし、[ペン] をクリックします。

    プレゼンテーションを右クリックして、[ポインター オプション] をポイントし、[ペン] をクリックします。

    これで、マウスを使ってスライドに書き込めるようになりました。マウス ポインターの形状が、ペンの赤い点に変わります。

    マウス ポインターの形状が、ペンの赤い点に変わり、マウスを使ってスライドに書き込むことができます。

  4. マウスの左ボタンを押しながらマウスを動かして、スライドに書き込みます。

    マウスの左ボタンを押しながらマウスを動かして、スライドに書き込みます。

  5. スライドに書き込んだ場合は、スライド ショーを終了するときに、次のメッセージが表示されます。

    注釈を保持するかどうかがたずねられます。

[保持]

をクリックすると、注釈が書き込まれた状態で編集ウィンドウに戻ります。編集ウィンドウで、書き込んだ内容を確認できます。

[破棄] をクリックすると、書き込みが削除され、編集ウィンドウに戻ります。

ヒント: 書き込みの保存

ドクター

書き込みを保存したい場合は、プレゼンテーションを保存してください 。

ページの先頭

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×