プレゼンテーションを他の人と同時に編集する

プレゼンテーションを OneDriveOffice 365 SharePoint などに保存している場合、プレゼンテーションを他の人と同時に編集できます。

注:  プレゼンテーションを同時に編集するには、すべての編集者が PowerPoint 2010 以降か、PowerPoint Online の最新のリリースを使う必要があります。

他の作業者がこのスライドを編集していることを示す

  1. プレゼンテーションの下書きを作成し、OneDriveSharePoint などの共有の場所に保存します。

    ヒント:  校閲者に権限を与えて、プレゼンテーションを表示できるように設定しなければならない場合があります。 「ファイルとフォルダーを共有しアクセス許可を変更する」を参照してください。

  2. プレゼンテーションを開いてプレゼンテーションを編集します。

    注: 誰かがプレゼンテーションを編集していると、[共同編集] アイコン [ひと] アイコン と数字がステータス バーに表示され、プレゼンテーションを編集している人数がわかります。誰がプレゼンテーションを編集しているかを表示するには、[共同編集] アイコン [ひと] アイコン をクリックします (下を参照)。

    2 名が共同編集中

  3. 編集が終わったら、[ファイル]、[保存] の順にクリックします。

    プレゼンテーションを編集しているのが自分だけの場合、ファイルが保存されて完了です。自分と他の編集者の更新内容が競合しなければ、変更箇所は自動的に統合され、それ以上操作は必要ありません。

    他のユーザーが同じプレゼンテーションで作業をしている場合、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。

  • 他の編集者が変更を加えている場合は、次のメッセージが表示されます。

    変更を確認するか今すぐアップロードする

  • 自分と他の編集者の変更内容が競合する場合は、次のメッセージが表示されます。

    競合の解決

他のユーザーの変更内容を操作する方法を次に説明します。

  1. [結合] タブで [変更箇所の表示] をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • 競合する更新内容だけを表示するには、[競合箇所のみを表示] をクリックします。

      競合箇所のみを表示

    • すべての変更箇所を表示するには、[すべての変更箇所を表示] をクリックします。

  2. 変更内容を承認または却下するには、次のいずれか、または両方の操作を行います。

    競合する変更箇所の場合:

    • 競合する変更箇所を承認するには、競合する変更箇所を示すアイコンの横にあるチェック ボックス 競合する変更箇所を示すアイコン (下を参照) をオンにします。

      チェック ボックスをオンにして、競合する変更箇所を承認する

    • 競合する変更箇所を却下する場合は、何もしないでください。オフにされたチェック ボックスは、プレゼンテーションには追加されません。

      一般的な変更箇所の場合:

    • 一般的な変更箇所を承認する場合は、何もしないでください。

      チェック ボックスをオンにして、他の人が行った一般的な変更を承認する

    • 通常の変更内容を却下する場合は、チェック ボックスをオフにします。

  3. 変更内容の確認が終わったら、[反映用の表示を閉じる] を選びます。

    [反映用の表示を閉じる] を選ぶと、すべての変更内容が反映されて、サーバーにアップロードされます。

    注: [反映用の表示を閉じる] を選んだ後は、変更内容を元に戻したり、確認したりできなくなります。

関連トピック

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×