プレゼンテーションをムービー ファイルまたは MP4 として保存する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

PowerPoint がインストールされていないコンピューターでプレゼンテーションを実行するため、プレゼンテーションをムービー (.mov) ファイルとして保存できます。このムービーは、QuickTime ムービーをサポートしている任意のアプリケーションで再生できます。MP4 形式は国際標準であるため、より幅広くサポートされており、特にハードウェア デバイスでサポートされています。

注記: 

  • プレゼンテーションをムービーとして再生する場合、個別にタイミングを設定するか、スライド ショーを記録してプレゼンテーション全体のタイミングを確立しない限り、各スライドは均一の時間で表示されます。 スライドのタイミング設定の詳細については、「リハーサルをしてスライドのタイミングを設定する」をご覧ください。

  • いくつかの画面切り替えは、ムービーではプレゼンテーションとは異なる方法で再生されます。アニメーション効果はムービーではまったく再生されません。

  • プレゼンテーションをムービーとして保存する際に、ナレーションは保存されません。

注: この機能は、Office 365 サブスクリプションを購入しているユーザーのみが使用できます。Office 365 のサブスクリプションを使用している場合、最新バージョンの Office をインストールしていることを確認してください

  1. [ファイル]、[エクスポート] の順にクリックします。

  2. [ファイル形式] メニューで目的のビデオ形式 (MP4 または MOV) を選択します。

  3. 必要なビデオ品質として、[プレゼンテーション品質]、[インターネット品質]、または [低品質] を選択します。ビデオの品質が高いほど、ファイルのサイズが大きくなります。

  4. 切り替えのタイミングを記録したプレゼンテーションから作成するビデオで、それらのタイミングを使用する場合は、[記録されたタイミングとナレーションを使用する] がオンになっていることを確認します。タイミングを設定していない場合は、各スライドがビデオに表示される時間の長さを設定できます。

  5. すべての選択が終わったら、[エクスポート] を選びます。

注: プレゼンテーションをビデオとしてエクスポートすると、プレゼンテーション内のどの埋め込みメディア ファイルも、再生することはできません。

プレゼンテーションをビデオとして保存した後、他のビデオを共有するのと同じように、ビデオを開いて再生できるアプリケーションまたはデバイスを使って、そのビデオを共有できます。

ファイルを保存する際に、サウンドトラック、ムービー クレジット、およびムービーの再生方法のその他のオプションを選ぶことができます。

  1. [ファイル] メニューの [ムービーとして保存] をクリックします。

  2. クレジットやバックグラウンド サウンドなどのオプションを追加するには、[ムービー オプション] をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

目的

操作

サウンドトラックの追加

[ムービーの設定] をクリックし、[バックグラウンド サウンド] ポップアップ メニューの [メディアの設定] で [サウンドの選択] をクリックします。

注: コンピューターで再生するオーディオ ファイルを選択できない場合、[有効化] ポップアップ メニューで [すべてのファイル] をクリックします。

目的のサウンドトラックを探して、ダブルクリックします。

クレジットの追加

[クレジット タイトル] タブをクリックし、ムービーの作成者や著作権情報など、クレジットに含める情報を入力します。

注: クレジットはムービーの最後ではなく、ファイルのプロパティに追加されます。ファイルのプロパティを表示するには、検索でファイルを選択し、[ファイル]、[情報を見る] の順にクリックします。

画面サイズの変更

[ムービーの設定] をクリックし、[サイズと品質] でムービーのサイズを選択します。

ムービーの連続再生

[ムービーの設定] をクリックし、[メディアの設定] で [ムービーの繰り返し] チェック ボックスをオンにします。

関連項目

テキストおよびオブジェクトにアニメーションを設定する

追加、編集、または [画面切り替えを削除します。

スライド ショーを記録する

スライド切り替えのタイミングをリハーサルして設定する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×