プレゼンテーションの配信のリハーサルを実行してタイミングを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

プレゼンテーションのリハーサルを実行して、それが時間内に収まるかどうか確認できます。リハーサル中、スライド切り替えのタイミング機能を使ってスライドごとに必要な時間を記録し、実際に視聴者の前でプレゼンテーションをするときに、記録された時間を使って自動的にスライドを進めます。

スライド切り替えのタイミング機能は、自動プレゼンテーションの作成に適しています。

プレゼンテーションの配信のリハーサルを実行してタイミングを設定する

注: 次の手順 1 を完了したらすぐにプレゼンテーションの配信を開始できるように、準備を整えておいてください。

  1. [スライド ショー] タブの [設定] で [リハーサル] をクリックします。

    [リハーサル] ツール バーが表示され、[スライド表示時間] ボックスでプレゼンテーションの時間の記録が開始されます。

    [スライドの時間のリハーサル] ツールバー

  2. プレゼンテーションの時間を記録しながら、[リハーサル] ツール バーで、次のうち必要な操作を行います。

    • 次のスライドに進むには、[次へ] をクリックします。

    • 時間の記録を一時的に停止するには、[一時停止] をクリックします。

    • 一時停止の後に時間の記録を再開するには、[一時停止] をクリックします。

    • 現在のスライドの時間の記録を再び開始するには、[繰り返し] をクリックします。

  3. 最後のスライドのタイミングを設定すると、プレゼンテーションの所要時間を示すメッセージ ボックスが表示され、次のいずれかの操作を行うように求められます。

    • 記録されたスライド切り替えのタイミングを保持するには、[はい] をクリックします。

    • 記録されたスライド切り替えのタイミングを破棄するには、[いいえ] をクリックします。

      スライド一覧表示モードでは、プレゼンテーションの各スライドの時間を表示できます。

Access アプリの基本タスク

記録したスライド切り替えのタイミングをプレゼンテーションの実行前にオフにする

記録したスライド切り替えのタイミングを使用して自動的に進むにプレゼンテーションのスライドをしないスライド切り替えのタイミングをオフにするのには、次の操作を行います。

  • [スライド ショー ] タブの設定] グループで、[タイミングを使用またはリハーサルのタイミングを使用する] チェック ボックスをオフにします。

注: スライド切り替えのタイミングを再度オンに、タイミングをリハーサルして使用する] チェック ボックスを選択します。

Access アプリの基本タスク

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×