プレゼンテーションのアニメーションの基礎

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

アニメーションは、 PowerPointプレゼンテーション、動的な行い、情報の覚えやすいを高めることができます。入口の数および終了する最も一般的な種類アニメーション効果にはが含まれます。アニメーション効果の鮮やかさを高めるためにサウンドを追加することもできます。

プレゼンテーションの専門家は、アニメーションやサウンド効果を] は慎重に使用をお勧めします。アニメーションは、動的なプレゼンテーションを行うために役立つ、され、ポイントが多すぎるアニメーションを強調するためのヘルプを煩雑なことができます。アニメーションとサウンドのユーザーの発言から遠い方のフォーカスを取得することはできません。

次の見出しを選択して、詳細な手順を表示します。

  1. アニメーションを設定するテキストまたはオブジェクトを選択します。

  2. [アニメーション] タブの [アニメーション] グループで、ギャラリーからアニメーション効果をクリックします。その他のオプションを表示するその他の矢印をクリックします。

    注: ギャラリーで、[開始効果アイコンは緑色、強調効果アイコンがイエロー、および終了効果アイコンは赤します。

  3. 選択したテキストのアニメーションを実行する方法を変更するに効果のオプション] をクリックし、[、アニメーションを実行します] をクリックします。

    注: すべてのアニメーション効果は、同じ効果のオプション]の選択肢を提供します。

  4. [アニメーション] タブで、[効果のタイミングを指定するのには、[タイミング] グループのコマンドを使います。詳細については、 [アニメーションのタイミングまたは効果のオプションを設定するを参照してください。

開始と終了のアニメーション効果を追加する場合はこの短いビデオ デモをご覧ください。適用されたアニメーションは例です。テキストまたはオブジェクトには、使用可能なすべてのアニメーションを適用するのには、同じ手順を使用できます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

アニメーション効果のあるテキストまたはオブジェクトにサウンドを追加するには、次の操作を行います。

  1. [アニメーション] タブの [アニメーションの詳細設定] で、 [アニメーション ウィンドウ]をクリックします。[アニメーション ウィンドウ]は、順序、種類、およびテキストまたはオブジェクトをスライドに適用されたアニメーション効果の期間が表示されている、[ワークスペース] ウィンドウのどちらか広い側が開きます。

  2. 目的のサウンドを追加、下向き矢印をクリックするエフェクト効果のオプション

    アニメーション ウィンドウ、効果に [効果のオプション] を追加する

    注: [効果のオプション] ダイアログ ボックスでは、アニメーション選択の種類に応じて、さまざまなオプションが表示されます。

  3. 効果] タブの [の強化サウンド] ボックスに、[一覧を開き、次のいずれかの操作にある矢印をクリックします。

    • リストから、サウンドをクリックし、[ OK] をクリックします。

    • ファイルからのサウンドを追加するに、リストから [その他のサウンド] をクリックし、[、使用するサウンド ファイルを検索し、[開く] をクリックします。

      [効果] タブのリストでサウンドをクリックする

    [OK ] をクリックするまたは開いているスライドのサウンドでアニメーションのプレビューを再生する場合に追加されます。プレビューの音量を変更するには、サウンド [アニメーション効果] の [オプション] ボックスのサウンド をクリックし、スライダーを上下に移動します。サウンドをオフ、プレビュー、するには、[ミュート] チェック ボックスを選択します。

  4. サウンド効果を追加するテキストのそれぞれの箇条書きを繰り返します。

  5. すべてのアニメーションとを [アニメーション] ウィンドウで、スライドに適用されるサウンドをプレビューするのには、ここから再生] をクリックします。

  1. アニメーションの軌跡を追加するテキストまたはオブジェクトをクリックします。パスを適用するには、オブジェクトまたはテキストの行頭文字の中央が続きます。

  2. [アニメーション] タブの [アニメーション] グループで [アニメーションの軌跡を] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 直線円弧なり図形をクリックしてまたはループします。選択パスは、[選択したオブジェクトまたはテキスト オブジェクトを点線として表示されます。緑色の矢印はパスの先頭を示し、赤の下向き矢印が最後を示します。

    • [ユーザー設定パス] をクリックします。アニメーションの軌跡を開始する位置をクリックします。
      直線の軌跡を描くには、カーソルを移動し、線を終了する場所をクリックします。接続されている次の行を描画するには、目的の場所を終了する] をクリックします。アニメーションの最後の終了点をダブルクリックします。
      不規則の軌跡を描くをクリックし、[マウスの左ボタンを押したまま、アニメーションの軌跡をフォローするパス上にポインターを移動します。アニメーションの最後の終了点をダブルクリックします。

  3. [アニメーション] タブの [プレビュー ] グループで、完全なアニメーションやスライドのサウンドを確認するには、[プレビュー] をクリックします。

    注: 

    • 全体のアニメーションの軌跡を移動するには、4 方向矢印の Excel 移動ポインター にポインターを有効にする] をクリックし、アニメーションの軌跡をドラッグして、目的の場所します。

    • 図形ループパスが閉じられる、つまりオブジェクトは、開始点に戻ります。オープン パス、直線円弧なり、またはユーザー設定パス] などの開始位置に戻るには、パスを右クリックし、[パスを閉じる] をクリックします。開始点を前の終了点から直線パスが追加されます。

    • アニメーションの軌跡の形を変更するには、パスを右クリックし、[頂点の編集] をクリックします。パス上に黒の四角形のハンドルが表示されます。いずれかのパスの部分を移動ハンドルをドラッグします。

    • スライドの外を開始または終了点を含む、パスの任意の部分を操作できます。

テキストまたはオブジェクトにアニメーション モーションをより複雑なまたはユーザー設定を追加できます。いくつかの例を参照この簡単なデモをご覧ください。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

SmartArt グラフィックするには、アニメーション効果を適用するには、 SmartArt グラフィックにアニメーションを参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×