プレゼンテーションに複数のテーマを追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

すべてのスライドをプレゼンテーションのテーマが解消されない場合は、選択したスライドに単純な白のテーマなどの別のテーマを適用できます。たとえば、複数のテキスト ボックスと画像をスライドを追加する場合は、テーマのフォントが発生するテキストを折り返すが異なる場合があり、グラフィックのテーマの要素を取り上げます部分的にします。この例では、単純な白のテーマには、スライドが簡素化できます。

スライドに別のテーマを適用します。

  1. 別のテーマを適用するスライドを選択します。

  2. Control キーを押してとし、[テーマ] タブの [テーマのスライドをクリックしますには、テーマを適用して、選択したスライドに適用] をクリックします。

    ヒント: 目的のほとんどを表示する場合 (シンプルな外観) スライドに色を適用するなし、白のテーマまたはします。

ベスト プラクティスに従う

テーマは、特定のフォント、色、スライドのレイアウトを集めたものです。 これらの要素のいずれかに手動で書式を設定すると、その書式設定がテーマよりも優先されます。 たとえば、プレゼンテーションで Courier フォントが使用されていて、一部のテキストを手動で Tahoma に書式設定した場合、テーマを再適用または変更しても、Tahoma のテキストは影響を受けません。

手動で書式設定した要素をテーマの設定に戻すには、次の手順を実行します。

テーマのフォントにフォントを復元します。

各テーマには、見出し用と本文用の 2 組のフォントが含まれます。 テキストが見出しの場合は、[見出し] のフォントを使用します。 そうでない場合は、[テーマの本文] のフォントを使用します。

  1. テーマのフォントに変更するテキストを選びます。

    ヒント: Shift キーを押しながらクリックすると、テキスト ボックスまたはテキストを含むオブジェクトを複数選択できます。 スライド上のオブジェクトまたはテキストを選択できない場合は、スライド マスターを変更します。

  2. [ホーム] タブの [フォント] で、フォント ボックスの横にある矢印をクリックします。

  3. テキストをテーマのフォントに変更するには、[見出し] フォントか [テーマの本文] フォントをクリックします。

    [見出し] または [テーマの本文] のフォントが選択されていることが、チェック マークで示されます。

    [フォント] ポップアップ メニュー

オブジェクトにテーマの色を復元します。

テーマを適用する場合は、いくつかのオブジェクトがテーマの色を変更しないでは、手動の書式が適用されたがある可能性があります。

  1. テーマの色を復元したいオブジェクトを選びます。

  2. 書式] タブの [図形のスタイル] で [塗りつぶし] の横にある矢印をクリックし、目的の色をクリックします。

    塗りつぶしの色

    吹き出し 1 この例では、ブロック赤、テーマの色がオブジェクトの選択されています。

テーマのレイアウトを復元する

テーマを適用しても、一部のスライドがテーマのレイアウトに変更されない場合は、レイアウトが手動で変更されていることが考えられます。 たとえば、見出しをスライド上の別の場所に移動したり、表の位置を変更したりすると、それらの項目のレイアウトは手動で書式設定されるため、テーマを変更しても変更されません。

  1. 位置を変更した見出しなど、テーマのレイアウトを復元したい項目をクリックします。

  2. [ホーム] タブの [スライド] で [レイアウト] をクリックし、[レイアウトを既定の設定にリセット] をクリックします。

    [ホーム] タブの [スライド] グループ

関連項目

スライドの背景グラフィックを非表示にします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×