プレゼンテーションに、Adobe Macromedia Director ビデオを追加します。

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

場合によっては、Adobe Macromedia Director ビデオ ファイルを PowerPoint 2010 のプレゼンテーションを挿入することはできません。ただし、プレゼンテーション中に Director ビデオを再生するには、次のいずれかを行います。

  • ハイパーリンクを作成または動作設定ボタン Director ビデオにビデオを再生するリンクをクリックします。

  • Director ビデオを .dcr 拡張子 Shockwave Director ファイルとして保存し、特定の ActiveX コントロールと Shockwave プレーヤーを使用して PowerPoint 2010 のプレゼンテーションで再生します。Director ファイルを再生するには、スライドに ActiveX コントロールを追加し、そこから Director ファイルへのリンクを作成します。

    注: ActiveX コントロールのセキュリティ設定は、セキュリティ設定と Microsoft Office 2010 プログラムのプライバシー設定を確認できるセキュリティ センター] にあります。Active X コントロールの実行を許可するセキュリティ設定を調整する必要があります。セキュリティ センターで、ActiveX の設定は、すべての Office 2010 製品に適用されます。たとえば、PowerPoint の設定を変更すると、その設定もセキュリティ センターを使って他の Office プログラムの変更されます。Active X コントロールと設定の変更の詳細については、有効にするか Office ファイルで ActiveX 設定を無効にするを参照してください。

    • Director ビデオを Director Shockwave のバージョンのファイルに変換します。これを行うには、Director ドキュメントまたは Adobe Web サイトを参照してください。ダウンロードしてインストール Director Shockwave コントロール、Shockwave ActiveX コントロールとも呼ばれるAdobe Macromedia Shockwave のダウンロード ページ

      注: Director Shockwave コントロールは、プレゼンテーション内の Director ファイルを再生するには、コンピューターに登録する必要があります。[開発] タブの [コントロール] グループで、Director Shockwave コントロールを登録するかどうかを確認するには、コントロールの選択 ボタンの画像 をクリックします。コントロールの一覧で、Director Shockwave コントロールが表示された場合、お使いのコンピューターで登録されます。登録されていない場合は、Shockwave プレーヤーを登録する Adobe Web サイトから、Shockwave Player の最新版をダウンロードをお使いのコンピューターに制御します。

      次の操作を行います。

    • PowerPoint では、標準表示モードで Director ビデオを再生するスライドを表示します。

    • [ファイル] タブの [オプション] をクリックします。

    • [PowerPoint のオプション] ダイアログ ボックスで、[リボンのユーザー設定] をクリックします。

    • [リボンのユーザー設定]、[メイン タブ] ボックスの一覧で開発追加]をクリック] をクリックしてしました.

    • [開発] タブの [コントロール] グループで、[その他のコントロール ボタンの画像 ] をクリックします。

    • 、コントロールの一覧でShockwave ActiveX コントロールをクリックし、 [OK] をクリックして、、にドラッグして、スライド上のコントロールを描画します。

      ヒント: サイズ変更ハンドルをドラッグして、コントロールのサイズを変更します。

    • Shockwave ActiveX オブジェクトを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

    • [アルファベット順] タブで、 SRCのプロパティ] をクリックします。

    • 値の列 ( SRCの横にある空白のセル)、いずれか、完全なドライブ パス、ファイル名 (たとえば、C:\MyFile.dcr) など、再生する Director ファイルへの URL を入力します。

      ヒント: プレゼンテーションと同じフォルダーに .dcr ファイルを保存しておく場合は、完全なパスではなく、ファイル名を入力できます。

      注: ここで説明するサード パーティ製品は、Microsoft と関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×