プレゼンテーションでビデオの [再生] オプションを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

自分のビデオを再生する、プレゼンテーション中にし、多くの再生オプションを設定する方法を指定できます。ビデオを全画面表示を再生して、ビデオをループが自動的にまたはクリックして時に、ビデオを再生するオプションが含まれます。

(ビデオの再生オプションを設定できますが、前にする必要があります最初のプレゼンテーションにビデオへのリンクを挿入またはYouTube 上のビデオへのリンクを挿入または)。

重要: アニメーションや開始のタイミングをビデオに追加する前に、このオプションを設定します。このオプションを変更して、ビデオに関連するアニメーションを削除します。

  1. 標準表示モードで、スライドのビデオ フレームをクリックします。

  2. [ビデオ ツール] の [再生] に移動します。次に、[開始] リストから、次のいずれかを選びます。

    • スライド ショー表示モードで、ビデオを含むスライドが表示されたときにビデオを再生するには、[自動] を選びます。

    • マウス クリックでビデオを再生するには、[クリック時] を選びます。これで、スライド ショー表示モードでは、ビデオ フレームをクリックするだけで、すぐにビデオを再生できます。

      PowerPoint の [ビデオのオプション]

プレゼンテーションをするときに、スライド画面いっぱいに表示させた状態でビデオを再生できます。元のビデオ ファイルの解像度にもよりますが、拡大すると歪んで見える場合もあります。必ずプレビューしてから、ビデオをプレゼンテーションに組み込んでください。ビデオが歪んだり、ぼやけて見える場合は、フル スクリーン オプションを元に戻すことができます。

  1. 標準表示モードで、フル スクリーンで再生するスライドのビデオ フレームをクリックします。

  2. [ビデオ ツール] の [再生] に移動し、[全画面​​再生] チェック ボックスをオンにします。

    注: ビデオをフル スクリーンで再生し、また、自動的に再生するように設定した場合は、ビデオがフル スクリーンになる前にスライドに表示されたり、短時間点滅することを防ぐために、ビデオ フレームをスライド外の灰色の領域にドラッグできます。

  1. スライドのビデオ フレームをクリックします。

  2. リボンの [再生] タブの [再生] をクリックします。

[ビデオ ツール] の [再生] に移動し、[音量] をクリックします。次のいずれかのオプションを選びます。

  • ミュート

    ヒント: メディア コントロール バーの音量スライダーを使って音量を調整することもできます。

プレゼンテーションを行いながら、それを再生する準備ができたら、自分のビデオを表示できます。ただし、自動を作成する必要がありますか、再生を開始するアニメーションをトリガーするまたはスライド ショー中にビデオの再生が表示されません。詳細については、自動またはトリガー付きアニメーションを作成するには、アニメーション効果を開始を参照してください。

  • [ビデオ ツール] の [再生] タブの [ビデオ オプション] グループで、[再生中のみ表示] チェック ボックスをオンにします。

    PowerPoint の [ビデオ ツール] の [再生中のみ表示] チェック ボックス

プレゼンテーション中にビデオを繰り返し連続して再生するには、繰り返し機能を使用します。

  • [ビデオ ツール] の [再生] タブの [ビデオのオプション] で、[停止するまで繰り返す] チェック ボックスをオンにします。

    PowerPoint の [ビデオ ツール] の [停止するまで繰り返す] オプション

注: ビデオだけでなく、PowerPoint プレゼンテーション全体を連続再生する場合は、「自動プレゼンテーションを作成する」を参照してください。

プレゼンテーション中にビデオを再生した後に巻き戻すには、次の操作を行います。

  • [ビデオ ツール] の [再生] タブの [ビデオのオプション] で、[再生が終了したら巻き戻す] チェック ボックスをオンにします。

メディア コントロール

プレゼンテーション中にメディア コントロール (再生、一時停止、早送り、戻す、音量) を表示したり、隠したりするには、次の操作を行います。

  • [スライド ショー] タブの [セットアップ] グループで、[メディア コントロール​​の表示] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

    PowerPoint の [メディア コントロールの表示] オプション

2016

重要: アニメーションや開始のタイミングをビデオに追加する前に、このオプションを設定します。このオプションを変更して、ビデオに関連するアニメーションを削除します。

  1. 標準表示モードで、スライドのビデオ フレームをクリックします。

  2. リボンの [再生] タブに移動します。次に、[開始] リストから、次のいずれかを選びます。

    • スライド ショー表示モードで、ビデオを含むスライドが表示されたときにビデオを再生するには、[自動] を選びます。

    • マウス クリックでビデオを再生するには、[クリック時] を選びます。これで、スライド ショー表示モードでは、ビデオ フレームをクリックするだけで、すぐにビデオを再生できます。

      PowerPoint ビデオ再生の開始コマンドのオプション

プレゼンテーションをするときに、スライド画面いっぱいに表示させた状態でビデオを再生できます。元のビデオ ファイルの解像度にもよりますが、拡大すると歪んで見える場合もあります。必ずプレビューしてから、ビデオをプレゼンテーションに組み込んでください。ビデオが歪んだり、ぼやけて見える場合は、フル スクリーン オプションを元に戻すことができます。

  1. 標準表示モードで、フル スクリーンで再生するスライドのビデオ フレームをクリックします。

  2. リボンの [再生] タブに移動し、[全画面​​再生] チェック ボックスをオンにします。

    注: ビデオをフル スクリーンで再生し、また、自動的に再生するように設定した場合は、ビデオがフル スクリーンになる前にスライドに表示されたり、短時間点滅することを防ぐために、ビデオ フレームをスライド外の灰色の領域にドラッグできます。

  1. スライドのビデオ フレームをクリックします。

  2. リボンの [再生] タブの [再生] をクリックします。

リボンの [再生] タブに移動し、[音量] をクリックします。次のいずれかのオプションを選びます。

  • ミュート

    ヒント: メディア コントロール バーの音量スライダーを使って音量を調整することもできます。

プレゼンテーション時に、再生の準備ができるまでビデオを隠すことができます。ただし、その場合、ビデオを自動的に開始するように設定する必要があります。そうしないと、スライド ショー中にビデオが再生されません (リボンの [再生] タブの [開始]、[自動] を使用するか、ビデオの自動再生に関するページで詳細をご確認ください)。

  • リボンの [再生] タブにある [ビデオ オプション] グループで、[スライド ショーを実行中にオブジェクトを隠す] チェック ボックスをオンにします。

    PowerPoint ビデオの再生の "スライド ショーを実行中にオブジェクトを隠す" コマンド。

プレゼンテーション中にビデオを繰り返し連続して再生するには、繰り返し機能を使用します。

  • リボンの [再生] タブで、[停止するまで繰り返す] チェック ボックスをオンにします。

    PowerPoint ビデオの再生の "停止するまで繰り返す" コマンド。

注: ビデオだけでなく、PowerPoint プレゼンテーション全体を連続再生する場合は、「無人ループでプレゼンテーションを実行する」を参照してください。

プレゼンテーション中にビデオを再生した後に自動で巻き戻すには、次の操作を行います。

  • リボンの [再生] タブで、[再生が終了したら巻き戻す] チェック ボックスをオンにします。

PowerPoint のビデオ再生のメディア コントロール バー

プレゼンテーション中にメディア コントロール (再生、一時停止、キャプション、音量) を表示したり、隠したりするには、次の操作を行います。

  • リボンの [スライド ショー] タブで、[メディア コントロール​​の表示] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

    PowerPoint のスライド ショー タブの [メディア コントロールの表示] オプション

2011

注: ムービーにアニメーションを追加する前に、このオプションを設定します。このオプションを変更すると、ビデオに関連付けられているすべてのアニメーションを削除します。

  1. スライドで、変更するムービーをクリックし、[ムービーの書式設定] タブをクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    目的

    操作

    ビデオを再生するムービーを含むスライドが低速のスライドに表示されます。

    [ムービー オプション] で[スタート] ポップアップ メニューで自動] をクリックします。

    [ムービーの書式設定] タブ、[ムービー オプション] グループ

    マウスをクリックしてビデオを開始するときに、コントロール

    [ムービー オプション] で[スタート] ポップアップ メニューでをクリックして] をクリックします。

    スライド ショー中にビデオを再生する準備ができたら、スライド上のビデオをクリックします。

    [ムービーの書式設定] タブ、[ムービー オプション] グループ

ムービーを再生するには、プレゼンテーションを行うときは、すべてのスライド (スクリーン表示) をいっぱいにできるようにします。元のビデオ ファイルの解像度、によって表示される変形、ぼかし、またはあいまい拡大したときにします。常に歪みまたはぼやけて見えたり、ビデオを表示する場合は、[全画面表示] オプションを取り消すことができますが、[プレゼンテーションに追加する前に、ムービーをプレビューします。

注: 設定する場合は、ビデオを全画面表示に自動的に開始に設定したも、スライドに表示されるまたはビデオを全画面表示に移行する前に一瞬されないように、灰色の領域にスライドのビデオ フレームをドラッグすることができます。

  1. スライドで、変更するムービーをクリックし、[ムービーの書式設定] タブをクリックします。

  2. [ムービー オプション] で再生オプション] メニューで、[全画面再生]をクリックします。

    [ムービーの書式設定] タブ、[ムービー オプション] グループ

プレゼンテーションを行いながら、それを再生する準備ができたら、ムービーを表示できます。ただし、再生を開始するアニメーション効果を追加する必要があるまたはスライド ショー中に再生するムービーが表示されることはありません。詳細については、テキストおよびオブジェクトにアニメーションを参照してください。

  1. スライドで、変更するムービーをクリックし、[ムービーの書式設定] タブをクリックします。

  2. [ムービー オプション] で [再生オプション] メニューで、非表示にする再生中] をクリックします。

    [ムービーの書式設定] タブ、[ムービー オプション] グループ

再生できるムービーを繰り返し連続して、プレゼンテーション中にビデオの繰り返しをします。

  1. スライドで、変更するムービーをクリックし、[ムービーの書式設定] タブをクリックします。

  2. [ムービー オプション] で [再生オプション] メニューで、停止するまで繰り返す] をクリックします。

    [ムービーの書式設定] タブ、[ムービー オプション] グループ

    ヒント: ループのビデオを停止するには、スライド ショー中には、[ビデオ] をクリックしてまたは [一時停止] ボタン をクリックします。

  1. スライドで、変更するムービーをクリックし、[ムービーの書式設定] タブをクリックします。

  2. [ムービー オプション] で [再生オプション] メニューで、再生が終了したら巻き戻す] をクリックします。

    [ムービーの書式設定] タブ、[ムービー オプション] グループ

スライド ショー中に表示されるようにしたくない場合は、メディア コントロールを非表示にすることができます。メディア コントロールは、ツールバーの [ビデオ] の下にあります。これらのコントロールを使用して再生またはビデオを一時停止するには、ムービーは、どのくらい時間が表示したりの再生中に、その進捗早送りまたはバックアップするには、音量を調整します。

  • スライド ショー ] タブの [設定] の下で、[メディア コントロールを表示する] チェック ボックスをオフにします。

    [スライド ショー] タブの [設定] グループ

関連項目

PowerPoint for Mac のプレゼンテーションにビデオを追加します。

ムービーのサイズまたは外観を変更する

メディアをドキュメントに挿入します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×