スキップしてメイン コンテンツへ

プレゼンテーションから埋め込みメディアを抽出する (オーディオまたはビデオ)

他の場所で再利用したいオーディオまたはビデオのクリップが PowerPoint ファイルにある場合は、クリップを別のメディアファイル (mp4 または m4a が) として保存することができます。

この機能は、macOS で これはサブスクライバーのみの機能です。Office 365 サブスクライバーのみが利用できます。 バージョン16.24 以降で利用できます。 以前のバージョンの PowerPoint for macOSでは、メディアファイルを抽出する機能は使用できません。

  1. オーディオアイコンまたはビデオを右クリック (または Control + クリック) して、[メディアに名前を付けて保存] をクリックします。

    画像を含むスライド、ショートカット メニューの [図として保存] コマンドが選択されている

    ヒント: メディア ファイルを保存する十分な空き容量がディスクにあることを確認します。そうでない場合、空き領域を増やしてからやり直してください。

  2. [メディアに名前を付けて保存] ダイアログボックスで、フォルダーを選択し、メディアファイルの名前を入力します。

    メニューに [メディアとして保存] オプションが表示されない場合は、この機能をサポートしていない古いバージョンのPowerPoint を使用しています。 

  3. [保存] を選択します。

この機能を使用するために PowerPoint 2013 の更新プログラムをインストールする

PowerPoint 2013を使用している場合は、メディアファイルを保存するために必要な更新プログラムがインストールされていることを確認してください。

以下のことを確認してください。

適切な更新プログラムをインストールすると、メディア ファイルを保存できます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×