プレゼンテーションからテンプレートを作成する

概要

プレゼンテーションからテンプレートを作成する 必要に応じて他のユーザーとともに更新、変更ができるプレゼンテーションを、テンプレート、マスターとして使用する方法をご紹介します。プレゼンテーションにいつも使う書式設定とテキストを保存して、新しいコンテンツを追加する場所には、作成者へのガイドラインとしてプレースホルダー テキストを表示できます。図プレースホルダーのフレーム スタイルなどの書式設定を含めることで、他の作成者の作業時間を短縮しながら、一貫性を保つこともできます。プレゼンテーションをテンプレートとして保存すると、いろいろな作業が楽になります。

メモ SkyDrive は OneDrive に、SkyDrive Pro は OneDrive for Business になりました。この変更について詳しくは、「SkyDrive から OneDrive へ」をご覧ください。

このコースの内容:

プレゼンテーションからテンプレートを作成する (3:15)
PowerPoint ファイルを PowerPoint テンプレート (.potx) として保存し、再利用できるテンプレートを作成します。

デザインとレイアウトをカスタマイズする (5:12)
プレゼンテーションを作成しテンプレートとして保存するときは、まっさらなファイルから始めて、デザインを整えます。

スライド コンテンツを作成し、テンプレートを保存する (5:00)
テンプレートとなるスライドを作成します。[ファイル]、[名前を付けて保存] の順にクリックし、ファイルの種類として PowerPoint テンプレート (.potx) を選びます。

コースのまとめ
このコースの重要なポイントを簡単におさらいします。

Microsoft Office トレーニングには他にもコースが用意されています。

ご意見・ご感想

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×