プレゼンス状態の変更

自分が連絡を受けられる状態にあるかどうか、また、受ける場合にどんな連絡方法が望ましいかを示すため、プレゼンス状態を手動で設定できます。既定では、状態は Microsoft Outlook の予定表に基づきます。たとえば、Outlook で会議が予約されている時間帯であれば、Microsoft Lync Online 通信ソフトウェアに [会議中] の状態が示されます。

音声通話中またはビデオ通話中であれば、プレゼンス表示は赤の [取り込み中] になり、状態が [通話中] に更新されます。プレゼンスに個人メモを組み込むこともできます。個人メモは、連絡先リスト、連絡先カード、および連絡先の[アクティビティ フィード] に表示されます。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

プレゼンス状態を変更する

適切な状態を選択する

個人メモを追加および表示する

プレゼンス状態を変更する

プレゼンス状態を変更するには、次の操作を行います。

  1. Lync メイン ウィンドウの上部で、自分の名前の下にある [状態] メニューをクリックします。

Lync のプレゼンス状態

  1. ドロップダウン リストで、適切な状態をクリックします。設定した状態を元に戻し、Lync Online の自動更新機能で状態を設定するには、[状態のリセット] をクリックします。

ページの先頭へ

適切な状態を選択する

状態を適切に設定していることを確認します。

プレゼンス状態

説明

Lync プレゼンス: 連絡可能 連絡可能

オンラインで連絡可能です。

Lync プレゼンス: 取り込み中 取り込み中

取り込み中、電話中、会議中のいずれかであり、連絡を受けられない状態です。

Lync プレゼンス: 応答不可 応答不可

連絡を受けたくない状態ですが、自分の [ワークグループ] の連絡先から送られてくる会話通知だけは確認します。

注: 状態を [応答不可] に設定していて緊急電話をかけると、状態が自動的に [連絡可能] に変更されます。この状態は、いつでもリセットできます。

Lync プレゼンス: 退席中 一時退席中

一時退席していますが、すぐに戻ってくる状態です。

Lync プレゼンス: 退席中 業務時間外

業務時間外なので、連絡を受けられない状態です。

Lync プレゼンス: 退席中 退席中表示

他の人には、現在退席しているように見せたい場合に使用します (この状態を選択すると、他の人には退席中として表示されます)。

Lync プレゼンス: オフライン オフライン

サインインしていません (また、自分のプレゼンスが表示されないよう設定したユーザーには、プレゼンスがオフラインとして表示されます)。

Lync プレゼンス: 不明 不明

プレゼンスが不明な状態です (他の人がインスタント メッセージング アプリケーションとして Lync を使用していない場合、その人たちにはプレゼンスが不明として表示されます)。

連絡先に対してどの程度のプレゼンス情報が表示されるかは、連絡先のプライバシー関係によって決まります。プライバシー関係の設定については、「プレゼンス情報へのアクセスの制御」を参照してください。

ページの先頭へ

個人メモを追加および表示する

Lync メイン ウィンドウの上部で、任意のメモを入力したり貼り付けたりすると、そのメモが連絡先カードに表示されます。さらに、連絡先の [アクティビティ フィード] に表示されるように設定することもできます。Microsoft Outlook で不在通知を設定した場合は、その通知が個人メモとして連絡先に表示されます。

メモが長いと、切り捨てられた形で表示されることがあります。メモを拡張するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 連絡先リストで、[呼び出し] の下にある下矢印をクリックします。

  • 連絡先カードでメモをポイントします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×