スキップしてメイン コンテンツへ

プライバシーと、FindTime での個人データの保護

Findtimeは、 Microsoft Azureのデータを暗号化することにより、プライバシーを確保するためにセキュリティの追加レイヤーを追加します。 これにより、個人データと機微な招待の詳細が保護されます。

FindTime store にはどのような情報がありますか?

FindTime は、開催者、招待者、会議に関する暗号化された個人情報を保存します。

  • 手帳

    • 暗号化された名前、メールアドレス、タイムゾーン、および招待状の作成に使用する既定の設定 ( Skype 情報を含む)。

    • 作成、完了、キャンセルされたすべての招待について、暗号化された情報。 これには、招待者、件名と本文の招待、すべての参加者によって送信された投票が含まれます。

    • 削除された招待に関するすべての情報は、作成および削除されたときと削除された方法 (開催者の削除の有効期限など) を除き、消去されます。

      注: [開催者の設定] で [すべて削除] を選択すると、findtime アカウントとすべてのデータを削除できます。

  • 招待者

    • 開催者が指定した暗号化された名前とメールアドレス。

データはどのくらいの期間保存されますか?

FindTime は90日間にデータを保存し、すべてのデータを削除します。

  • 完了した投票: 会議の90日後。

  • キャンセルされた投票: キャンセル後の90日

  • [投票:90 日後] を開きます。

情報はどのように保存されますか?

すべての個人情報が暗号化され、北アメリカに基づくサーバー上の Azureに保存されます。

他のユーザーに対してどのような情報が表示されますか?

開催者と招待者についての情報は、招待状の返信ページの URL を知っているユーザーに対してのみ表示されます。 利用可能な情報は、ページに表示される内容 (表示名、メール、送信した投票、会議の参加者、会議の件名など) に制限されています。

開催者ダッシュボードには誰がアクセスできますか?

開催者のみが、開催者ダッシュボードで情報を確認できます。 開催者は、一般法人向け Office 365 アカウントにサインインすることによって認証されます。

投票ページを表示できるユーザーを教えてください。

メール招待状を受信した人は誰でも、投票ページにアクセスして表示することができます。 通常は、投票ページで手動で追加した開催者、メール招待状、招待者のみが含まれます。

FindTime は、投票ページへのリンクを作成する招待者が誰であるかを制御することはできません。 リンクを知っている人が、投票ページで招待者を偽装することができます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×