ブロック図を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

このトピックでは、ブロック図視点で図面をブロックするテンプレートを使用する方法を説明します。

ブロック図では、ブロック図形と立体ブロック図形を使用して、ブレーンストーミング、立案、およびコミュニケーションを行うことができます。

ブロック図

ブロック図 (透視図) では、3-D 図形を使用して情報をインパクトのある方法で伝えます。

ブロック図 (透視図) を示す図

ブロック図を作成する

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. テンプレート、またはカテゴリの [新規作成] をクリックして、[全般] をクリックし、[ブロック図をダブルクリックします。

  3. [ブロック] ステンシルおよび [ブロック図 (立体)] ステンシルから、図形を図面ページにドラッグします。

  4. 図形にテキストを追加するには、図形を選択し、テキストを入力します。

ブロック図形を組み合わせて 1 つの図形にする

  1. [ブロック図] から、[1-D 矢印]、[2-D 矢印]、または [開/閉バー] 図形を図面ページにドラッグします。または、[ブロック図 (立体)] から [右矢印]、[上矢印]、[左矢印]、[下矢印]、[水平バー]、[垂直バー]、または [L 字型] 図形を図面ページにドラッグします。

  2. 図形を右クリックして、図形の端や尾部を開くためのコマンドをクリックします。

  3. 図形の開口端が別の図形の平らな側に対するように配置します。

ヒント: 開いた図形を配置し、線を非表示にするには、開いた図形を手前に移動します。選択されている図形の順序を変更するには、[ホーム] タブの [順序] で [前面へ移動] または [背面へ移動] をクリックします。

ブロックの図 (透視図)テンプレートを使用して、開いている図面ページには、 消点が含まれています。発生したブロックの図形を図面ページにドラッグすると、その透視線が消点を指すように図形で印刷します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. テンプレート、またはカテゴリの [新規作成] をクリックして[全般]、[ブロックの図 (透視図)] をダブルクリックします。

  3. [ブロック図 (透視図)] ステンシルから、図形を図面ページにドラッグします。

  4. 図形にテキストを追加するには、図形を選択し、テキストを入力します。

  5. 図形の視点を変更するには、するには、オンまたはオフ図面ページの新しい場所に図面ページに消点 (副社長) をドラッグします。

    注: 消点を移動すると、その消点に関連付けられたすべての図形がその方向を向きます。

ヒント: 作業中に奥行の表示と非表示を切り替えることができます。[ホーム] タブの [編集] で [レイヤー] をクリックし、[レイヤー プロパティ] をクリックします。[3-D 奥行] 行の [表示] チェック マークのオン/オフを切り替えて、[OK] をクリックします。

透視図の図形は、異なる消点の方向に合わせることができます。

  1. [ブロック図 (透視図)] から、新しい [消点] 図形を図にドラッグします。

  2. 方向を変更する図形を選択します。

  3. 元の消点の中心から新しいの中央に赤いコントロール ハンドル 消点のコントロール ハンドルの画像 をドラッグします。

    新しい消点のコントロール ハンドル コントロール ハンドルの画像 - 黄色い菱形 が赤に変わったら、図形と消点間の接続が接着されています。

注: 新しい消点を透視図に追加しても、ページ上の図形および後から追加した図形は元の消点の方向に向いています。これらの図形を別の消点の方向に合わせるには、上記の手順を実行します。

  1. 変更する図形を右クリックし、[奥行の設定] をクリックします。

  2. [奥行] ボックスの一覧で、任意のパーセンテージをクリックします。パーセンテージを高くすると、表示される奥行が長くなります。

    ヒント: 影を図形の色と異なる色にするには、図形を右クリックし、[影の手動設定] をクリックします。[ホーム] タブの [図形] で [] をクリックし、影の色を選択します。

  1. 削除する消点を右クリックし、[削除を許可する] をクリックします。

  2. 消点] を選択し、DELETE キーを押します。

  1. [ホーム] タブの [編集] で [レイヤー] をクリックし、[レイヤー プロパティ] をクリックします。

  2. [消点] の行の [表示] のチェック マークをクリックしてクリアし、[OK] をクリックします。

注: 消点は、非表示に指定していなくても印刷した図面には表示されません。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×