ブロックダイアグラムを作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

このトピックでは、ブロックダイアグラムブロックダイアグラムをパースペクティブテンプレートと共に使用する方法について説明します。

ブロック図は、ブロックと発生したブロック図形を使用して、ブレインストーミング、計画、コミュニケーションを支援します。

ブロック図

透視図では、3-d 図形を使用して、情報を劇的に伝達します。

ブロック図 (透視図) を示す図

ブロックダイアグラムを作成する

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [新規]、[テンプレート]、[カテゴリ] の順にクリックし、[全般] をクリックして、[ブロック図] をダブルクリックします。

  3. [ブロック] と [発生したブロック] ステンシルから、図形を図面ページ上にドラッグします。

  4. 図形にテキストを追加するには、図形を選択してから入力します。

ブロック図形を互いにフローさせる

  1. [ブロック] から、 1 次元シングル、2-dシングル、または開いている/閉じるバーの図形を図面ページにドラッグします。または、発生したブロックから、右方向キー、上方向キー左方向キー、方向矢印、横棒縦方向バー、またはエルボ図形を図面ページにドラッグします。

  2. 図形を右クリックし、[開く] をクリックします。

  3. 図形の開いた端を別の図形の平坦な側に配置します。

ヒント: 開いた図形を配置し、線を非表示にするには、開いた図形を前面に移動します。選択した図形の順序を変更するには、[ホーム] タブの [配置] グループで、[前面へ移動] または [戻る] をクリックします。

パースペクティブテンプレートを使用してブロックダイアグラムで開く図面ページには、 消点が含まれています。[発生したブロック] 図形をこの図面ページにドラッグすると、図形は、透視線が消失点を指し示すように方向を向きます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [新規作成]、[テンプレート]、[カテゴリ] の順にクリックし、[全般] をクリックして、[パースペクティブを含むブロックダイアグラム] をダブルクリックします。

  3. [透視図付きブロック] ステンシルから、図形を図面ページにドラッグします。

  4. 図形に文字列を追加するには、テキストを選択してから入力します。

  5. 図形の視点を変更するには、図面ページ上の消失点 (副社長) を、図面ページのオンとオフのいずれかの場所にドラッグします。

    注: 消失点を移動すると、その点に関連付けられているすべての図形の向きが変化します。

ヒント: 作業中に奥行きを非表示または表示するように選択できます。[ホーム] タブの [編集] グループで [レイヤー] をクリックし、[レイヤープロパティ] をクリックします。[ 3d 深度] 行の [表示] で、チェックマークをオフにするか、または表示して、[ OK] をクリックします。

透視図内の図形を別の消失点に方向指定することができます。

  1. パースペクティブのあるブロックから、新しい消失点図形を図面上にドラッグします。

  2. 向きを変更する図形を選びます。

  3. 赤いコントロールハンドルの 消点のコントロール ハンドルの画像 を、元の消失点の中央から新しいものの中央にドラッグします。

    新しい消失点のコントロールハンドル コントロール ハンドルの画像 - 黄色いひし形 が赤色になると、図形と消失点の間の接続が接着されます。

注: パースペクティブダイアグラムに新しい消失点を追加すると、後で追加したページや図形上の図形は、元の消失点に対して引き続き方向を向くようになります。次の手順を使用して、任意の図形を消失点に方向を変えることができます。

  1. 変更する図形を右クリックし、[奥行きの設定] をクリックします。

  2. [奥行き] ボックスの一覧で、パーセンテージをクリックします。パーセンテージを大きくすると、図形がより深く表示されます。

    ヒント: 影の色を図形の色と異なるようにするには、図形を右クリックし、[影の手動] をクリックします。[ホーム] タブの [図形] グループで [] をクリックし、影の色を選択します。

  1. 削除する消失点を右クリックし、[削除を許可する] をクリックします。

  2. 消失点を選択し、del キーを押します。

  1. [ホーム] タブの [編集] グループで [レイヤー] をクリックし、[レイヤー プロパティ] をクリックします。

  2. [消失点] 行で、[表示] の下にあるチェックマークをクリックしてオフにし、[ OK] をクリックします。

注: 消失点を非表示にしていない場合でも、印刷した図面には表示されません。

関連項目

タマネギ図を作成する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×